トラビス・バーゲン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
トラビス・バーゲン
Travis Bergen
トロント・ブルージェイズ (マイナー)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ジョージア州ヘンリー郡マクダナー英語版
生年月日 (1993-10-08) 1993年10月8日(25歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
205 lb =約93 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2015年 MLBドラフト7巡目
初出場 2019年3月29日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

トラビス・マイケル・バーゲンTravis Micheal Bergen, 1993年10月8日 - )は、アメリカ合衆国ジョージア州ヘンリー郡マクダナー英語版出身のプロ野球選手投手)。左投左打。MLBトロント・ブルージェイズ傘下所属。

経歴[編集]

プロ入りとブルージェイズ傘下時代[編集]

2015年MLBドラフト7巡目(全体212位)でトロント・ブルージェイズから指名され[1]、プロ入り。契約後、傘下のA-級バンクーバー・カナディアンズでプロデビュー。2試合に登板して2勝0敗、防御率0.00、11奪三振を記録した。

2016年はルーキー級ガルフ・コーストリーグ・ブルージェイズとA-級バンクーバーでプレーし、2球団合計で5試合に登板して防御率0.00、7奪三振を記録した。

2017年もルーキー級ガルフ・コーストリーグ・ブルージェイズとA-級バンクーバーでプレーし、2球団合計で9試合(先発7試合)に登板して1勝1敗、防御率2.95、22奪三振を記録した。

2018年はA+級ダニーデン・ブルージェイズとAA級ニューハンプシャー・フィッシャーキャッツでプレーし、2球団合計で43試合に登板して4勝2敗8セーブ、防御率0.95、74奪三振を記録した。

ジャイアンツ時代[編集]

2018年12月13日にルール・ファイブ・ドラフトサンフランシスコ・ジャイアンツから指名され、移籍した[2]

2019年3月29日のサンディエゴ・パドレス戦でメジャーデビュー[3]。8月18日にDFAとなった[4]

ブルージェイズ傘下復帰[編集]

2019年8月21日、ウェイバー公示を経て獲得する球団が無かったため、ルール・ファイブ・ドラフトの規約でブルージェイズに戻ることになった[5]

詳細情報[編集]

背番号[編集]

  • 60(2019年)

脚注[編集]

  1. ^ Maria Torres (2015年6月9日). “Kennesaw State pitcher Travis Bergen becomes third Union Grove baseball player drafted since 2003” (英語). Henry Herald.com. 2018年12月18日閲覧。
  2. ^ 2018 Rule 5 Draft results: Pick-by-pick” (英語). MLB.com (2018年12月13日). 2018年12月18日閲覧。
  3. ^ San Francisco Giants at San Diego Padres Box Score, March 29, 2019” (英語). Baseball-Reference.com. 2019年4月8日閲覧。
  4. ^ Maria Guardado (2019年8月18日). “Giants DFA Bergen, call up Avelino” (英語). MLB.com. 2019年8月19日閲覧。
  5. ^ MLB公式プロフィール参照。2019年8月22日閲覧。

関連項目[編集]