トリコロールクライシス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

トリコロールクライシス』(TRICOLORE CRISE)は、2000年11月9日に発売されたドリームキャスト向けロールプレイングゲームである[1]ヒューネックスが開発を、ビクターインタラクティブソフトウェア(後のマーベラス)が販売を請け負った。

ゲーム内容[編集]

人類の生存を脅かすイブリースという敵を攻撃するための拠点として塔が建てられ、その塔を守る魔法使いを「塔の主」と呼んでいた[2]。その座が新たに3つ設けられたことをきっかけに主人公の女の子達が立ち上がる[2]。本作では3人の中から主人公を選択することが可能で[2]、彼女達がパーティとなる仲間を召還して敵を倒しながらノルマを達成し、「塔の主」と呼ばれる魔法使いになることを目指していくファンタジー作品となっている[1]

リリース時には予約特典として設定画集やBGMなどが収録された「トリコロールクライシスアートパレット」が配布され、登場キャラクター・ジャニスのフィギュアが抽選で当たるキャンペーンが催された[3]

登場キャラクター[編集]

ジャニス
川澄綾子
ラナン
声:今井由香
アネメア・グレンデル
声:大沢つむぎ
ユノ
声:柳瀬なつみ
リネア
声:榎本温子
カンタレラ
声:永島由子
セリム
声:根谷美智子
ヴァシャール
声:石橋千恵
ディアドラ
声:仁木静美

批評[編集]

本作は『ファミ通』622号のクロスレビューに掲載され、40点満点中27点を獲得している[4]

関連書籍[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b トリコロールクライシス”. ファミ通. KADOKAWA. 2019年2月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月11日閲覧。
  2. ^ a b c トリコロールクライシス”. TSUTAYA. 2019年2月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月11日閲覧。
  3. ^ DC「トリコロールクライシス」のキャンペーン”. SOFTBANK GAMES NEWS. ソフトバンクパブリッシング (2000年9月5日). 2019年2月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月12日閲覧。
  4. ^ トリコロールクライシス”. ファミ通.com. Gzブレイン. 2019年2月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月12日閲覧。