トリヴェール和泉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
和泉中央駅付近のマンション群
和泉中央線

トリヴェール和泉(トリヴェールいずみ)は、大阪府和泉市中部の丘陵地帯に、UR都市機構(都市再生機構)が開発した住宅・産業都市。街開きは1992年平成4年)。泉北ニュータウンに続く、泉北地域の第2のニュータウンとして発展を続けている。

概要[編集]

和泉市中部にあたる北池田南池田北松尾南松尾地区の丘陵を開発して誕生した。計画戸数は7,700戸、計画人口は25,000人。

市中部の丘陵は槇尾川流域の池田谷と松尾川流域の松尾谷によって3つに分かれ、トリヴェール和泉は中央丘陵および岸和田市境に至る松尾谷以西の丘陵に位置する。堺市境に至る池田谷以東の丘陵に位置する光明台やみずき台は泉北ニュータウン光明池地区の周辺地域となり、トリヴェール和泉には含まれない。

街開きから3年後の1995年(平成7年)には、泉北高速鉄道線和泉中央駅が開業。同駅を中心とした街であることから、一般に“和泉中央”(旧和泉郡域の住民からは単に“中央”とも)と呼ばれ、店名に「和泉中央」を冠するショッピングセンター飲食店などが数多く存在している。

「トリヴェール」とはフランス語で「3つの緑」の意。北部・東部・西部の3ブロック構成であることや、居住・都市・研究開発の3つの機能を持つことを表している。

  • 北地区(いぶき野) - 商業施設と集合住宅。
  • 東地区(まなび野、はつが野) - 大学と閑静な住宅地。
  • 西地区(あゆみ野) - 企業や研究所が立地する産業地区。

居住区は中央丘陵に位置するいぶき野とはつが野で、2019年令和元年)末時点の人口は約19,800人。和泉中央駅がいぶき野、桃山学院大学がまなび野に位置する。あゆみ野は松尾谷以西の丘陵に位置し、こちらの丘陵には阪和自動車道岸和田和泉ICがあり、南に工業団地テクノステージ和泉が広がる。

トリヴェール和泉には含まれないが、はつが野の北にのぞみ野、東に青葉台、西に緑ヶ丘という既存の新興住宅地が隣接しており、のぞみ野、青葉台、緑ヶ丘を加えた人口は約31,900人となる。なお、のぞみ野はトリヴェール和泉の町名と共通性を持った◯◯◯野という町名だが、大阪婦人子供服団地を中心とした既存の新興住宅地に新たに付けられた町名である。

不動産・住宅情報サイトLIFULL HOME'Sによる「住みたい街ランキング2017」では、和泉中央が「買って住みたい街」として近畿圏全体で第3位、南大阪では第1位にランクインしている[1]

歴史[編集]

交通[編集]

主な公共施設[編集]

学校[編集]

大学[編集]

高等学校[編集]

  • なし

中学校[編集]

南池田中学校と石尾中学校はトリヴェール和泉の範囲外に立地するが、トリヴェール和泉の一部地域が通学区域(校区)に含まれる。

小学校[編集]

緑ヶ丘小学校はトリヴェール和泉の範囲外に立地するが、トリヴェール和泉の一部地域が通学区域(校区)に含まれる。

義務教育学校[編集]

施設一体型・小中一貫教育を行う公立学校である。はつが野の人口増加を受けて青葉はつが野小学校および南池田中学校の児童数が増加する一方、児童数が少なかった南松尾小学校(21校中20位)および南松尾中学校(10校中10位)の2校を統廃合し、校区と学校規模の適正化も兼ねて2017年に新しく開校した。

幼稚園[編集]

  • 和泉市立北松尾幼稚園

保育園[編集]

  • 和泉市立北松尾保育園
  • 私立クレアール保育園

商業施設[編集]

金融機関[編集]

5行の支店が和泉中央駅の駅前に集っている。

主な公園[編集]

  • くすのき公園
  • いしたちはら公園
  • 和泉中央公園
  • 長池公園
  • 宮ノ上公園
  • かぐらざき公園

病院[編集]

  • いぶきの病院
  • 咲花病院
  • 新生会病院
  • 和泉中央病院

神社・仏閣等[編集]

  • 春日神社
  • 弘法寺
  • 松尾寺
  • 法華寺
  • 和泉中央霊園

道路[編集]

アムゼモール[編集]

アムゼモール(大阪·和泉)は、地区センターに位置する歩行者専用通路である。これは多次元生活都心をうたった地区全体の整備コンセプトに共鳴する多様な都市機能を有した「みち」空間の提案である。「みち」空間は都市の活気がダイレクトに投影された社交の場であり、人間が主役の生き生きとした多重の意味をもつ生活空間だったと言える。本来、「みち」空間が有していた出会い、くつろぎ、語らい、お祭りなど、人々が演者と同時に観客になる場を、将来展開が見込まれるセンター地区の回遊動線の要となることをにらみながら、立体的に展開している。都市生活を楽しみ、その利便性を享受するための舞台として人間のスケールや歩くスピード、 テンポといったものに適したパブリックな空間が必要である。 安全性、 機能性、 利便性と同じように快適さや美しさが求められ、都市生活の魅力的な舞台をつくり上げていくことが望まれている。
“劇場大通り”というデザインコンセプトのもと、 道を多様な市民活動の舞台に仕立て上げ、地区のシンボルとして位置づけている。ここでは各店舗が大道具であり、水景や植栽、照明などが小道具というわけである。歩くという身体スケール感覚に適合したさまざまな演出がなされている。効率とスピードを求めてきた近代都市計画に従順であるならば、居住地と職場(ここでは駅であるかもしれない)をダイレクトに連結する純然たる連絡通路であっただろう。このプロジェクトは、通勤、通学、買物、散策など、 歩行者のさまざまな情景を包み込み、「みち」の楽しさを蘇らせる試みであると言える。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ 近畿圏の"買って住みたい街"1位は「天神橋筋六丁目」 - 中部圏は?”. マイナビニュース. 2018年1月23日閲覧。