トライベッカ映画祭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

トライベッカ映画祭(トライベッカえいがさい、Tribeca Film Festival)は、毎年春にニューヨークマンハッタントライベッカで開催される映画祭。

歴史[編集]

2001年9月11日に発生したアメリカ同時多発テロ事件以降、ニューヨークの復興を願って2002年にジェーン・ローゼンタールロバート・デ・ニーロ、クレイグ・ハトコフによって始まった。

映画祭は毎年300万人が来場し、経済効果は6億ドルと推定されている[1]


受賞[編集]

ワールド・ナラティブ・コンペティション[編集]

ベスト・ナラティブ賞(最優秀作品賞)[編集]

ベスト・ナラティブ新人監督賞(最優秀新人監督賞)[編集]

  • 2017 - レイチェル・イスラエル (キープ・ザ・チェンジ)
  • 2015 - ザカリー・トレイツ (Men Go to Battle)
  • 2014 – ジョセフ・ラディーカ (Manos Sucias)
  • 2013 – エマヌエル・ホス=デマレ (Whitewash)
  • 2012 – ルーシー・マロイ(Una Noche)
  • 2011 – パク・ジョンボム (ムサン日記 白い犬)
  • 2010 – キム・シャピロン (Dog Pound)
  • 2009 – ルネ・デンスタッド・ラングロ (North)
  • 2008 – フセイン・カラベイ (My Marlon and Brando)
  • 2007 – エンリケ・ベグネ (Two Embraces)
  • 2006 – マーワン・ハメド (The Yacoubian Buildin)
  • 2005 – アリシア・シャーソン (Play')'
  • 2004 – リウ・フェントウ (Green Hat)
  • 2003 – ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ (ラクダと針の穴)
  • 2002 – エリック・イアーソン (Manito)

脚注[編集]