トランプ台上の首

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
金田一耕助 > トランプ台上の首

トランプ台上の首』(トランプだいじょうのくび)は、横溝正史の中編推理小説、および表題作とする中編小説集。「金田一耕助シリーズ」の一つ。『オール讀物昭和32年1月号に掲載された後、昭和34年2月に中編化された[1]

あらすじ[編集]

舟で隅田川沿いに水上惣菜屋を営んでいる宇野宇之助が、アパート聚楽荘の1階に住むストリッパー、牧野アケミの生首を彼女の部屋で発見したのは11月24日のことであった。残されていたのは首だけで、胴体の行方は不明であった。前夜、アケミの部屋でトランプゲームをしに集まった、アケミの勤め先のストリップ劇場の支配人・郷田実や主任の幕内主任の伊東欣三、同僚のストリッパーの高安晴子も生首はアケミに間違いないと話す。等々力警部に伴われて現場に訪れた金田一耕助は、郷田と伊東の話から、アケミは劇場で関係を持たなかった男は1人もいないというほど男癖が悪かったこと、最近は裕福な稲川専蔵という車のブローカーパトロンについていたこと、それ以来他の男との関係がさっぱりなくなったことなどを知った。金田一は、3人が警察の事情聴取を受けている間、アケミの寝室を確認しているときにアケミの靴の踵にガラスの粉が刺さっていることに目を止める。

翌25日、アケミの胴体を運んだと思われる貸ボートが発見された。ボートの中には、ぐっしょりと血に染まったオーヴァが放りだされていた。このオーヴァは、ストリップ劇場の関係者や聚楽荘の住人たちによりアケミのものに間違いないことが確認された。また、アケミのパトロンの稲川は、アケミの死体が見つかった前々日に大阪へ発って以降、行方が分からなくなっていた。

そして11月30日、西銀座にある稲川商事の社長室で、支那鞄の中から稲川の死体が発見された。殺されたのは行方不明になった22日の晩らしく、アケミよりも先に殺されていたことになる。また、稲川の小切手帳と印鑑が紛失していることや、23日の朝、アケミと思われる若い女がその小切手で金を引き出していたことが分かった。さらに、事務員の証言で、稲川が行方不明になった翌朝、社長室に粉々に壊れたシェリー・グラスとコックが被る帽子が落ちていたことが分かった。金田一は捜査陣に、アケミの靴の踵にガラスの粉が刺さっていたことを指摘し、アケミが22日の晩に稲川の社長室を訪れていたことを示唆する。

一方、コックの帽子はアケミの生首を発見した惣菜屋・宇野のものであった。そして、捜査本部に連行された宇野は、アケミについて捜査陣に奇怪な陳述を行う。

主な登場人物[編集]

金田一耕助(きんだいち こうすけ)
私立探偵。
等々力大志(とどろき だいし)
警視庁警部
菅井(すがい)
アケミ殺しの所轄署の捜査主任で警部補
岡村(おかむら)
稲村殺しの所轄署の捜査主任で警部補。
牧野アケミ(まきの アケミ)
ミラノ座のストリッパー。25、6歳。本名はハル子。男癖が悪い。
宇野宇之助(うの うのすけ)
惣菜屋。舟で隅田川沿いの顧客に惣菜を販売している。
郷田実(ごうだ みのる)
ミラノ座の支配人。50歳前後。
伊東欣三(いとう きんぞう)
ミラノ座の幕内主任。35、6歳。
高安晴子(たかやす はるこ)
ミラノ座のストリッパー。20歳になるかならないかの年頃。
稲川専蔵(いながわ せんぞう)
稲村商事の社長。60歳。大陸帰り。西銀座で自動車のブローカーを営んでいる。
石河和子(いしかわ かずこ)
稲村商事の事務員。

収録書籍[編集]

映像化[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 長編化される前の短編作品。
  2. ^ a b c 中編化される前の短編作品。

出典[編集]

  1. ^ 宝島社『別冊宝島 僕たちの好きな金田一耕助』 金田一耕助登場全77作品 完全解説「46.トランプ台上の首」参照。