トレヴァー・ロイル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

トレヴァー・ロイル(Trevor Royle、1945年[1] - )は、おもに戦争帝国主義を専門とし、関係する著作を多く発表しているイギリス歴史家ブロードキャスター著作家[2]放送作家として英国放送協会 (BBC) にも関わっている[3]

スコットランド国立アカデミーであるエディンバラ王立協会英語版フェロー英語版であり[2][3]エディンバラ大学歴史・古典・考古学科の名誉フェロー (Honorary Fellow of the School of History, Classics and Archaeology in Edinburgh University) でもある[4]第一次世界大戦の顕彰に関するスコットランド政府の諮問委員会 (Scottish Government’s Advisory Panel for Commemorating the First World War) の委員も務めた[2]

ロイルは1945年に当時のイギリス領インド帝国で生まれ、その後スコットランドへ移り住み[4]セント・アンドルーズマドラス・カレッジ英語版に学んだ[5]

おもな著書[編集]

  • The Last Days of the Raj, 1989
  • Orde Wingate: Irregular Soldier, 1995
  • Crimea: The Great Crimean War, 1854 - 1856, 1999
  • Civil War: The Wars of the Three Kingdoms 1638 - 1660, 2004
  • Patton: Old Blood and Guts, 2005
  • The Flowers of the Forest: Scotland and the First World War, 2007
  • Lancaster Against York: The Wars of the Roses and the Foundation of Modern Britain, 2008
  • The Wars of the Roses: England's First Civil War, 2009
    • 日本語訳:(陶山昇平 訳)薔薇戦争新史、彩流社、2014年[1]
  • A Time of Tyrants: Scotland and the Second World War, 2011
  • Culloden: Scotland's Last Battle and the Forging of the British Empire, 2016

脚注[編集]

  1. ^ a b 薔薇戦争新史”. 国立国会図書館. 2020年9月28日閲覧。
  2. ^ a b c Trevor Royle”. Goodreads, Inc.. 2020年9月28日閲覧。
  3. ^ a b Trevor Royle”. Hachette UK. 2020年9月28日閲覧。
  4. ^ a b Trevor Royle - Author”. LoveReading. 2020年9月28日閲覧。
  5. ^ Reports/Trevor Royle, Military Historian”. Rotary logo St. Andrews. 2020年9月28日閲覧。