トリウィア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

トリウィアラテン語: Trivia)は、古代ローマにおけるヘカテー及びディアーナアルテミス)の形容語[1]ラテン語で「十字路の」を意味する[1]

ウェルギリウスによる『アエネーイス』の中ではディアーナを指す名前として登場している[2]。その神殿はしばしば三叉路にあったといわれる[2]

出典[編集]

  1. ^ a b マイケル・グラント、ジョン・ヘイゼル『ギリシア・ローマ神話事典』 大修館書店、1988年、376頁。
  2. ^ a b 杉本正俊 訳『アエネーイス』新評論、2013年。