トリプルスリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

トリプルスリー (Triple three) は、日本プロ野球において打者が同一シーズンに「打率3割・30本塁打・30盗塁」以上の成績を記録することを意味する用語であり、和製英語[1][2]である。

概要[編集]

トリプル3[3]トリプルサーティ[4]とも呼ばれ、「3割30本30盗塁」とも呼ばれる。岩本義行別当薫中西太が達成した時代はトリプルスリーという言葉は存在せず、野球ファンに記録が注目を浴びるようになったのは1980年代からと言われており、1983年に簑田浩二が達成した際には野球雑誌などで取り上げられた[5]

野球の攻撃分野(打力、走力)において隙の無い好打者であることを証明するものとされ[6]、これを目標とする打者も存在する[注 1]

川上哲治1950年長嶋茂雄1958年に、いずれも本塁打1本の差でトリプルスリーを逃した。特に長嶋は、一塁を踏み忘れて「幻の本塁打」となった1本があったために記録を逃した[13]

2015年シーズンではソフトバンクの柳田悠岐とヤクルトの山田哲人の二人がトリプルスリーを達成した。日本プロ野球での達成者は2002年に松井稼頭央が達成して以来13年ぶりで、また複数人達成は1950年に岩本と別当が達成して以来65年ぶりのことで話題となり、トリプルスリーは2015年ユーキャン新語・流行語大賞の年間大賞に選出された[14]。なお、山田は翌2016年もトリプルスリーを達成。2年連続及び複数回のトリプルスリー達成は日本プロ野球史上初である[15]

英語圏では"30-30"(年間30本塁打30盗塁達成)は高く評価される(30-30クラブの項を参照)ものの、これに打率.300達成を加えた成績が特に注目されることはなく、またそれを指す "Triple Three" や "Triple Thirty" という呼称も定着していない。例えば英字新聞ジャパンタイムズが2000年の金本知憲の成績に言及した記事では ".300-30-30 player" [16](3割30本塁打30盗塁選手)と表現され、同じくジャパンタイムズが2015年の山田の成績に言及した記事では "what is known in Japan as the 'Triple Three'" [17](日本では『トリプルスリー』と呼ばれる成績)と表現されている。

達成者[編集]

日本プロ野球[編集]

名前

達成時の所属球団
打率
本塁打
盗塁
備考
いわもと よしゆき/岩本義行 1950年 松竹ロビンス .319 39 34
へつとう かおる/別当薫 1950年 毎日オリオンズ .335 43 34
なかにし ふとし/中西太 1953年 西鉄ライオンズ .314 36 36 20歳での達成は史上最年少記録[18]
みのた こうし/簑田浩二 1983年 阪急ブレーブス .312 32 35 1980年にはNPB史上唯一の30本塁打30盗塁30犠打も記録[18]
あきやま こうし/秋山幸二 1989年 西武ライオンズ .301 31 31
のむら けんしろう/野村謙二郎 1995年 広島東洋カープ .315 32 30 左打ちでは初。
かねもと ともあき/金本知憲 2000年 広島東洋カープ .315 30 30 30号本塁打は最終戦で達成[18][19]
まつい かすお/松井稼頭央 2002年 西武ライオンズ .332 36 33 両打ちでは初[20]。30二塁打同時達成も史上初[21]
やまた てつと/山田哲人 2015年 東京ヤクルトスワローズ .329 38 34 セントラル・リーグ史上最年少で達成[22]
やなぎた ゆうき/柳田悠岐 2015年 福岡ソフトバンクホークス .363 34 32 同年に2人目の達成者(65年ぶり2回目)[23]
やまた てつと/山田哲人 2016年 東京ヤクルトスワローズ .304 38 30 NPB史上初の複数回(2年連続)達成[15]
やまた てつと/山田哲人 2018年 東京ヤクルトスワローズ .315 34 33 2年ぶり3回目。
  • 太字は同年リーグ最多記録。
  • 1人の達成最多回数は、山田哲人の3回。

メジャーリーグベースボール[編集]

#概要節で述べたように、英語圏ではトリプルスリーという概念自体が普及していない。以下の一覧は"30-30クラブ"(30本塁打30盗塁達成者)のうち打率3割以上の成績を抜き出したものである。

名前

球団
打率
本塁打
盗塁
守備位置
ういりあむす けん/ケン・ウィリアムズ 1922年 セントルイス・ブラウンズ .332 39 37 左翼手
めいす ういり/ウィリー・メイズ 1957年 ニューヨーク・ジャイアンツ .333 35 38 中堅手
ああろん はんく/ハンク・アーロン 1963年 ミルウォーキー・ブレーブス .319 44 31 右翼手
まあふいい てえる/デール・マーフィー 1983年 アトランタ・ブレーブス .302 36 30 中堅手
かんせこ ほせ/ホセ・カンセコ 1988年 オークランド・アスレチックス .307 42 40 右翼手
ほんす はりい/バリー・ボンズ 1990年 ピッツバーグ・パイレーツ .301 33 52 左翼手
かんと ろん/ロン・ガント 1990年 アトランタ・ブレーブス .303 32 33 中堅手
ほんす はりい/バリー・ボンズ 1992年 ピッツバーグ・パイレーツ .311 34 39 左翼手
ほんす はりい/バリー・ボンズ 1996年 サンフランシスコ・ジャイアンツ .308 42 40 左翼手
ひしえつと たんて/ダンテ・ビシェット 1996年 コロラド・ロッキーズ .313 31 31 右翼手
はあくす えりす/エリス・バークス 1996年 コロラド・ロッキーズ .344 40 32 左翼手
うおおかあ らりい/ラリー・ウォーカー 1997年 コロラド・ロッキーズ .366 49 30 右翼手
もんてしい らうる/ラウル・モンデシー 1997年 ロサンゼルス・ドジャース .310 30 32 右翼手
ろとりけす あれつくす/アレックス・ロドリゲス 1998年 シアトル・マリナーズ .310 42 46 遊撃手
はくうえる しえふ/ジェフ・バグウェル 1999年 ヒューストン・アストロズ .304 42 31 一塁手
けれえろ ふらていみいる/ブラディミール・ゲレーロ 2001年 モントリオール・エクスポズ .307 34 37 右翼手
けれえろ ふらていみいる/ブラディミール・ゲレーロ 2002年 モントリオール・エクスポズ .336 39 40 右翼手
そりああの あるふおんそ/アルフォンソ・ソリアーノ 2002年 ニューヨーク・ヤンキース .300 39 41 二塁手
あふれいゆ ほひい/ボビー・アブレイユ 2004年 フィラデルフィア・フィリーズ .301 30 40 右翼手
らいと てひつと/デビッド・ライト 2007年 ニューヨーク・メッツ .325 30 34 三塁手
らみれす はんりい/ハンリー・ラミレス 2008年 フロリダ・マーリンズ .301 33 35 遊撃手
えるすへりい しやこひい/ジャコビー・エルズベリー 2011年 ボストン・レッドソックス .321 32 39 中堅手
けんふ まつと/マット・ケンプ 2011年 ロサンゼルス・ドジャース .324 39 40 中堅手
ふらうん らいあん/ライアン・ブラウン 2011年 ミルウォーキー・ブルワーズ .332 33 33 左翼手
とらうと まいく/マイク・トラウト 2012年 ロサンゼルス・エンゼルス .326 30 49 中堅手
ふらうん らいあん/ライアン・ブラウン 2012年 ミルウォーキー・ブルワーズ .319 41 30 左翼手
へつつ むうきい/ムーキー・ベッツ 2018年 ボストン・レッドソックス .346 32 30 右翼手
  • 1人の達成最多回数は、バリー・ボンズの3回。

韓国プロ野球[編集]

名前

球団
打率
本塁打
盗塁
い しよんほむ/李鍾範(イ・ジョンボム) 1997年 ヘテ・タイガース .324 30 64
い ひよんきゆ/李炳圭(イ・ビョンギュ) 1999年 LGツインズ .349 30 31
しえい てえひす/ジェイ・デービス朝鮮語版 1999年 ハンファ・イーグルス .328 30 35
ほん ひよぬ/洪弦佑朝鮮語版(ホン・ヒョヌ) 1999年 ヘテ・タイガース .300 34 31
はく ちえほん/朴栽弘(パク・チェホン) 2000年 現代ユニコーンズ .309 32 30
ていむす えりつく/エリック・テイムズ 2015年 NCダイノス .381 47 40

台湾プロ野球[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 芝山幹郎 (2015年8月29日). “ゴールドシュミットと山田哲人。~3割30本30盗塁達成なるか!?~”. Number Web. スポーツ・インサイドアウト. 文藝春秋社. 2018年10月18日閲覧。
  2. ^ 友成那智 (2016年10月17日). “「トリプルスリー」は和製英語”. 日刊ゲンダイDIGITAL. 読むメジャーリーグ. 日刊ゲンダイ. 2018年10月18日閲覧。
  3. ^ ヤクルト山田「今年は走る」 目指す「トリプル3」達成」朝日新聞 2015年2月6日閲覧。
  4. ^ ALL STAR SERIES JAPAN 2002 日米野球公式プログラム 69頁 読売新聞東京本社発行
  5. ^ 怪童・中西太も盗塁数で達成できず。山田・柳田、前人未到「2度目のトリプル3」なるか”. ベースボールチャンネル. 2017年2月8日閲覧。
  6. ^ 小中翔太 「最も価値あるトリプルスリーは松井稼頭央だった」Yahoo!ニュース(2014年8月4日)、2014年11月5日閲覧。
  7. ^ 糸井 ソフトB柳田と化け物トレ 目標はトリプルスリー」Sponichi Annex 2014年9月29日閲覧。
  8. ^ 西武・浅村栄斗「目標はトリプルスリーとデレク・ジーター」」web Sportiva 2014年9月29日閲覧。
  9. ^ 陽岱鋼 トリプルスリー号砲先頭弾 下半身強化で9人目快挙へ」Sponichi Annex 2014年11月14日閲覧。
  10. ^ 松田 トリプルスリーへ「グー」より「パー」脱力走法」Sponichi Annex 2014年11月14日閲覧。
  11. ^ 西武中島09年目標は「トリプルスリー」」 nikkansports.com 2014年11月15日閲覧。
  12. ^ 井口、日本での目標はトリプル3 ロッテ入団会見」 47NEWS 2015年6月7日閲覧。[リンク切れ]
  13. ^ 【9月19日】1958年(昭33) ミスター、幻の28号本塁打でトリプルスリーを逃す Archived 2015年9月24日, at the Wayback Machine.」Sponichi Annex 2013年12月30日閲覧。
  14. ^ 自由国民社. “2015ユーキャン新語・流行語大賞発表”. 2015年12月1日閲覧。
  15. ^ a b “ヤクルト・山田哲人が2年連続「トリプルスリー」&100打点達成、史上初の快挙”. 産経ニュース (産経新聞社). (2016年10月1日). http://www.sankei.com/sports/news/161001/spo1610010038-n1.html 2016年10月2日閲覧。 
  16. ^ “Carp ink Kanemoto for 222 million yen” (英語). The Japan Times. Kyodo News. (2000年12月16日). https://www.japantimes.co.jp/sports/2000/12/16/baseball/mlb/carp-ink-kanemoto-for-222-million-yen/ 2018年10月2日閲覧。 
  17. ^ “NPB legend Harimoto issues challenge to Swallows' Yamada” (英語). The Japan Times. Kyodo News. (2016年2月20日). オリジナル2016年4月3日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20160403091136/http://www.japantimes.co.jp/sports/2016/02/20/baseball/japanese-baseball/npb-legend-hashimoto-issues-challenge-to-swallows-yamada/ 2018年10月3日閲覧。 
  18. ^ a b c 山田、柳田の同時達成はほぼ間違いなし! 過去のトリプルスリー達成者とは?」ベースボールキング 2015年9月8日 2015年9月24日閲覧。
  19. ^ トリプルスリーの“アニキ”金本氏が語る ヤク山田の3つの凄さ」Sponichi Annex 2015年9月11日閲覧。
  20. ^ リトル松井がやってくる ESPNが電子版で紹介”. 47NEWS. 2014年11月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年2月21日閲覧。
  21. ^ 松井「1番がベスト」”. nikkansports.com. 2005年5月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年2月20日閲覧。
  22. ^ セリーグ最年少「トリプルスリー」ヤクルト山田哲人!球団から30歳まで結婚NG指令」 J-CASTテレビウォッチ 2015年10月9日閲覧。
  23. ^ ホークス柳田、トリプルスリー達成! 山田と同時達成は65年ぶり快挙に」 Full-count 2015年10月9日閲覧。
  24. ^ a b ラミゴの林智勝が職棒初のトリプルスリーを達成。 - Twitter

関連項目[編集]