トレイ・ライルズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
トレイ・ライルズ
Trey Lyles
Trey Lyles.jpg
2014年、ケンタッキー大学でのライルズ
サンアントニオ・スパーズ  No.7
ポジション PF
背番号 7
身長 208cm (6 ft 10 in)
体重 113kg (249 lb)
ウィングスパン 217cm  (7 ft 2 in)[1]
シューズ ナイキ
基本情報
本名 Trey Anthony Lyles
ラテン文字 Trey Lyles
誕生日 (1995-11-05) 1995年11月5日(23歳)
カナダの旗 カナダ
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 サスカチュワン州の旗 サスカチュワン州サスカトゥーン
出身 ケンタッキー大学
ドラフト 2015年 12位  UTA  
選手経歴
2015-2017
2017-2019
2019-
 UTA  ユタ・ジャズ
 DEN  デンバー・ナゲッツ
 SAS  サンアントニオ・スパーズ
受賞歴
  • SECオール・フレッシュマン・チーム(2015)
  • パレード・オール・アメリカン (2014)
  • マクダナルズ・オール・アメリカン (2014)
  • ジョーダンブランドクラシック (2014)
  • インディアナ州ミスターバスケットボール (2014)
  • ゲータレード・インディアナ最優秀選手 (2014)
Stats Basketball-Reference
Profile NBA.comプロフィール NBA.jp
代表歴
キャップ カナダの旗 カナダ

トレイ・アンソニー・ライルズTrey Anthony Lyles, 1995年11月5日 - )は、カナダサスカチュワン州サスカトゥーン出身のバスケットボール選手。ポジションはパワーフォワード。身長208cm、体重113kg[2]NBAサンアントニオ・スパーズに所属している。

経歴[編集]

若齢期・高校[編集]

カナダサスカチュワン州サスカトゥーンで生まれ、国内では優秀な高校生プレーヤーの一人として、ケンタッキー大学インディアナ大学、ルイスビル大学から誘いを受た。

カレッジ[編集]

ケンタッキー大学を選択し、2014年に入学し、2015年まで、1シーズンプレーした後、2015年のNBAドラフトにアーリーエントリーした。

NBA[編集]

ユタ・ジャズ(2015–2017)[編集]

2015年6月25日、2015年のNBAドラフト、1巡目12位でユタ・ジャズに指名され[3]、7月7日にルーキースケール契約を結んだ[4]。ルーキーシーズンの最初の2ヶ月で1試合平均 3.0 得点、3.6 リバウンドを記録した。2016年1月に入ると出場時間を増やし、1月4日のヒューストン・ロケッツ戦で初の2桁得点となる13得点を記録した[5]。1月9日のマイアミ・ヒート戦で、キャリアハイとなる10リバウンドを記録した[6]。1月14日には、サクラメント・キングス戦でシーズンハイの19 得点を記録した[7] 2016年2月には、地元カナダエア・カナダ・センターで開催されたNBAオールスターゲーム前夜祭のライジング・スターズ・チャレンジに、チームメイトのロドニー・フッドラウル・ネトと共に世界選抜チームの一員として出場した[8]。4月10日に、デンバー・ナゲッツ戦でキャリアハイとなる22得点を記録した[9]

デンバー・ナゲッツ (2017–2019)[編集]

2017年6月22日、2017年のNBAドラフト開催日、 ドノバン・ミッチェルらの指名権の交換が絡んだトレードでデンバー・ナゲッツへ移籍した[10]。2017年12月2日、ロサンゼルス・レイカーズ戦でシーズンハイとなる18得点を記録した[11]。2017年12月10日、インディアナ・ペイサーズ戦でキャリアハイとなる25得点を記録し[12]、 2018年1月5日にユタ・ジャズ戦で、26得点を記録しキャリアハイを更新した[13]

サンアントニオ・スパーズ (2019-)[編集]

個人成績[編集]

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック   TO  平均ターンオーバー  PPG  平均得点
 太字  キャリアハイ    リーグリーダー    優勝シーズン  NBA FINAL CHAMP.png

NBA[編集]

レギュラーシーズン[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2015–16 ユタ・ジャズ 80 33 17.3 .438 .383 .695 3.7 .7 .3 .2 6.1
2016–17 71 4 16.3 .362 .319 .722 3.3 1.0 .4 .3 6.2
2017–18 デンバー・ナゲッツ 73 2 19.1 .491 .381 .706 4.8 1.2 .4 .5 9.9
2018–19 64 2 17.5 .418 .255 .698 3.8 1.4 .5 .4 8.5
Career 288 41 17.5 .431 .331 .705 3.9 1.1 .4 .3 7.6


プレーオフ[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2017 ユタ・ジャズ 2 0 4.8 .429 .333 .000 1.0 .5 .5 .0 3.5
2019 デンバー・ナゲッツ 3 0 2.7 .000 .000 .000 .3 .7 .0 .0 .0
Career 5 0 3.6 .300 .250 .000 .6 .6 .2 .0 1.4

カレッジ[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2014–15 ケンタッキー大学 36 21 23.0 .488 .138 .735 5.2 1.1 .5 .4 8.7

代表[編集]

7歳のとき家族とともにインディアナ州に移住し、ハイスクール時にカナダ代表アメリカ代表の両方に選ばれた[14]。国際大会ではカナダジュニアチームで参加し[15]、2013年の夏季大会で、タイラー・エニスらと共に、6位入賞を果たした[14]

プレースタイル[編集]

脚註[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Trey-Lyles”. draftexpress.com (2015年). 2015年6月26日閲覧。
  2. ^ TREY LYLES”. draftexpress.com (2015年6月). 2015年6月26日閲覧。
  3. ^ Jazz select Lyles, Hanlan in 2015 NBA Draft”. NBA.com (2015年6月25日). 2015年6月26日閲覧。
  4. ^ Jazz Sign 2015 Draft Pick Trey Lyles”. NBA.com (2015年7月7日). 2015年7月8日閲覧。
  5. ^ Harden scores 30, Rockets rally for 93-91 win over Jazz”. NBA.com (2016年1月4日). 2016年1月4日閲覧。
  6. ^ Hayward scores 34 points, Jazz defeat Heat 98-83”. NBA.com (2016年1月9日). 2016年1月14日閲覧。
  7. ^ Gay scores 24 and hits game-winner, Kings top Jazz 103-101”. NBA.com (2016年1月14日). 2016年1月14日閲覧。
  8. ^ Trey Lyles will replace Nikola Mirotic at the Rising Stars Challenge
  9. ^ Jazz use 24-0 run in 3rd quarter to beat Nuggets 100-84”. NBA.com (2016年4月10日). 2016年4月10日閲覧。
  10. ^ Nuggets Acquire Trey Lyles and Tyler Lydon from Utah in Draft-Night Trade”. NBA.com (2017年6月23日). 2017年6月23日閲覧。
  11. ^ Murray, Barton lead Nuggets over Lakers, 115-100.”. ESPN.com (2017年12月2日). 2017年12月2日閲覧。
  12. ^ Oladipo scores career-high 47 as Pacers beat Nuggets in OT”. ESPN.com (2017年12月10日). 2017年12月10日閲覧。
  13. ^ Lyle scores career-high 26 as Nuggets beat Jazz 99-91”. ESPN.com (2018年1月5日). 2018年1月6日閲覧。
  14. ^ a b Jones, Ryan (2013年9月25日). “No Lie”. SLAM Magazine. 2014年10月10日閲覧。
  15. ^ Trey Lyles”. Canada Basketball. 2014年8月5日閲覧。