トロイ・パットン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
トロイ・パットン
Troy Patton
フリーエージェント
Troy Patton 2012.jpg
オリオールズ時代(2012年9月24日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 テキサス州スプリング
生年月日 (1985-09-03) 1985年9月3日(31歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
180 lb =約81.6 kg
選手情報
投球・打席 左投両打
ポジション 投手
プロ入り 2004年 ドラフト9巡目でヒューストン・アストロズから指名
初出場 2007年8月25日 ピッツバーグ・パイレーツ
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

トロイ・ジェイミーソン・パットンTroy Jamieson Patton , 1985年9月3日 - )は、アメリカ合衆国テキサス州スプリング出身のプロ野球選手投手)。左投両打。現在はフリーエージェント

経歴[編集]

プロ入りとマイナー時代とアストロズ時代[編集]

2004年ドラフト9巡目でヒューストン・アストロズに入団[1]

2005年にA級で防御率2.18を記録し、アストロズ屈指の有望株となる。

2007年8月25日ピッツバーグ・パイレーツ戦で先発し、メジャーデビューを果たした[1]

オリオールズ時代[編集]

2007年オフにミゲル・テハダの見返り5選手の1人としてトレードボルチモア・オリオールズへ移籍した[2]

2008年は、左肩関節唇損傷の重傷を負い、シーズンを棒に振る。

2010年9月22日に、リリーフで3シーズンぶりのメジャー昇格を果たした。

2012年は、左のリリーバーとして、8月に足首を痛めて約1ヶ月離脱した以外は安定した投球を続けた。7月6日からシーズン終了まで、22試合連続無失点を記録した[3]

2013年12月21日、薬物違反で25試合の出場停止処分となった[4]

2014年1月17日にオリオールズと127万5000ドルの1年契約に合意した[5][6]5月1日に薬物違反による制限リストから外れた[7]。復帰後は9試合に登板し、0勝1敗、防御率8.10だった。

パドレス時代[編集]

2014年5月24日ニック・ハンドリーとのトレードでサンディエゴ・パドレスへ移籍した[8]。移籍後は5月25日シカゴ・カブス戦で初登板し、7回表から登板したが、先頭打者のルイス・バルブエナに対し四球を与え、1死も取れず降板した[9]。オフに、FAとなった。

パドレス退団後[編集]

2015年4月10日にカンザスシティ・ロイヤルズとマイナー契約を結んだが、AAA級オマハ・ストームチェイサーズからメジャー昇格はなく、11月6日にFAとなった[1]。12月11日にマイアミ・マーリンズとマイナー契約を結び翌年のスプリングトレーニングに参加することになった[1]が、2016年2月22日に自由契約となった[10]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2007 HOU 3 2 0 0 0 0 2 0 0 .000 54 12.2 10 3 4 0 2 8 0 0 6 5 3.55 1.11
2010 BAL 1 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 4 0.2 1 0 1 0 0 1 0 0 0 0 0.00 3.00
2011 20 0 0 0 0 2 1 0 2 .667 119 30.0 25 2 5 1 0 22 0 0 10 10 3.00 1.00
2012 54 0 0 0 0 1 0 0 9 1.000 224 55.2 45 5 12 2 2 49 1 0 15 15 2.43 1.02
2013 56 0 0 0 0 2 0 0 8 1.000 235 56.0 57 8 16 1 3 42 0 0 25 23 3.70 1.30
通算:5年 134 2 0 0 0 5 3 0 19 .625 636 155.0 138 18 38 4 7 122 1 0 56 53 3.08 1.14
  • 2013年度シーズン終了時

脚注[編集]

  1. ^ a b c d MLB公式プロフィール参照。2016年2月24日閲覧。
  2. ^ “Orioles trade Miguel Tejada to Astros, receive five players in return” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Baltimore Orioles), (2007年12月12日), http://baltimore.orioles.mlb.com/news/press_releases/press_release.jsp?ymd=20071212&content_id=2323556&vkey=pr_bal&fext=.jsp&c_id=bal 2016年2月24日閲覧。 
  3. ^ Troy Patton 2012 Pitching Gamelogs”. Baseball-Reference.com. Sports Reference LCC.. 2016年2月24日閲覧。
  4. ^ Adam Berry (2014年1月17日). “Patton suspended 25 games for violating drug policy” (英語). MLB.com. 2016年2月24日閲覧。
  5. ^ “Orioles agree to terms with Davis, Hunter, Matusz, Norris and Patton” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Baltimore Orioles), (2014年1月17日), http://m.orioles.mlb.com/news/article/66803730 2016年2月24日閲覧。 
  6. ^ Andrew Simon (2014年1月17日). “Davis' breakout season nets massive pay raise” (英語). MLB.com. 2016年2月24日閲覧。
  7. ^ “Orioles reinstate LHP Troy Patton from the restricted list” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Baltimore Orioles), (2014年5月1日), http://m.orioles.mlb.com/news/article/74003762 2016年2月24日閲覧。 
  8. ^ “Padres Acquire LHP Troy Patton From The Baltimore Orioles In Exchange For C Nick Hundley and Cash Considerations” (英語) (プレスリリース), MLB.com (San Diego Padres), (2014年5月24日), http://m.padres.mlb.com/news/article/76637292 2016年2月24日閲覧。 
  9. ^ Scores for May 25, 2014” (英語). ESPN (2014年5月25日). 2016年2月24日閲覧。
  10. ^ “Troy Patton released by Marlins; he served suspension in 2015” (英語). Associated Press. ESPN. (2014年5月25日). http://espn.go.com/mlb/story/_/id/14831170/troy-patton-released-miami-marlins 2016年2月24日閲覧。