トライバルセンプー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
トライバルセンプー
品種 アングロアラブ
性別
毛色 鹿毛
生誕 1977年5月27日
死没 不明
トライバルチーフ
インターシユウホウ
母の父 インターナシヨナル
生国 日本の旗 日本北海道日高町
馬主 大野雅子
調教師 村田六郎(川崎
競走成績
生涯成績 14戦8勝
獲得賞金 4965万5000円
テンプレートを表示

トライバルセンプーは、日本アングロアラブ競走馬

来歴[編集]

競走成績も立派だが、それ以上に種牡馬として著名馬を多数輩出したことで知られる。馬主の大野雅子は、歌手の北島三郎夫人である。主戦騎手はのちの「7000勝ジョッキー」・佐々木竹見。なお、競走生活は1980年のみであるため、以下、年は省略する。

1月9日川崎競馬場におけるデビュー戦、さらに第2戦と連勝したものの、3戦目の春蘭特別(大井競馬場、以下大井)で、宿敵のリツシヨウマロツトに敗戦。その後、4月25日に行われた南関東アラブ4歳(数え年)三冠初戦の千鳥賞(大井)でも2着だったものの、リツシヨウに2馬身半差をつけられ完敗した。その後、5月27日園田競馬場で行われた第19回楠賞全日本アラブ優駿に出走。宿敵・リツシヨウ不在のメンバー構成だったが、スタートからハナを切ってそのまま2300メートルを逃げ切った。ちなみにこの日、北島三郎も馬主の「代理人」として園田に来場していた[1]

しかし、続く6月30日に行われたアラブダービー(大井)では三度リツシヨウに敗れ、リツシヨウに二冠を許したばかりか、自身は10着と大敗した。だが、10月3日に行われたアラブ王冠賞(大井)では逃げ切って、リツシヨウに初めて勝利し、また三冠を阻止した。その後、11月15日に行われた準重賞の勝島賞(大井)を勝ち、12月12日全日本アラブ大賞典(大井)へと挑んだが、2周目の3角付近で逃げ脚が鈍って後退し、結局12着と大敗した。そして、このレースをもって現役を引退した。

引退後は種牡馬となり、1995年から1997年までアングロアラブのリーディングサイアーとなったが、2004年12月15日付で転売不明となっている。

主な産駒[編集]

シルバーブリット、アサリユウセンプー、ムサシボウホマレ、グリンダイオー、コウザンハヤヒデなど産駒の活躍馬にはライジングフレームインブリードを持っている馬が多い。

脚注[編集]

参考文献[編集]