トランペイター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

トランペイターTrumpator1782年 - 1807年5月7日)は、18世紀末に活躍したイギリス競走馬種牡馬である。1803年イギリス首位種牡馬。半弟にピペイター (Pipator) 、ハラペイター (Harpator) がいる。

1782年に初代クラーモント伯爵によって生産、所有された。毛色は青毛で、成馬としては15.2ハンドの体高を持つ馬であった。父はマッチェム (Matchem) 産駒のコンダクター (Conductor) 、母はバイアリーターク (Byerley Turk) 傍系のスクワーラル (Squirrel) を父に持つブルネット (Brunette) という牝馬である。

競走馬としては1785年のクラーモントステークス、1786年のクラレットステークスなどに勝った記録が残っている。種牡馬としてとくに成功し、後継種牡馬となったソーサラー (Sorcerer) 、18勝を挙げたペネロピ (Penelope) 、ペイネイター (Paynator) らを送り出した。1803年には産駒が46勝、6,331ポンドを稼ぎ、イギリス首位種牡馬となった。

今日は何の日(9月21日

もっと見る