トランス・ニューギニア語族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
トランス・ニューギニア語族
話される地域: ニューギニア, 小スンダ列島, モルッカ諸島
言語系統: パプア諸語
下位言語:
多数
ISO 639-5: ngf
Trans-New Guinea languages.svg

トランスニューギニア語族に含まれる言語(さまざまな説がある)

  Glottologで受け入れられているトランス・ニューギニア語族[1]
  Ross (2005)によるトランス・ニューギニア語族の説
  他のパプア諸語
  オーストロネシア語族
  非居住地

トランス・ニューギニア語族(Trans–New Guinea)は、パプア諸語の一つで、ニューギニアや周辺の島に分布する語族パプア諸語では最大の分布域をもち、世界で3番目に多くの言語が含まれる語族である。 ただし、この語族の核となる言語の分類についてはよく体系化されているが、どの言語までを本語族に含むかについては未確定である。

分類[編集]

  トランスニューギニア語族以外のパプア諸語
  オーストロネシア語族(パプア諸語ではない)

分類は流動的。Ross (2005) にもとづく。数字は言語数。

脚注[編集]

  1. ^ Glottolog: Nuclear Trans–New Guinea
  2. ^ 『世界の言語と国のハンドブック』下宮忠雄(大学書林)