トランスクリティーク カントとマルクス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

トランスクリティーク カントとマルクス』とは柄谷行人の著作。『群像』誌上での1998年秋から1999年春まで続いた連載をほぼ全面的に改稿し、大幅加筆したもの。2001年協同組合出版社批評空間から刊行された。批評空間解散後は、岩波書店から再刊された。「NAM (政治運動)」の理論的基盤となった[1]

概要[編集]

資本主義への超越論的批判

前半の「カント」の部で「超越論的」とはどういうことかが示され、後半の「マルクス」の部で批判が行われる。

評価・反響[編集]

翻訳[編集]

Transcritique: On Kant and Marx (MIT Press)   Sabu Kohso英訳

関連書籍[編集]

  • 可能なるコミュニズム(太田出版)
  • 倫理21(平凡社

上記の両書とも、本書から派生した[3]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ 『NAM生成』(太田出版)10頁~11頁
  2. ^ 『「世界史の構造」を読む』(インスクリプト)184頁 「生産点闘争から消費者運動へ」の章
  3. ^ 「NAM生成」 11頁