トレーニング デイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
トレーニング デイ
Training Day
Training Day Logo.png
監督 アントワーン・フークア
脚本 デヴィッド・エアー
製作 ロバート・F・ニューマイヤー
ジェフリー・シルバー
製作総指揮 ブルース・バーマン
デイヴィス・グッゲンハイム
出演者 デンゼル・ワシントン
イーサン・ホーク
音楽 マーク・マンシーナ
撮影 マウロ・フィオーレ
編集 コンラッド・バフ四世
製作会社 ヴィレッジ・ロードショー・ピクチャーズ
配給 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 2001年10月5日
日本の旗 2001年10月20日
上映時間 120分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $45,000,000 (概算)
興行収入 $104,876,233[1] 世界の旗
次作 Training Day Prequel the day before
テンプレートを表示

トレーニング デイ』(原題:Training Day)は、2001年に公開されたアメリカ映画

新人刑事の一日、トレーニングデイ(訓練日)を描いたサスペンスアクション。デンゼル・ワシントンアカデミー主演男優賞を受賞した。

概要[編集]

ベテラン刑事と新人刑事の組み合わせというバディムービーにありがちな設定だが、本作は二人が対立を乗り越えて仲良くなるようなことはなく、むしろ対立が決定的決裂に至る点でバディムービーとは全く異なっている。善良な人物役が多いデンゼル・ワシントンが悪役に徹底したことでも話題になった。また作中ではロスのストリートギャングの縄張りが重要な場所となるが、撮影は本物のギャングの協力を得て実際の縄張りで行っており、ロサンゼルスのストリートが現実的に再現されている。

あらすじ[編集]

ロス市警(LAPD)の麻薬取締課に配属された新人刑事ジェイクは、ベテラン捜査官アロンゾと組むことになったのだが、「狼を倒せるのは狼だけ=悪を倒すには悪になる必要がある」というアロンゾに、正義感の強いジェイクは次第に不信感を募らせていく。一方アロンゾにはある計画があった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替[2]
アロンゾ・ハリス刑事 デンゼル・ワシントン 手塚秀彰
ジェイク・ホイト巡査 イーサン・ホーク 辻谷耕史
ロジャー スコット・グレン 仲野裕
スタン・ガースキー検事 トム・ベレンジャー 小山武宏
ダグ・ロッセリ刑事 ハリス・ユーリン 沢木郁也
ルー・ジェイコブズ警部 レイモンド・J・バリー 廣田行生
スマイリー クリフ・カーティス 家中宏
ポール刑事 ドクター・ドレー 斉藤瑞樹
ブルー スヌープ・ドッグ 麻生智久
サンドマンの妻 メイシー・グレイ英語版
リサ・ホイト シャーロット・アヤナ英語版 重松朋
サラ エヴァ・メンデス 浅野まゆみ
ティム刑事 ニック・チンランド 後藤哲夫
マーク刑事 ジェイミー・P・ゴメス 北沢洋
スニッパー レイモンド・クルス
モレノ ノエル・グーリーエミー 梁田清之
レティ サマンサ・エステバン 本田貴子
ボーン クリー・シャヒード・スローン英語版
ディミトリ デンゼル・ウィテカー英語版 本田貴子
ヤク中#1 ガーランド・ホワイト 檜山修之
ヤク中#2 ウィル・フォスター・スチュワート 永野広一
ジェフ刑事 ピーター・グリーン(クレジットなし) 飛田展男

スタッフ[編集]

日本語版スタッフ[編集]

  • 日本語吹替プロデューサー:尾谷アイコ(ワーナー・ホーム・ビデオ)
  • 日本語吹替演出:岩浪美和
  • 日本語吹替翻訳:久保喜昭
  • 日本語吹替調整:内田直継
  • 日本語吹替録音:星野賢爾
  • 日本語吹替制作担当:相原正之(HALF H・P STUDIO)
  • 日本語吹替制作:ワーナー・ホーム・ビデオ、HALF H・P STUDIO

制作[編集]

本作の脚本執筆時より後に、LAPDの捜査部隊「CRASH」における汚職事件が発覚した(ランパート・スキャンダル)。監督は、この事件が映画の製作を推し進めるきっかけとなったと語っている。[3]デンゼル・ワシントンは、事件の中心人物であったラファエル・ペレス巡査を演技の参考にした。ペレスは、押収されたコカインの窃盗・転売など、数多くの犯罪に関与していた。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Training Day (2001)” (英語). Box Office Mojo. 2010年3月14日閲覧。
  2. ^ トレーニング デイ”. ワーナー公式. 2021年8月8日閲覧。
  3. ^ Murray Pomerance (February 1, 2012). Bad: Infamy, Darkness, Evil and Slime on Screen. SUNY Press.