トリブス民会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

トリブス民会ラテン語: Comitia Tributa)は、古代ローマ社会において行政に関わった民会のひとつ。日本語では「市民会」と訳される。訳語として「市民集会」も一般書等では使われる場合があるが、これはローマ史においては民会とは異なる市民による集会コンティオ (contio) の定訳として使われるため混同に注意が必要である。ComitiaもContioも似たような意味を持つが、コミティアは選挙、立法、裁判などの公的な決定の場であるのに対し、コンティオは何の法的権限も持たない[1]

概要[編集]

全ローマ市民はケンソルの行うケンスス(国勢調査)によって住居や資産の場所に応じた選挙区(トリブス=本来「部族」の意味)に登録されており、トリブス民会は各トリブスの意向を反映する民会で、参加資格はローマ市民権を持つ者のため、上流階級のパトリキと平民階級のプレブスとが同時に国政に関わった。

ケントゥリア民会は各クラシス(階級)ごとに投票権を持っていたが、トリブス民会では各選挙区にひとつの投票権が与えられた。トリブスの増加に伴い最終的には35の選挙区となった。トリブス民会はフォルム・ロマヌム内で行われたため、選挙のたびに各トリブスの代表団がローマを訪れた。

民会では上級按察官財務官を選出していた。紀元前311年には護民官ルキウス・アティリウスとガイウス・マルキウスの提出した法によってトリブヌス・ミリトゥムと呼ばれる軍団司令官を、また護民官マルクス・デキウスによって艦隊保守と艤装を担当する海軍二人官も選出するようになった[2]

ルキウス・コルネリウス・スッラによる改革まではトリブス民会では裁判も行われていた。

出典[編集]

  1. ^ Lintott, p.41.
  2. ^ リウィウス『ローマ建国史』9.30.3-4

参考文献[編集]

  • Andrew Lintott (1999). The Constitution of the Roman Republic. Oxford University Press 

関連項目[編集]