トランジット系外惑星探索衛星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
トランジット系外惑星探索衛星
Transiting Exoplanet Survey Satellite
Transiting Exoplanet Survey Satellite artist concept (transparent background).png
TESSイメージ図
所属 アメリカ航空宇宙局
任務 宇宙観測
打上げ日時 2018年4月18日 22時51分 (UTC)[1]
打上げ機 ファルコン9 FT[1]
任務期間 2年 + 2年(延長)[2]
公式サイト tess.gsfc.nasa.gov
軌道要素
軌道長半径 150,000km
離心率 0.55
遠点高度 232,000km
近点高度 67,000km
軌道周期 13.7日

トランジット系外惑星探索衛星[3]英語: Transiting Exoplanet Survey Satellite, TESS)は、トランジット法を用いて太陽系外惑星を探索するために設計された、アメリカ航空宇宙局エクスプローラー計画で計画される宇宙望遠鏡である。マサチューセッツ工科大学Googleの基金を受けて設計し[4]2011年2月に42者から提出された提案から、同年9月に絞られた11提案の中に残った[5]2013年4月5日、TESSとNeutron star Interior Composition ExploreR (NICER) が2017年の打上げに選ばれたことが発表された[6][7]。打ち上げは2018年4月18日に行われた[1]

ミッションの概要[編集]

ケープカナベラル空軍基地から打ち上げられる、TESSを搭載したファルコン9ロケット

打上げ後、TESSは、近くて明るい恒星の周りにある太陽系外惑星を探索して2年間の掃天観測を行う[6]。TESSは、合計67メガピクセル4つの広角望遠鏡とCCDイメージセンサ検出器を備える。フィールド毎に最大1万個に上るターゲットの恒星のデータは、分析のために2週間毎に地球に送信される。2時間の露出時間を取ったフルフレームの画像も同様に地上に送信され、ガンマ線バーストのような予期せぬ過渡現象の探索に用いられる。

2020年7月4日に、主要ミッションが終了した[2]。その後、2022年9月までミッションを延長する。再び南側の観測を1年行い、その後1年3か月で再び北側の観測を行う。

軌道[編集]

TESSの軌道のアニメーション

北天と南天の両方の画像を得るために、TESSは、これまで使われたことがなかったP/2と呼ばれる月共鳴軌道を利用する。この非常に軌道離心率の大きい軌道は、によって安定化され、非常に安定度が高い。TESSの損傷を低減するために、軌道の大部分はヴァン・アレン帯の外側である。13.7日毎に軌道の近地点に来る度に、TESSは約3時間に渡り、それまで蓄えたデータを地球に向けてダウンリンクする[8]

目的[編集]

サーベイは、視等級が12より明るいG型主系列星及びK型主系列星を対象とする[9]。1,000個の近い赤色矮星を含む約50万個の恒星が探索の対象となる。TESSは、地球程度よりも大きく、公転周期が2ヵ月以内の、1000個から1万個の太陽系外惑星候補を発見することが期待されている。これらの候補は、後に自動惑星検出望遠鏡高精度視線速度系外惑星探査装置ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡等によってさらに調査が行われる。マサチューセッツ工科大学 の開発チームは、最初の有人恒星間航行は、TESSによって発見された惑星になるだろうという楽観的な見解を示している[10]

成果 [編集]

主な成果 [編集]

2018年 [編集]

運用開始前に撮影されたテスト画像。画像はケンタウルス座を中心に撮影されている。右上隅にコールサック星雲の端が見え、左下の明るい恒星はケンタウルス座ベータ星である。

TESSは2018年7月25日に観測を開始した[11]。ミッションから最初に公表された発見は、彗星C/2018 N1の観測であった[11]。最初の太陽系外惑星の検出の公表は、9月18日に行われ、公転周期が6日のテーブルさん座パイ星系でのスーパー・アースの発見を公表した。なお、この惑星系には公転周期が5.9年の既知の木星型惑星もある[12]

2018年9月20日赤色矮星LHS 3844(TOI-136)の周囲を公転している地球よりわずかに大きい超短周期惑星の発見が公表された。公転周期が11時間のLHS 3844 b英語版(TOI-136 b)は、既知の惑星の中で公転周期が非常に短い惑星の1つである。軌道長半径は932,000キロメートル (579,000 mi)。LHS 3844 bは、地球から14.9pc離れており、地球から近い太陽系外惑星の1つでもある[13]

TESSが3番目に発見した太陽系外惑星はHD 202772A bである。この惑星は、地球からやぎ座の方向に約480光年の距離に存在している、実視連星HD 202772の明るい方の恒星の周囲を公転しているホット・ジュピターである。2018年10月5日に公表された。HD 202772A bの公転周期は3.3日の膨らんだホット・ジュピターであり、進化した恒星の周囲に存在するのホット・ジュピターの稀な例である。また、平衡温度が2,100 K (1,830 °C; 3,320 °F)であり、既知の惑星の中で恒星から強く照射されている惑星の1つである[14]

2019年 [編集]

2019年4月15日、地球サイズの惑星の最初の発見が公表された。HD 21749 cは、地球の直径の約89%の大きさを持ち、約8日でK型主系列星HD 21749の周囲を公転している岩石質の惑星である。惑星の表面温度は427℃と推定されている。HD 21749 cは、TESSによる10番目に確認された惑星である[15]

太陽系外惑星LHS 3844 bの想像図

太陽系外惑星の候補に関するデータは、引き続きMASTで公開されている[16]。2019年4月20日の時点で、候補の総数は最大335であった。以前に発見された太陽系外惑星として識別された候補に加え、このリストには、上記の5つを含む10の新しく発見された太陽系外惑星も含まれている。一部の候補は半径がR < 4Rの50個の惑星の発見を支援することを目的としたTESS Follow-Up Program(TFOP)によるフォローアップ観測のため観測が行われている[17]。候補となる太陽系外惑星は、同ページで更に追加されているため、増え続けている。

2019年7月18日、南側の観測が終了し、現在はカメラを北側に向けている。この時点で、21の惑星が確認され、850を超える太陽系外惑星の候補が存在している[18]

TOI-700系
TOI-700の多惑星系
太陽系外惑星TOI-700 dの想像図

2019年7月23日、年齢が〜4500万年の恒星が集まっているきょしちょう座・とけい座アソシエーションの中に位置する恒星きょしちょう座DS星(TOI-200)に惑星きょしちょう座DS星Ab(TOI-200A b)が存在することが論文にて公表された。TESSによって2018年11月にこの惑星が最初に観測され、2019年3月に確認された。この惑星は若く、大きさは海王星よりは大きいが、土星よりは小さい。この惑星系は、ドップラー分光法と透過光分光法を用いた観測に十分な明るさを持つ[19][20]ESACHEOPSは、この惑星のトランジットを観測している。惑星の性質を特徴付けるCHEOPS Guest Observers(GO)ProgrammeのAnnouncement of Opportunity(AO-1)で承認された[21]

2019年7月31日には、地球から31光年の距離にあるM型矮星グリーゼ357の周囲の太陽系外惑星の発見が公表された[22]。TESSは、平衡温度が約250℃の地球型惑星であるグリーゼ357bのトランジットを観測した。過去のデータと地上からの観測・分析は、グリーゼ357cとグリーゼ357dの発見につながった。bとcは主星に近すぎてハビタブルゾーンに入っていないが、dはハビタブルゾーンの外縁にあり、大気があればハビタブル惑星の可能性がある。質量は少なくとも6.1 Mのスーパー・アースに分類されている。

2019年9月の時点で、1000を超えるTESS Objects of Interest(TOI)がデータベースに公表されており[23]、そのうち確認済みの惑星は少なくとも29個である。そのうち約20個がミッションの目標内の地球サイズである(<4地球半径)[24]

2019年9月26日、TESSがASASSN-19btと呼ばれる最初の潮汐破壊現象(TDE)を観測したことが公表された。TESSの観測データは、ASASSN-19btが2019年1月21日、ASAS-SNによる発見の約8.3日前に明るくなり始めたことを明らかにした[25][26]

2020年 [編集]

2020年1月6日NASAは、TESSによって発見されたハビタブルゾーンで最初の地球サイズの太陽系外惑星であるTOI-700 dの発見を公表した。約100光年離れたかじき座の恒星TOI-700の周囲を公転している太陽系外惑星である[27]。TOI-700系には他にも別の地球サイズの惑星であるTOI-700 bミニ・ネプチューン[28]であるTOI-700 cの2つの惑星が発見されている。この惑星系は、比較的大きめの惑星が2つの小さな惑星の間に存在するという点で独特であり、これらの惑星がどのような順序で形成されたのか、比較的大きな惑星が現在の軌道に移動したのか、この惑星の配置がどのようになったのかは不明である[29]。同日、NASAは、天文学者がTESSの観測データを使用して、りゅう座アルファ星食変光星であることが示されたと公表した[30]。同日、TESSによって発見された最初の周連星惑星であるTOI-1338 bの発見が公表された。TOI-1338 bは、地球の約6.9倍という海王星と土星の中間のサイズを持つ。恒星TOI-1338がか座の方向に約1,300光年離れた位置にある連星系である。この連星系は食変光星を構成している。これは、恒星同士が互いに円を描いて公転しているとき発生する。一方の恒星は太陽よりも約10%大きい。もう一方は温度が低く、また暗い恒星で、質量は太陽の3分の1である。TOI-1338 bの公転周期は93日-95日と不規則に変化している。主星である連星の運動の影響でトランジットの減光の度合いや期間が異なる。TESSは、大きな恒星の前を横切るトランジットのみを確認し、小さな恒星のトランジットは微弱すぎて検出することが不可能である。惑星は不規則に公転しているが、その軌道は少なくとも今後1000万年間は安定する。しかし、軌道の角度が変化するためトランジットは2023年11月以降観測できなくなる。しかし、8年後に再び観測可能になるとみられる[31]

2020年3月10日銀河系の構造の1つの厚い円盤英語版の中にある惑星(Thick-disk planet)としてLHS 1815 b(TOI-704 b)の発見が公表された[32]

2020年3月23日、Hot Neptunian Desertに存在している惑星TOI-849 bの発見が公表された[33]。この惑星は大きさは海王星より小さい程度の惑星だが、質量は異常に高い。そのため、TOI-849 bはかつて木星型惑星であり、現在は中心のコアの部分が残った惑星(クトニア惑星)である可能性が提示されている。

その他2020年には、白色矮星であるWD 1856+534の周囲を公転している惑星WD 1856+534 bの発見が公表された[34]。公転周期は1.4日の巨大な太陽系外惑星である。主星が赤色巨星になった段階で近い距離の惑星は主星に飲み込まれるが、この惑星は主星から遠い位置から近い位置へ移動した可能性がある[35]。しかし、主星に近づきすぎれば潮汐力の影響で惑星は破壊されるため、WD 1856+534 bが破壊を逃れてこのような状態になったのかは不明である[36]

2020年11月29日現在、TESSによって発見された太陽系外惑星候補の一覧には2426個がリストされており、TOI-2423.01まで存在する[37]

各年の発見数の推移 [編集]

発見した惑星の一覧 [編集]

恒星
TIC
赤経
赤緯
視等級
距離
(pc)
分類
惑星
質量
(MJ)
半径
(RJ)
公転周期
()
軌道長半径
(AU)
離心率
傾射角
()
発見
出典
TOI-118 266980320  23h 18m 14s −56° 54′ 14″  22  94.4  G7  b 0.0522 0.4202 6.03607 0.06356 0 86.38 2018 [38]
TOI-120 394137592  00h 17m 47s −66° 21′ 32″ 7.9 79.31 G5III b 0.419 1.023 11.53604 0.1097 0.265 88.92 2018
TOI-122 231702397   22h 11m 47s −58° 56′ 42″ 15.5  62.23    b 0.0277  0.2427  5.07803 0.392    88.4  2020
TOI-123A 290131778  21h 18m 48s −26° 36′ 59″ 8.32 147.2   b 1.008  1.562  3.30896  0.0519  0.047  84.2  2018
TOI-125 52368076  01h 34m 22.4s −66° 40′ 35″ 10.9  111.4 K0V b 0.0299 0.2432 4.65382 0.05186 0.194 88.92 2019
c 0.02086 0.24614 9.15059 0.0814 0.066 88.54 2019
d 0.043 0.261 19.9800 0.1370 0.168 88.795 2020
TOI-127A 234523599  01h 02m 12s −61° 45′ 22″ 15.3  140.68  M3  b 0.45  1.08  3.7955213  0.03946    88.85  2018
TOI-129A 201248411  00h 00m 45s −54° 49′ 51″ 11.1 61.89 K4V b 3.213 2.03 0.9809734 0.01782 0 77.18 2020
TOI-132 89020549  22h 33m 36s −43° 26′ 12″ 11.3 164.47 G8V b 0.07183 0.306 2.1097008 0.026 0.087 84.63 2019
TOI-134 234994474  23h 20m 08s −60° 03′ 55″ 11.0 25.15 M1V b 0.015 0.124 1.4015 0.02091 0.21 85.5 2020 [39]
TOI-135 267263253  00h 29m 19s −76° 18′ 15″ 9.59 197.98 F4  b 1.18 1.44 4.12692 0.0568 0 89.4 2018
TOI-136 410153553  22h 41m 59s −69° 10′ 20″ 15.2 14.9 M7  b 0.008  0.1178 0.46292792 0.00623   88.22 2018
TOI-141 403224672  22h 35m 56s −59° 51′ 53″ 8.0 57.97 G b 0.02778 0.15568 1.008035 0.02012 0 80.09 2019
c 0.0628  0.2304  4.78503  0.056798    2019
TOI-144 261136679  05h 37m 09.9s −80° 28′ 09″ 5.67 18.37 G0V c 0.01422 0.1838 6.26834 0.06702 87.31 2018
TOI-150 271893367  07h 31m 51.8s −73° 36′ 22″ 11.4 336.0 b 2.51  1.255  5.857487  0.0643  0.262  88.09  2019
TOI-157 140691463  04h 54m 48s −76° 40′ 50″ 12.7 362.1 G9IV b 1.180 1.286 2.0845435 0.0318 0 82.01 2020
TOI-163 179317684  05h 19m 04s −71° 53′ 44″ 11.5 416.7 F b 1.22 1.489 4.231306 0.058 0 87.24 2019
TOI-169 183120439  01h 07m 07s −75° 11′ 56″ 12.4 412.5 G1V b 0.791 1.086 2.2554477 0.03524 0 80.98 2020
TOI-172 29857954  21h 06m 32s −26° 41′ 34″ 11.4 336.47 G5 b 5.41 0.965 9.47721 0.0913 0.3805 88.3 2019
TOI-174 425997655  03h 41m 50s −62° 46′ 01″ 9.7  39.1  K3.5V b 0.05638 0.16701 17.667 0.121 0   2018
c 0.05405 0.19172 29.625 0.17 0 2018
TOI-175 307210830  08h 10m 08s −68° 18′ 47″ 11.7 10.623   b 0.001 0.0642 2.2532 0.0227 0.09   2018
c 0.0077 0.1151 3.6904 0.0315 0.09   2018
d 0.0096 0.1222 7.4513 0.05 0.18   2018
TOI-186 279741379  03h 26m 59s −63° 29′ 57″ 8.3 16.33 K4.5V b 0.0714 0.2329 35.61253 0.1932 0.188 89.33 2018
c 0.01164 0.07958 7.78993 0.0695 88.9 2018
TOI-193 183985250  23h 54m 40s −37° 37′ 41″ 22  80.6  G8  b 0.09225  0.4211  0.792052 0.01679  76.39  2019
TOI-197 441462736  23h 32m 08.1s −21° 48′ 05″ 8.15 95.075 K0IV/V b 0.1904 0.836 14.2767 0.1228 0.115 85.75 2019
TOI-200A 410214986  23h 39m 40s −69° 11′ 45″ 9.0 44.12 G6V  b 0.088  0.5085  8.138268  0.0795    89.5  2019 [40]
TOI-216 55652896  04h 55m 55.3s −63° 15′ 36″ 12.4 178.89 b 0.082 0.767 17.085 0.1293 0.105 88 2019
c 0.595 0.91 34.5558 0.2068 0.085 89.89 2019
TOI-237 305048087   23h 32m 58s −29° 24′ 54″ 16.4  38.11    b 0.009  0.1285  5.436098 0.0341    89.5  2020
TOI-251 224225541  23h 32m 15s −37° 15′ 21″ 9.9 99.52 b 0.2444 4.93777 0.5741 0 87.52 2020
TOI-257 200723869  03h 10m 04s −50° 49′ 57″ 77.07 F8/G0V b 0.134 0.626 18.38827 0.1523 0.24 88.78 2020
TOI-263 120916706  02h 28m 26s −25° 05′ 50″ 279.0 M3.5V b 0.83 0.556814 0.01 86.96 2019
TOI-270 259377017  04h 33m 40s −51° 57′ 22″ 12.6 22.453 M3.0V b 0.006 0.11125 3.36008 0.0306 0 88.65 2019
c 0.0208 0.2159 5.660172 0.0472 0 89.53 2019
d 0.017 0.19 11.38014 0.0733 0 89.69 2019
TOI-294 188570092  22h 36m 06s −17° 00′ 00″ 12.7 127.66   b 0.1254 0.7224 7.3279474 0.066517 0.013 88.56 2020 [41]
TOI-396 178155732  02h 51m 56s  −30° 48′ 52″  6.4  32.0  F8  b 0.0164  0.18601 3.58599 0.048 0.3 85.5 2019 [42]
c 0.0154 0.17299 5.97293 0.074 0.19 86.23 2019 [42]
d 0.017 0.19306 11.23 0.1027 0.28 87.43 2019 [42]
TOI-402 120896927  02h 27m 28.4s −27° 38′ 07″ 9.1 44.86 b 0.0227 0.1516 4.75642 0.05245 88.36 2019
c 0.02766 0.225 17.1784 0.1235 88.413 2019
TOI-421 94986319  05h 27m 25s −14° 16′ 37″ 22 M9 b 0.051 0.461  16.06815  0.1182   88.3  2020
c 0.022 0.243  5.19676  0.0557   85.6  2020
TOI-442 70899085  04h 16m 46s −12° 05′ 06″ 10 52.7 M0V b 0.0969 0.419 4.052037 0.0417 0.04 87.3 2020
TOI-455A 98796344  03h 01m 51s −16° 35′ 36″ 22  6.9 M b 0.0264 0.1204 5.35882 0.03807 0.16 89.47 2019
TOI-481 339672028  07h 22m 03s −57° 23′ 06″       b 1.53  0.99  10.33111 0.097  0.153  89.2  2020
TOI-488 452866790  08h 02m 23s +03° 20′ 20″ 13.0 27.39  M4V  b 0.00585  0.11277  1.1980035 0.01589  87.95  2020
c >0.0214    15.509  0.0876    2020
TOI-540 200322593  05h 05m 14s −47° 56′ 16″ 14.0078    b   0.08056  1.2391491 0.01223  86.8  2020
TOI-561 377064495  19h 37m 26s +38° 56′ 51″ 9.5  86.01    b 0.01023  0.1294  0.4466  0.0107  0   2020
c 0.0201  0.259  10.778853 0.0888    2020
TOI-562 413248763  09h 36m 01.6s −21° 39′ 39″   9.444 M2.5 V b 0.006566 0.10411 3.93086 0.033 0.047 88.496 2019
c 0.0116 0.1261 9.1246 0.0607 0.072 2019
d 0.0227 0.1497 55.698 0.204 0.033 2019
TOI-564 1003831  08h 41m 11s −16° 02′ 11″ 11.2 200.7 G5 b 1.463 1.02 1.651144 0.02734 0.072 78.38 2019
TOI-576 408310006  09h 39m 30s −20° 58′ 57″ 9.36 113.0 F9  b 0.102  0.63  5.443526  0.0642  87.8  2018
TOI-624 399870368  04h 58m 12s +09° 59′ 53″ 9.5 329.0 A4 b 6.78 1.87 2.74432452 0.04739 0 96.5 2019
TOI-625 379929661  08h 42m 01s +03° 42′ 38″ 9.8 343.9 A7 b 3.58 1.676 4.7869491 0.06555 0 87.19 2019
TOI-677 280206394  16h 32m 18s −22° 21′ 30″ 9.7 143.0 F8  b 1.236  1.179  11.2366  0.1038  0.435  87.63  2019
TOI-700 150428135  06h 28m 23s −65° 34′ 46″ 13.0 31.127 M2V b 0.004 0.090 9.97701 0.0637 0.032 89.67 2020
c 0.025 0.235 16.051998 0.0925 0.033 88.90 2020
d 0.007 0.106 37.426 0.163 0.032 89.73 2020
TOI-704 260004324  06h 04m 20s −55° 18′ 47″ 12.2 29.87 M3  b 0.013 0.097 3.81433 0.0404 0 88.125 2020
TOI-717 275248683  09h 51m 57s +02° 07′ 01″ 11.4 M5 b 0.5079 2020
TOI-732 36724087  10h 18m 35s −11° 43′ 04″ 13.0 21.981 M4V b 0.001 0.119 0.7683881 0.012 0.064 85.9 2020
c 0.027 0.205 12.252048 0.077 0.115 89.08 2020
TOI-736 181804752  11h 02m 46s −16° 24′ 22″ 16.9 26.493 M6V b 0.0046 0.0999 0.948005 0.00969 87.3 2019
c 0.0181  0.2061  4.989963  0.029392    89.55  2019
TOI-763 178819686  12h 57m 52s −39° 45′ 28″   95.39    b 0.0308 0.2034 5.6057 0.06 0.04 2020
c 0.02932 0.2346 12.2737 0.1 0.04 2020
TOI-776 306996324  11h 54m 18s −37° 33′ 10″ 11.5 27.19  M1V  b 0.01466  0.1633  8.24664 0.0652    89.65  2020
c 0.0192 0.1838 15.6653 0.1 89.51 2020
TOI-813 55525572  04h 50m 47s −60° 54′ 20″ 10.3 265.1535 G0IV b 0.2103 0.5986 83.8911 0.423 0.05 89.64 2019
TOI-824 193641523  14h 48m 40s −57° 35′ 20″ 11.1  63.71  K4V  b 0.058104  0.26104  1.392978 0.02177    83.65  2020
TOI-849 33595516  01h 54m 51.8s −29° 25′ 18″ 11.98 225.2 G b 0.128 0.308 0.76552398 0.01598 0 86.8 2020
TOI-892 66561343  05h 46m 57s −11° 14′ 07″       b 0.95  1.07  10.62656  0.092  0.125  82.9  2020
TOI-905 261867566  15h 10m 38s −71° 21′ 42″ 11.2 159.4 K0 b 0.667 1.171 3.739494 0.04666 0.024 85.68 2019
TOI-942 146520535   05h 06m 36s −20° 14′ 44″ 12     b 0.0503 0.37845 4.3263 0.0498 0.285 88.6 2020 [43]
c 0.1164  0.42761  10.1605  0.088  0.175  89.2  2020
TOI-954 44792534  04h 07m 46s −25° 12′ 32″ 10.3 235.7  b 0.174  0.852  3.6849729 0.04963  0.14  84.4  2020
TOI-1067 201642601  19h 14m 41s −59° 34′ 46″ 14.3 265.4 b 0.243 0.8 3.1316666 0.03769 0.162 89.58 2020 [44]
TOI-1073 158297421  19h 09m 56s −49° 39′ 54″ 14.8 301.7 K4  b 0.369 1.117 3.9228038 0.04269 0.088 87.08 2020 [41]
TOI-1078 370133522  20h 27m 42s −56° 27′ 25″ 12 20.38 M4 b 0.00658 0.10643 0.5182349 0.00916 85 2018
TOI-1130 254113311  19h 05m 30.2s −41° 26′ 15″ 11.4 58.26 K b 0.0277  0.326 4.066499 0.04394 0.220 87.98 2020
c 0.974 1.50 8.350381 0.047 0.047 87.43 2020
TOI-1148 349827430  10h 47m 38s +71° 39′ 21″ 8.4 96.79 F5 b 5.18 1.272 5.5514926 0.06971 0.085 89.16 2019
TOI-1165 458478250  15h 28m 35s +66° 21′ 32″ 10.4 125.42 b 0.938 1.323 2.255251 0.03302 85.37 2019
TOI-1233 260647166  12h 26m 17.8s −51° 21′ 47″ 9.2 64.6 b 0.141 3.79523 0.0469 0.2 87.88 2020 [45]
c 0.185 6.2037 0.651 0.18 88.72 2020 [45]
d 0.243 14.17555 0.1131 0.17 89.22 2020 [45]
e 0.279 19.5917 0.14 0.2 89.32 2020 [45]
TOI-1235 103633434  10h 08m 52s +69° 16′ 36″ 11.0 39.68 M0.5V  b 0.019 0.151 3.444717 0.03826   88.9 2020
TOI-1266 467179528  13h 11m 59s +65° 50′ 01″ 13.0 36.0 M2 b 0.05  0.21929 10.894879 0.0745  89.36  2020
c 6.4 1.673 18.80152 0.1037 0 89.225  2020
TOI-1337 160708862  15h 09m 05s −42° 42′ 18″ 9.95 417.0 A1IV-V b 1.41 1.94 3.3448285 0.0558 0 85.7 2019 [46]
TOI-1338 260128333  06h 08m 31.9s −59° 32′ 28″ 11.5 399.0 G4 b 0.599 95.141 0.4491 0.093 89.22 2020
TOI-1339 269701147  20h 08m 06s +66° 51′ 01″ 9.0 53.608 G8V b 0.0257 0.301 8.880411 0.089 88.66 2020 [47]
c 0.0246 0.287 28.58060 0.178 89.14 2020 [47]
d 0.0242 0.282 38.3561 0.216 89.49 2020 [47]
TOI-1456 199376584  20h 26m 57.9s +33° 44′ 40″ 8.56 8.56 F8 b 0.244 0.867 18.71204 0.1436 0.032 89.68 2020
TOI-1462 188768068  17h 25m 24s +52° 47′ 26″ 6.46 27.08  G0  b 0.0085  0.107  2.178        2019
c >0.0173  0.139707  3.432037        2019
d >0.0167  0.138458  5.198        2019
e >0.0182  0.141519  7.954        2019
f >0.0201  0.145128  12.03        2019
TOI-1493 15692883  01h 09m 54s +25° 40′ 54″ 10.3 376.0 b 0.8 1.64 5.147878 0.0653 0 2020 [48]
TOI-1494 411608801  01h 15m 59s +21° 37′ 01″ 10.6 280.0 b 4.22 1.11 5.026799 0.06 0.33 2020 [48]
TOI-1580 354469661  01h 53m 08s +52° 03′ 14″ 9.7 235.4 F8  b 0.574  1.631  4.7947813  0.06277  0.25    2020 [49]
TOI-1612 268403451  18h 28m 55s +85° 14′ 00″ 10.5 234.1 GOV b 0.709 1.373 2.8641424 0.04421 0.038 83.45 2019
TOI-1690 267574918  18h 57m 39s +53° 30′ 33″ 16.0 24.75  WD  b   0.928  1.4079405 0.0204  88.778  2020
TOI-1726 130181866  07h 49m 55s +27° 21′ 48″ 7.0 22.42 G5 b 0.0169 0.192 7.10793 0.719 0 89.38 2020
c 0.0207 0.238 20.5453 0.1458 0 89.147 2020
TOI-1728 285048486  08h 02m 27s +64° 47′ 49″ 12.4 60.8 K7  b 0.08426  0.4505  3.49151  0.0391  0.057  88.31  2020
TOI-1826 229400092  19h 29m 50s +62° 31′ 45″ 11.8 267.3 G5  b 1.54 1.123 4.1419771 0.05064 0.03 85.18 2020 [49]
TOI-1847 54002556  01h 34m 05s  −14° 25′ 09″  22  191.5  K1  b 0.37  0.823  35.455285 0.2  0.11  89.12  2020 [50]
TOI-1862 321668398  17h 37m 03s +53° 01′ 16″ 12 536 G0 b 8.46 1.07 5.644207 0.0694 0.3775 84.01 2020
TOI-1899 172370679  19h 57m 42s +40° 08′ 36″ 15.0 128.4 M0  b 0.66  1.37  29.02  0.1587  0.118  89.77  2020
TOI-1919 102192004  13h 03m 11s −41° 23′ 05″ 22 414.6969 F6V b 0.33 1.437 4.2337005 0.05503 0 83.78 2018
TOI-1924A 371443216  09h 50m 19.2s −66° 06′ 50″ 8.19 171.54 A3V b 3.1 1.53 2.82406 0.047 0 86.7 2019
TOI-2179 237913194  01h 29m 47s −60° 44′ 24″ 309.6    b 1.942  1.117  15.168865 0.1207  0.575  87  2020
TOI-2221 441420236  20h 45m 10s −31° 20′ 27″ 8.6 9.79 M1V b 0.18 0.375 8.46321 0.066 0.1 2020

発見した褐色矮星の一覧 [編集]

恒星
TIC
赤経
赤緯
視等級
距離
(pc)
分類
褐色矮星
質量
(MJ)
半径
(RJ)
公転周期
()
軌道長半径
(AU)
離心率
傾射角
()
発見
出典
TOI-503 186812530  08h 17m 17s +12° 36′ 05″ 9.4   b 53.6  1.29  3.6775    82.65  2019
TOI-569 123482865       b 64.1  0.75  6.55604        2020 [51]
TOI-626 65412605  07h 12m 29.6s −24° 57′ 13″ 9.63  442.7  b 21  1.642  4.401131  0.0681    85.37  2019
TOI-811 100757807  05h 52m 07s −32° 55′ 07″ 11.4   b 55.3  1.35  25.16551        2020
TOI-852 29918916  01h 38m 58s −07° 16′ 52″   b 53.7  0.75  4.94561        2020
TOI-1406 231736113  05h 28m 31s −48° 24′ 33″ 12.1      b 46 0.86  10.57415        2020 [51]

出典[編集]

  1. ^ a b c NASA's TESS Satellite Launches to Seek Out New Alien Worlds”. Space.com (2018年4月18日). 2018年4月20日閲覧。
  2. ^ a b NASA’s TESS Spacecraft Completes Its Primary Mission”. SCI NEWS (2020年8月11日). 2020年11月12日閲覧。
  3. ^ 【解説】宇宙生命探査、次はこうなる”. ナショナルジオグラフィック (2017年5月2日). 2018年4月17日閲覧。
  4. ^ Chandler, David (2008年3月19日). “MIT aims to search for Earth-like planets with Google's help”. MIT News. 2012年5月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年10月31日閲覧。
  5. ^ “NASA Selects Science Investigations For Concept Studies” (プレスリリース), NASA, (2011年9月29日), http://www.nasa.gov/home/hqnews/2011/sep/HQ_11-328_Science_Proposals.html 2013年4月7日閲覧。 
  6. ^ a b NASA Selects Explorer Investigations for Formulation”. NASA. 2013年4月6日閲覧。
  7. ^ NASA selects MIT-led TESS project for 2017 mission”. MITnews. 2013年4月6日閲覧。
  8. ^ New Explorer Mission Chooses the ‘Just-Right’ Orbit”. NASA (31/07/2013). 31/07/2013閲覧。
  9. ^ Seager, Sara (2011年). “Exoplanet Space Missions”. Sara Seager. Massachusetts Institute of Technology. 2013年4月7日閲覧。
  10. ^ Gilster, Paul (2008年3月26日). “TESS: All Sky Survey for Transiting Planets”. Centauri Dreams. Tau Zero Foundation. 2008年10月31日閲覧。
  11. ^ a b NASA’s Planet-Hunting TESS Catches a Comet Before Starting Science
  12. ^ Huang, Chelsea X. (2018). “TESS Discovery of a Transiting Super-Earth in the Π Mensae System”. The Astrophysical Journal 868 (2): L39. arXiv:1809.05967. Bibcode2018ApJ...868L..39H. doi:10.3847/2041-8213/aaef91. PMC: 6662726. PMID 31360431. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC6662726/. 
  13. ^ Vanderspek, Roland (September 19, 2018). “TESS Discovery of an ultra-short-period planet around the nearby M dwarf LHS 3844”. The Astrophysical Journal 871 (2): L24. arXiv:1809.07242. doi:10.3847/2041-8213/aafb7a. 
  14. ^ Wang, Songhu (October 5, 2018). “HD 202772A B: A Transiting Hot Jupiter Around A Bright, Mildly Evolved Star In A Visual Binary Discovered By Tess”. The Astronomical Journal 157 (2): 51. arXiv:1810.02341. doi:10.3847/1538-3881/aaf1b7. 
  15. ^ Garner, Rob (2019年4月15日). “NASA's TESS Discovers its First Earth-size Planet”. NASA. 2019年4月20日閲覧。
  16. ^ TESS-DATA-ALERTS: Data Products From TESS Data Alerts” (英語). archive.stsci.edu. 2019年4月20日閲覧。
  17. ^ Followup” (英語). TESS - Transiting Exoplanet Survey Satellite. 2019年4月20日閲覧。
  18. ^ https://www.nasa.gov/feature/goddard/2019/nasa-s-tess-mission-completes-first-year-of-survey-turns-to-northern-sky NASA's TESS Mission Completes First Year of Survey, Turns to Northern Sky
  19. ^ Albright, Charlotte (2019年8月14日). “Dartmouth Astronomer on Leading Discovery of a New Planet”. news.dartmouth.edu. 2019年11月16日閲覧。
  20. ^ Newton, Elisabeth R.; Mann, Andrew W.; Tofflemire, Benjamin M.; Pearce, Logan; Rizzuto, Aaron C.; Vanderburg, Andrew; Martinez, Raquel A.; Wang, Jason J. et al. (July 23, 2019). “TESS Hunt for Young and Maturing Exoplanets (THYME): A Planet in the 45 Myr Tucana–Horologium Association”. The Astrophysical Journal 880 (1): L17. arXiv:1906.10703. Bibcode2019ApJ...880L..17N. doi:10.3847/2041-8213/ab2988. ISSN 2041-8213. 
  21. ^ AO-1 Programmes - CHEOPS Guest Observers Programme - Cosmos”. www.cosmos.esa.int. 2019年11月16日閲覧。
  22. ^ Garner, Rob (2019年7月30日). “NASA's TESS Helps Find Intriguing New World”. NASA. 2019年7月31日閲覧。
  23. ^ https://exofop.ipac.caltech.edu/tess/view_toi.php
  24. ^ https://tess.mit.edu/publications/
  25. ^ Garner, Rob (2019年9月25日). “TESS Spots Its 1st Star-shredding Black Hole”. NASA. 2019年11月16日閲覧。
  26. ^ Holoien, Thomas W.-S.; Vallely, Patrick J.; Auchettl, Katie; Stanek, K. Z.; Kochanek, Christopher S.; French, K. Decker; Prieto, Jose L.; Shappee, Benjamin J. et al. (September 26, 2019). “Discovery and Early Evolution of ASASSN-19bt, the First TDE Detected by TESS”. The Astrophysical Journal 883 (2): 111. arXiv:1904.09293. Bibcode2019ApJ...883..111H. doi:10.3847/1538-4357/ab3c66. ISSN 1538-4357. 
  27. ^ Andreolo, Claire; Cofield, Calla; Kazmierczak, Jeanette (2020年1月6日). “NASA Planet Hunter Finds Earth-Size Habitable-Zone World”. NASA. https://www.jpl.nasa.gov/news/news.php?feature=7569 2020年1月6日閲覧。 
  28. ^ The First Habitable Zone Earth-sized Planet from TESS. I: Validation of the TOI-700 System”. arXiv (2020年1月3日). 2020年11月12日閲覧。
  29. ^ The TESS Mission's First Earth-Like Planet Found in an Interesting Trio” (英語). aasnova.org. 2020年2月28日閲覧。
  30. ^ Reddy, Francis (2020年1月6日). “TESS Shows Ancient North Star Undergoes Eclipses”. NASA. 2020年1月9日閲覧。
  31. ^ Reddy, Francis (2020年1月6日). “TESS Discovers Its 1st Planet Orbiting 2 Stars”. NASA. 2020年1月9日閲覧。
  32. ^ LHS 1815b: The First Thick-Disk Planet Detected By TESS”. arXiv (2020年3月10日). 2020年11月12日閲覧。
  33. ^ A remnant planetary core in the hot-Neptune desert”. arXiv (2020年3月23日). 2020年11月12日閲覧。
  34. ^ A Giant Planet Candidate Transiting a White Dwarf”. arXiv (2020年9月15日). 2020年11月12日閲覧。
  35. ^ 系外惑星:白色矮星を軌道運動する巨大惑星候補天体”. nature asia (2020年9月17日). 2020年11月12日閲覧。
  36. ^ 白色矮星の近くで生き残った惑星を初めて発見!”. アストロピクス (2020年9月17日). 2020年11月12日閲覧。
  37. ^ TESS Project Candidates”. NASA (2020年11月25日). 2020年11月28日閲覧。
  38. ^ HD 219666 b: a hot-Neptune from TESS Sector 1
  39. ^ A Hot Terrestrial Planet Orbiting The Bright M Dwarf L 168-9 Unveiled By TESS - Astrobiology”. astrobiology (2020年1月27日). 2020年6月15日閲覧。
  40. ^ TESS Hunt for Young and Maturing Exoplanets (THYME): A planet in the 45 Myr Tucana-Horologium association
  41. ^ a b HATS-47b, HATS-48Ab, HATS-49b and HATS-72b: Four Warm Giant Planets Transiting K Dwarfs
  42. ^ a b c Compact System of Three Super-Earths Found around Naked-Eye Star、SCINEWS.2020年6月15日閲覧。
  43. ^ The GAPS Programme at TNG XXVIII -- A pair of hot-Neptunes orbiting the young star TOI-942”. arXiv (2020年11月27日). 2020年11月30日閲覧。
  44. ^ TIC ID 201642601”. ExoFOP. 2020年10月9日閲覧。
  45. ^ a b c d TESS discovery of a super-Earth and three sub-Neptunes hosted by the bright, Sun-like star HD 108236
  46. ^ KELT-25b and KELT-26b: A Hot Jupiter and a Substellar Companion Transiting Young A-stars Observed by TESS
  47. ^ a b c HD 191939: Three Sub-Neptunes Transiting a Sun-like Star Only 54 pc Away
  48. ^ a b WASP-186 and WASP-187: two hot Jupiters discovered by SuperWASP and SOPHIE with additional observations by TESS”. OXFORD. 2020年9月23日閲覧。
  49. ^ a b HAT-P-58b -- HAT-P-64b: Seven Planets Transiting Bright Stars
  50. ^ NGTS-11 b / TOI-1847 b: A transiting warm Saturn recovered from a TESS single-transit event
  51. ^ a b Two intermediate-mass transiting brown dwarfs from the TESS mission”. arXiv (2020年2月5日). 2020年9月29日閲覧。