トロント・ピアソン国際空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
トロント・ピアソン国際空港
Toronto Pearson International Airport
A view of Toronto's Pearson International Airport (YYZ).jpg
IATA: YYZ - ICAO: CYYZ
概要
国・地域 カナダ
所在地 トロント
種類 公共
運営者 GTAA
標高 173 m (569 ft)
座標 北緯43度40分38秒 西経79度37分50秒 / 北緯43.67722度 西経79.63056度 / 43.67722; -79.63056座標: 北緯43度40分38秒 西経79度37分50秒 / 北緯43.67722度 西経79.63056度 / 43.67722; -79.63056
公式サイト GTAA
地図
アルバータ州における位置
アルバータ州における位置
YYZ
アルバータ州における位置
アルバータ州における位置
YYZ
アルバータ州における位置
滑走路
方向 ILS 長さ×幅 (m) 表面
05/23 NO 3,389×61 舗装
15L/33R NO 3,368×61 舗装
06L/24R NO 2,956×61 舗装
15R/33L NO 2,770×61 舗装
06R/24L YES 2,743×61 舗装
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示


トロント・ピアソン国際空港(トロント・ピアソンこくさいくうこう、: Toronto Pearson International Airport)は、カナダオンタリオ州トロントミシサガの境に位置する、カナダ国内で最大の国際空港である。2005年、2,990万人以上の乗降客を扱い、世界で利用客の多い空港のトップ30の29番目に位置する。 航空会社が支払う空港使用料が世界で最も高い空港である[1]1984年に、トロント出身でカナダの第14代首相・レスター・B・ピアソンにちなんで名称変更をした。エア・カナダウエストジェット航空ハブ空港としている。

歴史[編集]

マルトン空港(1939年)
マルトン空港のトロント航空クラブ(ターミナルビル・1939年頃)

マルトン空港[編集]

1939年にトロント港湾公団(Toronto Harbour Commission)が開港し、マルトン空港(Malton Airport)と呼ばれる。最初のターミナルは農場の建物を改築したものであった。1940年にトロント市が買収。第二次世界大戦中である1940年から1942年の間、イギリス連邦航空訓練計画(BCATP)には航空学校を開設。1942年に管制塔が設置された。

1949年に新ターミナルが完成し、年間40万人の利用者を扱えるようになった。その後の更なる拡張で隣町エルムバンクの大半を飲み込むこととなった。

トロント国際空港(1973年)のターミナル1(既に取り壊された)

トロント国際空港[編集]

1958年にはカナダ交通省がマルトン空港の運営を行うようになり、1960年トロント国際空港に改称された。1960年代には旧ターミナルを取り壊し新ターミナル「ターミナル1(T1、またはエアロキー1(Aeroquay One)と呼ばれた)」の建設が行なわれた。この建物は上層部に駐車場を含む8階建て方形のビルを中心に、周囲に2階建て円形のコンコースと搭乗口を設けたもので、トロントの建築家ジョン・B・パーキンによって設計、1964年に完成した。

1960年代には最新設備であったT1も、1970年代初頭には既に超過密となり新ターミナルの建設が必要となった。1972年にはもともと貨物ターミナルであった建物を改築しターミナル2(T2)を開設。トロント東部に予定していたピッカリング空港拡張計画が中止となったためT2を大幅に拡張し、エア・カナダのハブターミナルとなった。T2の場所は当初計画ではもともとターミナル1と同形のターミナル2・ターミナル3の建設予定地だったが、大型化する航空機の受け入れ等も考慮し、円形ターミナルの建設計画は白紙となった。

トロント・ピアソン国際空港[編集]

1984年にオンタリオ州出身の首相レスター・B・ピアソンにちなみ、レスター・B・ピアソン国際空港へと名称が変更された。1991年にターミナル3が開設され、旧・カナディアン航空のハブ・ターミナルとなった。また貨物地区に隣接した滑走路区域にインフィールド・ターミナルが作られた(現在使用されていない)。

新ターミナル1のチェックイン・ロビー

カナダ連邦政府が発表した国家航空政策の一環として、1996年にはトロント・ピアソン国際空港の運営がカナダ交通省からグレーター・トロント空港公団(Greater Toronto Airports Authority、GTAA)に移管された。GTAAは1999年に空港基本計画を発表し、ターミナル1・ターミナル2を取り壊し、ターミナル3を維持しながら新ターミナル1を建設することになった。急増する航空需要を受け1997年と2002年にそれぞれ新滑走路を追加した。

新ターミナル1は2004年に供用開始、その後2007年に拡張し、ターミナル2から施設を移管。ターミナル2は2007年1月29日に閉鎖しその後取り壊された。

2015年にはターミナル1とターミナル3で年間5,000万人の利用客を見込んでおり、2020年にはターミナル3をも取り壊し、新ターミナル1がすべて完成すれば、1つのターミナルで年間6,500万人以上の利用が可能となる見込み。

航空事故[編集]

ターミナル[編集]

新ターミナル1の建物内

トロント・ピアソン空港は現在、ターミナル1とターミナル3の2つのターミナルが使用されている。各ターミナルは、LINKトレインで結ばれている。

ターミナル1[編集]

2004年4月6日に供用され、2007年1月30日に拡張された。延べ床面積567,000 m2。 主にエア・カナダ及びスターアライアンス系航空会社が使用している。 旅客向けにはコンコースが3つに区分され、概ね西側がD、東側がF、Fの南側にシュモクザメの頭のように突き出ている部分がEとなっているが、需要に応じて融通している。

航空会社や利用クラスに関わらず有料で利用できるラウンジ(Plaza Premium Lounge)も設けられている。[2]

コンコースD
搭乗口は1階にD1-D12、2階にD20-D57。国内線に用いられる。
コンコースE
搭乗口はE68-E81。国際線に用いられる。ターミナル本体から距離があるため、途中コンコースFの3階部分にはティッセンクルップ製の世界最速の動く歩道が設置されている。待合席には数多くのiPadが用意されており、フライト情報の提供や飲食店の注文受付が可能になっている。
コンコースF
搭乗口はF32-F99。米国線専用で、保安検査場を通過する前に米国事前入国審査が行われる。また乗り継ぎの場合の通関作業が自動化されており、預かり手荷物を受け取る必要がない。

ターミナル3[編集]

ターミナル3

1991年2月21日に民営ターミナルとして供用され、1997年に公営化されたのち2008年までに順次拡張が行われた。 主にウエストジェット航空エア・トランザットスカイチームおよびワンワールド系列の各社が利用している。旅客向けにはコンコースが3つに区分され、概ね西側がA、東側がB、Bの南側先端がCとなっているが、需要に応じて融通している。

航空会社や利用クラスに関わらず有料で利用できるラウンジ(Plaza Premium Lounge)も設けられている。[3]

コンコースA
搭乗口はA1-A20。米国線専用で、保安検査場を通過する前に米国事前入国審査が行われる。
コンコースB
搭乗口はB14-B41。国内線に用いられる。
コンコースC
搭乗口はC30-C36。国際線に用いられる。

旧ターミナル[編集]

マルトン空港ターミナル
1938年に建設され、1949年には年間40万人の利用客があった。その後、1960年代に旧ターミナル1を建設するために取り壊されることとなった。
旧ターミナル1
1964年にオープンしたドーナツ型の建物の旧ターミナル1。2004年の現在のターミナル1の供用と同時に閉鎖され、まもなく解体された。
ターミナル2
現在のターミナル1が拡張された2007年1月に閉鎖され、それまでターミナル2に乗り入れていたフライトはすべて新ターミナル1へ移行。なお旧ターミナル1に継いで解体された。
インフィールド・ターミナル
現在のターミナル1の建築に伴いフライトを待避させる目的で建設され2003年より供用された。供用当時は旧ターミナル1との間で連絡バスが運行されていた。11ヶ所の搭乗口(ゲート521-531)があり、現在は使用されていないが今後航空需要が再拡大した際に使用される予定。映画の撮影などでも使用されることがある。

就航航空会社と就航都市[編集]

国内線[編集]

ターミナル1[編集]

航空会社就航地
カナダの旗 エア・カナダ    カルガリー、ディアレイク、エドモントンフォートマクマレーハリファックスケロウナモントリオールオタワ、レジャイナ、セント・ジョンズサスカトゥーンバンクーバービクトリアウィニペグガンダー
カナダの旗 エア・カナダ・エクスプレス
ジャズ航空
シャーロットタウン、フレデリクトンキングストンロンドン(カナダ)、モンクトン、モントリオール、ノースベイ、オタワケベック・シティセント・ジョンズ、スー・セント・マリー、サドベリー、シドニー(カナダ)、サンダーベイ、ティミンズ、ウィンザー(カナダ)、サーニア
カナダの旗 Sunwing Airlines バンクーバーハリファックス、スティーブンビル、ガンダー

ターミナル3[編集]

トロント・ピアソン国際空港
航空会社就航地
カナダの旗 ウエストジェット航空           カルガリー、シャーロットタウン、エドモントンハリファックスケロウナ、モンクトン、モントリオールオタワケベック・シティ、レジャイナ、セント・ジョンズサスカトゥーン、サンダーベイ、バンクーバーウィニペグ、ディアレイク、フォートマクマレー、シドニー(カナダ)、ビクトリア
カナダの旗 エア・トランザット モントリオール

米国線[編集]

ターミナル1[編集]

航空会社就航地
カナダの旗 エア・カナダ           ボストンシカゴ/オヘアデンバーフォートローダーデール、フォートマイヤーズ、ラスベガスロサンゼルス/LAXマイアミニューヨーク/ラガーディアニューアークオーランドフィラデルフィアフェニックスポートランド(オレゴン州)サンディエゴサンフランシスコシアトルタンパワシントンD.C./レーガン、サラソタ/ブラデントン、ウエストパームビーチ
カナダの旗 エア・カナダ・エクスプレス
(ジャズ航空)
アトランタボルチモア/ワシントンボストンシャーロットシカゴ/オヘアシンシナティクリーブランドコロンバス(オハイオ州)ダラス/フォートワースデトロイトハートフォードヒューストンインディアナポリスカンザスシティメンフィスミルウォーキーミネアポリス=セントポールナッシュビルニューアークニューオーリンズピッツバーグローリー/ダーラムリッチモンド(バージニア州)セントルイス、アレンタウン、オールバニ、グランドラピッズ、ハリスバーグポートランド(メイン州)プロビデンス、ロチェスター、シラキュース
カナダの旗 Sunwing Airlines ラスベガスオーランド、セントピーターズバーグ/クリアウォーター(フロリダ州)、フォートローダーデール
アメリカ合衆国の旗 ユナイテッド航空 シカゴ/オヘアサンフランシスコ
アメリカ合衆国の旗 ユナイテッド・エクスプレス ワシントンD.C./ダレスデンバーヒューストンシカゴ/オヘアクリーブランドニューアークヒューストン
アメリカ合衆国の旗 アメリカン航空 シャーロット
アメリカ合衆国の旗 エンヴォイ・エア(旧アメリカン・イーグル航空 シャーロットフィラデルフィア

ターミナル3[編集]

航空会社就航地
カナダの旗 ウエストジェット航空 フォートローダーデール、フォートメイヤーズ、ラスベガスマイアミオーランドタンパパームスプリングス
カナダの旗 エア・トランザット オーランドフォートローダーデール
アメリカ合衆国の旗 アメリカン航空 シカゴ/オヘアダラス/フォートワースロサンゼルス/LAXマイアミ
アメリカ合衆国の旗 エンヴォイ・エア(旧アメリカン・イーグル航空 シカゴ/オヘアニューヨーク/JFKニューヨーク/ラガーディア
アメリカ合衆国の旗 デルタ・コネクション アトランタシンシナティボストンニューヨーク/JFKシンシナティデトロイトミネアポリス=セントポール

国際線[編集]

ターミナル1[編集]

航空会社就航地
カナダの旗 エア・カナダ             アンティグア(セントジョーンズ)オラニエスタッド(アルバ)ブリッジタウン(バルバドス)北京/首都、バミューダ、ボゴタブリュッセルブエノスアイレスカンクンカラカス、カヨ・ココ(キューバ)、コペンハーゲン、コスメル島(メキシコ)、フランクフルトジュネーヴナッソー(バハマ)、ジョージタウン(グランドケイマン諸島)、ハバナ、オルギン(キューバ)、香港、イスタパ・シワタネホ、キングストン(ジャマイカ)リマロンドン/LHRメキシコシティ、モンテゴベイ、ミュンヘンナッソー(バハマ)パリ/CDGプロビデンシアレス島、プエルト・プラタ、プエルト・バジャルタ/リビエラナヤリ、プンタ・カーナ、セント・ルシア、サマーナ、サンホセ(コスタリカ)、サンタクララ(キューバ)、サンティアゴ(チリ)サンパウロリオデジャネイロ上海/浦東シドニー東京/羽田イスタンブール、バラデロ、チューリッヒアテネバルセロナ、カヨラルゴ・デル・スル(キューバ)、キュラソーダブリンセント・ジョンズ(グレナダ)、ラ・ロマーナ(ドミニカ共和国)、リベリア(コスタリカ)マドリードローマセントクリストファー・ネイビスセント・マーチンシャーロット・アマリー(セント・トーマス島)、サンホセ・デル・カボ(メキシコ)、サンファン(プエルトリコ)テルアビブ(イスラエル)
カナダの旗Sunwing Airlines カヨ・ココ(キューバ)、カンクン、オルギン(キューバ)、セント・ジョンズ(グレナダ)、モンテゴベイ、マサトラン(メキシコ)、パナマシティポート・オブ・スペイン(トリニダード・トバゴ)、プエルト・プラタ、プエルト・バジャルタ/リビエラナヤリ、ワタルコ、メキシコシティ、イスタパ・シワタネホ、キングストン(ジャマイカ)ナッソー(バハマ)、プンタ・カーナ、サンホセ・デル・カボ(メキシコ)、マンサニージョ(キューバ)、サンタクララ(キューバ)、バラデロ、サンファン(プエルトリコ)、シエンフエゴス(キューバ)、サンティアゴデクーバ(キューバ)、セント・マーチン、ラ・ロマーナ(ドミニカ共和国)、リベリア(コスタリカ)、ロアタン(ホンジュラス)、カマグエイ、アカプルコブリッジタウン(バルバドス)オラニエスタッド(アルバ)アムステルダムロンドン/LGWパリ/CDGポルトローマ
パナマの旗 コパ航空 パナマシティ
ドイツの旗 ルフトハンザドイツ航空 フランクフルトデュッセルドルフ
オランダの旗 アークフライ アムステルダム
オーストリアの旗 オーストリア航空 ウィーン
イタリアの旗 アリタリア-イタリア航空 ローマ
ポーランドの旗 LOTポーランド航空 ワルシャワ
日本の旗 全日本空輸 東京/羽田
台湾の旗 エバー航空 台北/桃園
アラブ首長国連邦の旗 エミレーツ航空 ドバイ
アラブ首長国連邦の旗 エティハド航空 アブダビ
インドの旗 エア・インディア デリーアムリトサル
インドの旗 ジェットエアウェイズ デリーブリュッセル
トルコの旗 ターキッシュ エアラインズ イスタンブール

ターミナル3[編集]

航空会社就航地
カナダの旗 ウエストジェット航空             ブリッジタウン(バルバドス)、バミューダ、カンクン、カヨ・ココ(キューバ)、ジョージタウン(グランドケイマン諸島)、モンテゴベイ、ナッソー(バハマ)プロビデンシアレス島、プエルト・プラタ、プエルト・バジャルタ/リビエラナヤリ、プンタ・カーナ、セント・ルシアセント・マーチン、サマーナ、バラデロ、フリーポート、ラ・ロマーナ(ドミニカ共和国)、オルギン(キューバ)、サンファン(プエルトリコ)、サンタクララ(キューバ)
カナダの旗 エア・トランザット アムステルダムイスタンブールフランクフルトハンブルクミュンヘンウィーンアテネバルセロナローマヴェネツィア、ラメーツィア・テルメ、ペスカーラ、パリ/CDGリヨンマルセイユナント(フランス)カンクンマドリードマラガダブリンシャノン(アイルランド)ファロ(ポルトガル)リスボンポルトリスボンポルトポンタ・デルガダ(ポルトガル)テルセイラ島(ポルトガル)ロンドン/LHRロンドン/LGWマンチェスターバーミンガム、エクセター、ニューカッスル、グラスゴー、イスタパ・シワタネホ、プンタ・カーナ、モンテゴベイ、マンサニージョ(メキシコ)、サンタクララ(キューバ)、バラデロ、アンティグア(セントジョーンズ)オラニエスタッド(アルバ)、カマグエイ、カヨ・ココ(キューバ)、ラ・ロマーナ(ドミニカ共和国)、セント・ジョンズ(グレナダ)パナマシティポート・オブ・スペイン(トリニダード・トバゴ)、プエルト・プラタ、プエルト・バジャルタ/リビエラナヤリ、セント・ルシアセント・マーチン、サマーナ、サンホセ(コスタリカ)サンサルバドル
イギリスの旗 ブリティッシュ・エアウェイズ ロンドン/LHR
オランダの旗 KLMオランダ航空 アムステルダム
フランスの旗 エールフランス パリ/CDG
アイスランドの旗 アイスランド航空 レイキャビク
フィンランドの旗 フィンエアー ヘルシンキ
ロシアの旗 トランスアエロ航空 モスクワ/ドモジェドヴォ
ウクライナの旗 アエロスヴィート航空 キエフ
大韓民国の旗 大韓航空ソウル/仁川
香港の旗 キャセイパシフィック航空 香港
中華人民共和国の旗 海南航空 北京/首都
中華人民共和国の旗 中国東方航空 上海/浦東
フィリピンの旗 フィリピン航空マニラ
イスラエルの旗 エル・アル航空テルアビブ
パキスタンの旗 パキスタン国際航空イスラマバードカラチラホール
トリニダード・トバゴの旗 カリビアン航空キングストンポート・オブ・スペイン
キューバの旗 クバーナ航空カマグエイ、シエンフエゴス(メキシコ)、ハバナ、オルギン、バルデロ
エルサルバドルの旗 TACA航空サンサルバドル
ポルトガルの旗 SATA Internationalリスボンポルトポンタ・デルガダテルセイラ島


に加えて、多くの貨物航空会社がこの空港に就航する。

地域別就航先一覧[編集]

  • 北アメリカ
カナダの旗 バンクーバーオタワモントリオールケベックシティウィニペグエドモントンカルガリーハリファックスビクトリアレジャイナサスカトゥーンモンクトンディアレイクフォートマクマレーシャーロットタウンセントジョンズケロウナフレデリクトンキングストンロンドンノースベイセントジョンスーセントマリーサドバリーシドニーサンダーベイティミンズウィンザーサーニア
アメリカ合衆国の旗 シカゴボストンニューヨークフィラデルフィアヒューストンロサンゼルスサンフランシスコシアトルワシントンD.C.アトランタデトロイトシンシナティラスベガスメンフィスミネアポリスクリーブランドシャーロットデンバーダラスアトランティックシティマイアミタンパフォートローダーデールフォートマイヤーズオーランドウェストパームビーチサラソタボルティモアコロンバスハートフォードインディアナポリスカンザスシティミルウォーキーナッシュビルピッツバーグローリーリッチモンドセントルイスアレンタウンオールバニデイトングランドラピッズハリスバーグマンチェスタープロビデンスロチェスター
バミューダ諸島の旗 バミューダ諸島
  • 中米・カリブ海
メキシコの旗 メキシコシティカンクンコスメルプエルト・バジャルタイスタパ/シウアタネッホ
ドミニカ共和国の旗 プエルト・プラタプンタ・カナラ・ロマーナサマナー
キューバの旗 ハバナカヨ・ココカマグエイシエンフエゴスオルギンサンタ・クララサンティアーゴ・デ・クーババラデーロ
ジャマイカの旗 キングストンモンテゴベイ
コスタリカの旗 サンホセリベリア
オランダの旗 シント・マールテン島アルバ
バハマの旗 ナッソーフリーポート
エルサルバドルの旗 サンサルバドルトリニダード・トバゴの旗 ポートオブスペインバルバドスの旗 バルバドスセントルシアの旗 セントルシアアンティグア・バーブーダの旗 アンティグア・バーブーダプエルトリコの旗 サンフアンタークス・カイコス諸島の旗 プロビデンシアレス島英語版グレナダの旗 セントジョージズケイマン諸島の旗 グランドケイマンパナマの旗 パナマシティ
  • 南米
コロンビアの旗 ボゴタカルタヘナ
チリの旗 サンティアゴアルゼンチンの旗 ブエノスアイレスベネズエラの旗 カラカスペルーの旗 リマブラジルの旗 サンパウロ
  • ヨーロッパ
イギリスの旗 ロンドングラスゴーマンチェスターニューカッスルバーミンガムエジンバラ
ドイツの旗 フランクフルトミュンヘンハンブルクデュッセルドルフ
ポルトガルの旗 リスボンファロテルセイラ島ポルトポンタ・デルガダ
イタリアの旗 ローマヴェネツィア
スペインの旗 マドリッドバルセロナマラガ
アイルランドの旗 ダブリン、シャノン
ウクライナの旗 キエフフィンランドの旗 ヘルシンキオランダの旗 アムステルダムロシアの旗 モスクワスイスの旗 チューリッヒフランスの旗 パリアイスランドの旗 レイキャビクポーランドの旗 ワルシャワデンマークの旗 コペンハーゲンオーストリアの旗 ウィーンギリシャの旗 アテネベルギーの旗 ブリュッセルトルコの旗 イスタンブール
  • アジア
パキスタンの旗 イスラマバードカラチラホール
インドの旗 デリーアムリトサル
中華人民共和国の旗 北京上海
香港の旗 香港台湾の旗 台北大韓民国の旗 ソウル日本の旗 東京、、フィリピンの旗 マニライスラエルの旗 テルアビブアラブ首長国連邦の旗 ドバイ

空港アクセス[編集]

脚注[編集]