トラビス・パジェット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
トラビス・パジェット Portal:陸上競技
選手情報
ラテン文字 Travis Padgett
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
競技 陸上競技 (短距離走)
種目 60m, 100m, 200m
大学 アメリカ合衆国の旗 クレムゾン大学
生年月日 (1986-12-13) 1986年12月13日(30歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 ノースカロライナ州シェルビー
身長 173cm
体重 82kg
プロ転向 2008年
成績
オリンピック 4x100mR 予選途中棄権 (2008年)
世界選手権 4x100mR 予選1組1着 (2011年)
自己ベスト
60m 6秒55 (2010年)
100m 9秒89 (2008年)
9秒85w (2008年)
200m 20秒32 (2008年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

トラビス・パジェットTravis Padgett1986年12月13日 ‐ )は、アメリカ合衆国シェルビー出身で短距離走が専門の陸上競技選手。100mの自己ベストは元全米学生記録の9秒89。2008年北京オリンピック男子4×100mリレーのアメリカ代表

経歴[編集]

大学時代[編集]

クレムゾン大学に進学。

2006年[編集]

1年生ながらACC選手権男子100mを制し、ACCの屋外最優秀新人賞(ACC Outdoor Freshman of the Year)を受賞。NCAA東部地区選手権男子100mでは10秒00(+1.0)のACCおよび東部地区の学生新記録(当時)を樹立しての優勝を成し遂げた。NCAA選手権(全米学生選手権)男子100mでは4位に入り、表彰台にあと一歩と迫った[1]

2007年[編集]

NCAA室内選手権(全米学生室内選手権)男子60mを6秒56の自己ベスト(当時)で制し、クレムゾン大学の歴史の中で13人目となる全米学生チャンピオンに輝いた。ACC選手権男子100mは2連覇を達成し、NCAA選手権は男子100mで3位(男子4×100mリレーは7位)に入る活躍を見せた[1]

2008年[編集]

5月10日のOrange & Purple Classic男子100mにおいて、10秒の壁を初めて破る9秒96(+1.2)をマーク[2]。同月のACC選手権男子100mは史上初となる3連覇を達成し、NCAA東部地区選手権男子100mでは2年ぶりにチャンピオンに輝いた[3]。6月のNCAA選手権男子100mはリチャード・トンプソンに0秒04及ばず、惜しくも優勝を逃した[4]

6月の全米オリンピックトライアル男子100m2次予選において、アト・ボルドンが持つ全米学生記録(9秒90)を12年ぶりに更新する9秒89(+1.6)をマーク[5]。決勝ではタイソン・ゲイ(9秒68)、ウォルター・ディックス(9秒80)、ダービス・パットン(9秒84)に次ぐ9秒85(+4.1)の4位に終わり、北京オリンピック男子100mアメリカ代表の座を0秒01差で逃すも[6]、男子4×100mリレーのアメリカ代表には選出された[7]。迎えた8月の大会では予選で2走(1走ロドニー・マーティン、3走ダービス・パットン、4走タイソン・ゲイ)を務めたが、アメリカは3走と4走の間でバトンが渡らず途中棄権に終わった[8][9]

大学最終シーズンを残してアディダスと契約し、プロに転向した。大学での3年間でNCAAオールアメリカン (All-Americaには6回選出された[10]

プロ転向以降[編集]

2009年[編集]

6月の全米選手権男子100m予選を9秒93(+4.3)、準決勝を9秒96(+3.2)で通過し、2大会連続で決勝に進出した。迎えた決勝ではマイク・ロジャース(9秒91)、ダービス・パットン(9秒92)、モンザバス・エドワーズ(10秒00)に次ぐ10秒02(+3.1)の4位に終わり、ベルリン世界選手権男子100mのアメリカ代表の座を0秒02差で逃した[11]。男子4×100mリレーのアメリカ代表には選出されたものの[12]、大会で出番は回ってこなかった。

2010年[編集]

6月の全米選手権男子100mで3大会連続の決勝に進出するも、フライングを犯し失格に終わった[13]

2011年[編集]

6月の全米選手権男子100mで4大会連続の決勝に進出するも、決勝は棄権した[14]。しかし、大邱世界選手権男子4×100mリレーのアメリカ代表に選出されると、9月の大会では予選で4走(1走トレル・キモンズ、2走ジャスティン・ガトリン、3走モーリス・ミッチェル英語版)を務め、今季世界最高記録の37秒79で決勝進出に貢献した[15]。パジェットは予選だけの出場に終わり、決勝のアメリカは3走と4走の間でバトンが渡らず途中棄権に終わった[16][17]

自己ベスト[編集]

記録欄の( )内の数字は風速m/s)で、+は追い風を意味する。

種目 記録 年月日 場所 備考
屋外
100m 9秒89 (+1.6) 2008年6月28日 アメリカ合衆国の旗 ユージーン 元全米学生記録
9秒85w (+4.1) 2008年6月29日 アメリカ合衆国の旗 ユージーン 追い風参考記録
200m 20秒32 (+1.6) 2008年5月31日 アメリカ合衆国の旗 タラハシー
室内
60m 6秒55 2010年2月6日 アメリカ合衆国の旗 ボストン

主要大会成績[編集]

備考欄の記録は当時のもの

大会 場所 種目 結果 記録 備考
2008 オリンピック 中華人民共和国の旗 北京 4x100mR 予選 DNF (2走)
2011 世界選手権 大韓民国の旗 大邱 4x100mR 予選 37秒79 (4走) 今季世界最高記録
決勝進出[注 1]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 決勝は未出場。決勝のアメリカは途中棄権。

出典[編集]

  1. ^ a b Travis Padgett Biography”. クレムゾン大学 (2017年9月29日). 2017年9月29日閲覧。
  2. ^ Campbell-Brown takes solid dash double in Orlando, Padgett dashes 9.96 in Clemson”. 国際陸上競技連盟 (2008年5月11日). 2017年9月29日閲覧。
  3. ^ 2008 Clemson Men’s Outdoor Track & Field クレムゾン大学 (PDF, 311 KB) 2017年09月29日閲覧
  4. ^ LSU sweeps 100s at NCAA championships”. The Denver Post (2008年6月13日). 2017年9月29日閲覧。
  5. ^ Gay makes up for his mistake with record”. The Denver Post (2008年6月28日). 2017年9月29日閲覧。
  6. ^ 2008年全米オリンピックトライアルリザルト”. 全米陸上競技連盟 (2017年9月29日). 2017年9月29日閲覧。
  7. ^ 2008 Olympic Games / Team USA Roster”. 全米陸上競技連盟 (2008年). 2017年9月29日閲覧。
  8. ^ 五輪=陸上男子400mリレー、米国バトンミスで予選敗退・日本決勝へ”. ロイター(日本語サイト) (2008年8月22日). 2017年9月29日閲覧。
  9. ^ 2008年オリンピック男子4×100mリレー予選リザルト”. 国際陸上競技連盟 (2017年9月29日). 2017年9月29日閲覧。
  10. ^ Travis Padgett Turns Professional in Track & Field”. クレムゾン大学 (2008年8月26日). 2017年9月29日閲覧。
  11. ^ 2009年全米選手権リザルト”. 全米陸上競技連盟 (2017年9月29日). 2017年9月29日閲覧。
  12. ^ Team USA ready to compete at World Championships in Berlin”. 全米陸上競技連盟 (2009年8月4日). 2017年9月29日閲覧。
  13. ^ 2010年全米選手権リザルト”. 全米陸上競技連盟 (2017年9月29日). 2017年9月29日閲覧。
  14. ^ 2011年全米選手権リザルト”. 全米陸上競技連盟 (2017年9月29日). 2017年9月29日閲覧。
  15. ^ Team USA in Daegu to include 8 defending champs, 19 medalists”. 全米陸上競技連盟 (2011年8月10日). 2017年9月29日閲覧。
  16. ^ ボルトだ!世界新だ!400R/世界陸上”. 日刊スポーツ (2011年9月4日). 2017年9月29日閲覧。
  17. ^ 2011年世界選手権男子4×100mリレー予選リザルト”. 国際陸上競技連盟 (2017年9月29日). 2017年9月29日閲覧。