トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
トワイライト・サーガ/
ブレイキング・ドーン Part2
The Twilight Saga:
Breaking Dawn - Part 2
監督 ビル・コンドン
脚本 メリッサ・ローゼンバーグ英語版
ステファニー・メイヤー
原作 ステファニー・メイヤー
『トワイライトIV』
製作 ウィク・ゴッドフリー
カレン・ローゼンフェルト
ステファニー・メイヤー
製作総指揮 マーティ・ボーウェン
グレッグ・ムーラディアン
マーク・モーガン
ガイ・オゼアリー
出演者 クリステン・スチュワート
ロバート・パティンソン
テイラー・ロートナー
音楽 カーター・バーウェル
撮影 ギレルモ・ナヴァロ
編集 ヴァージニア・カッツ
製作会社 テンプル・ヒル・エンターテインメント
サミット・エンターテインメント
配給 アメリカ合衆国の旗 サミット・エンターテインメント
日本の旗 角川映画
公開 アメリカ合衆国の旗 2012年11月16日
日本の旗 2012年12月28日
上映時間 116分[1][2][3]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $120,000,000[3]
興行収入 $829,685,377[3]
4億5000万円[4] 日本の旗
前作 トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part1
テンプレートを表示

トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part2』(The Twilight Saga: Breaking Dawn – Part 2)は、ビル・コンドン監督による2012年の恋愛ファンタジー映画である。ステファニー・メイヤーの小説を原作とした『トワイライト・サーガ』シリーズの5作目で、2分割された最終章の後編である。クリステン・スチュワートロバート・パティンソンテイラー・ロートナーがこれまでと同じく主要3キャラクターを演じる。

キャスト[編集]

役名 俳優[5] 日本語吹替
ベラ・カレン クリステン・スチュワート 木下紗華
エドワード・カレン ロバート・パティンソン 櫻井孝宏
ジェイコブ・ブラック テイラー・ロートナー 細谷佳正
レネズミ・カレン マッケンジー・フォイ 豊崎愛生
アリス・カレン アシュリー・グリーン
イリーナ マギー・グレイス
アロ マイケル・シーン 家中宏
カーライル・カレン ピーター・ファシネリ
エズミ・カレン エリザベス・リーサー
ジャスパー・ヘイル ジャクソン・ラスボーン
ロザリー・ヘイル ニッキー・リード
エメット・カレン ケラン・ラッツ
カイウス ジェイミー・キャンベル・バウアー
ジェーン ダコタ・ファニング うえだ星子
マーカス クリストファー・ハイアーダール英語版
チャーリー・スワン ビリー・バーク
ギャレット リー・ペイス
ケイト ケイシー・ラボウ
ターニャ マイアンナ・バーリング英語版
ウラジミール ノエル・フィッシャー英語版
アリステア ジョー・アンダーソン
アレック キャメロン・ブライト
ティア アンジェラ・サラフィアン英語版
ベンジャミン ラミ・マレック
セス・クリアウォーター ブーブー・スチュワート
フェリックス ダニエル・クドモア
エレアザル クリスチャン・カマルゴ
カルメン ミア・マエストロ
フィル タイ・オルソン
ポール アレックス・メラズ英語版
ザフリナ ジュディス・シェコーニ英語版
ディミトリ チャーリー・ビューリー英語版
ナウエル J・D・パルド英語版
リア・クリアウォーター ジュリア・ジョーンズ英語版
サンティアゴ ラティーフ・クラウダー英語版
マリー トニ・トラックス英語版
ケビ アンドレア・ガブリエル
エンブリー・コール キオワ・ゴードン英語版
サム・ウーレイ チャスク・スペンサー英語版
ジャレッド ブロンソン・ペルティエ英語版
ヒュイレン マリサ・クイン英語版
オムン オマー・メトワリー英語版
シャーロッテ ヴァロリー・カリー
セナ トレイシー・ヘギンズ
マギー マーレイン・バーンズ
ステファン グーリー・ワインバーグ
シボーン リサ・ハワード
リアム パトリック・ブレナン

製作[編集]

撮影[編集]

撮影は2010年11月1日に始まり、2011年4月15日に完了した。ロケ地は主にルイジアナ州バトンルージュブリティッシュコロンビア州バンクーバー、バントンルージュのローリー・スタジオである。

2012年4月、スチュワートとパティンソンを含むキャストとスタッフが技術的作業のための追加撮影のために再結集した。この再撮影には新しいシーンや台詞は含まれなかった[6]

音楽[編集]

2012年1月、『Part2』のサウンドトラックの製作がすでに始まっていることが報じられた[7]

映画音楽は、『トワイライト〜初恋〜』、『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part1』でも務めたカーター・バーウェルが作曲した。

評価[編集]

興行収入[編集]

アメリカ合衆国とカナダで2億9232万4737ドル、その他の国々で5億3736万640ドル、全世界で8億2968万5377ドルを売り上げている[3]。2012年では5番目、歴代では36番目の興行収入であり、『トワイライト・サーガ』シリーズでは最高である。全世界でのオープニング興行収入は3億4090万ドルであるがこれは歴代で8位、『トワイライト・サーガ』では最高、非夏期公開作品としても歴代最高である[8]

アメリカ合衆国とカナダでは公開初日木曜の深夜上映のみで3040万ドルを売り上げた[9][10][11]。これはシリーズ3位の成績である[12][13]。初日全体の興行収入は7120万ドルであるがこれもまたシリーズ3位の成績である[14]。公開初週末全体では1億4110万ドルを売り上げたが[15]、これは初週末成績としては歴代8位[16]、シリーズ2位[17]、11月公開作品歴代2位[18]、2012年公開作品4位の記録である[19]。次の週末3日間では69.1%下落した4360万ドルで連続1位となった。また感謝祭シーズン5日間の合計では6440万ドルとなった[20]。第3週末では60.1%下落した1740万ドルとなったが、1位を保持した[21]

アメリカ合衆国とカナダ以外では、2012年11月14日水曜に6カ国で封切られ、初日で1380万ドルを売り上げた。翌木曜には37カ国に増え、3880万ドルに達した。金曜にはさらに24カ国で封切られ合計61カ国となった[22]。日曜までに61カ国1万2812スクリーンで1億9950万ドルを売り上げた。これはシリーズ最高額であり、また、歴代の北米外のオープニングでは8位、2012年では最高の成績である[23]。IMAX上映は82箇所で行われ、300万ドルを売り上げた[24]。最も高かったのはイギリス・アイルランド・マルタの2440万ドル、次いでロシア・CISの2030万ドル、ブラジルの1900万ドルである。スペインでは公開3日間の新記録である1180万ドルを売り上げた[25]

批評家の反応[編集]

批評家の反応は賛否別れたが、概ね前作よりは向上した。Rotten Tomatoesでは176件のレビューで支持率は48%となった[26]。またMetacriticでは31媒体のレビューで加重平均値は52/100となった[27]

ハリウッド・リポーター』のトッド・マッカーシーは、「不滅のベラとエドワードのロマンスの最終章は、息を切らして待っている世界の観客たちが望むものを与えるだろう」と書いた[28]。『エンターテインメント・ウィークリー』のオーウェン・グレイバーマンは「『ブレイキング・ドーン Part2』は、ゆっくりと始まるが、勢いを増し、ベラとエドワードがヴォルトゥーリに対して団結し、映画は本物の驚異を持っている」と書いた[29]。『ニューヨーク・タイムズ』のマノーラ・ダルギスは「スロースタートにもかかわらず、コンドン氏は細かい、滑らかなスタイルでシリーズを終了させる。彼はファンたちに美しい花、整った髪、そして少しエロティックで、夢のようなキスを与える」と述べた[30]

受賞とノミネート[編集]

部門 候補者 結果
ゴールデンラズベリー賞[31] 最低作品賞 『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part2』 受賞
最低監督賞 ビル・コンドン 受賞
最低主演男優賞 ロバート・パティンソン ノミネート
最低主演女優賞 クリステン・スチュワート 受賞
最低助演男優賞 テイラー・ロートナー 受賞
最低助演女優賞 アシュリー・グリーン ノミネート
最低スクリーンカップル賞 ロバート・パティンソン & クリステン・スチュワート ノミネート
マッケンジー・フォイ & テイラー・ロートナー 受賞
最低スクリーンアンサンブル賞 キャスト全員 受賞
最低前日譚・リメイク・盗作・続編賞 『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part2』 受賞
最低脚本賞 メリッサ・ローゼンバーグ、ステファニー・メイヤー ノミネート

参考文献[編集]

  1. ^ West, Kelly (2012年8月28日). “Two New Breaking Dawn Part 2 Photos, Director Updates On Run Time”. Cinema Blend. 2012年9月24日閲覧。
  2. ^ Chitwood, Adam (2012年8月28日). “New Images from TWILIGHT: BREAKING DAWN – PART 2; Plus Bill Condon Talks Runtime and the Film’s Finale”. Collider. 2012年9月24日閲覧。
  3. ^ a b c d 'The Twilight Saga: Breaking Dawn – Part 2'”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2013年9月26日閲覧。
  4. ^ キネマ旬報」2014年2月下旬決算特別号 207頁
  5. ^ “The Twilight Saga: Breaking Dawn Confirmed for Two Films”. ComingSoon.net. (2010年6月11日). http://www.comingsoon.net/news/movienews.php?id=66978 2010年6月11日閲覧。 
  6. ^ Bill Condon (2012年4月15日). “A Production Update From Bill Condon”. Facebook. 2012年4月15日閲覧。
  7. ^ Benson, Kirstin (2012年1月30日). “‘Breaking Dawn: Part 2′ Soundtrack Started, Says Insider”. www.hollywoodlife.com: Hollywood Life. 2012年1月31日閲覧。
  8. ^ All Time Worldwide Opening Weekend Records at the Box Office
  9. ^ Ben Fritz. “Final 'Twilight' film grosses $30.4 million in late-night shows”. 2012年11月16日閲覧。
  10. ^ Ben Fritz. “Final 'Twilight' film grosses $30.4 million in late-night shows”. Los Angeles Times. 2012年11月16日閲覧。
  11. ^ Fritz, Ben (2012年7月20日). “'Dark Knight Rises' collects $30.6 million from midnight screenings”. Los Angeles Times. http://www.latimes.com/entertainment/envelope/cotown/la-et-ct-midnight-dark-knight-rises-20120720,0,2133469.story 2012年11月16日閲覧。 
  12. ^ Pamela McClintock. “Box Office Report: 'Breaking Dawn – Part 2' Earns $30.4 Million in Thursday Night Runs”. The Hollywood Reporter. 2012年11月16日閲覧。
  13. ^ Ray Subers. “'Breaking Dawn Part 2' Earns $30.4 Million from Midnight/Thursday Night Shows”. Box Office Mojo. 2012年11月16日閲覧。
  14. ^ Ray Subers. “Friday Report: 'Breaking Dawn Part 2' Just Shy of Franchise Record”. Box Office Mojo. 2012年11月17日閲覧。
  15. ^ Weekend Report: 'Breaking Dawn' Ends 'Twilight' Franchise on Strong Note
  16. ^ Box office report: 'Breaking Dawn – Part 2' just misses 'Twilight' record with $141.3M, 'Lincoln' expands successfully
  17. ^ Twilight Opening Weekends
  18. ^ TOP OPENING WEEKENDS BY MONTH: November
  19. ^ Weekend Report: 'Breaking Dawn' Ends 'Twilight' Franchise on Strong Note
  20. ^ Weekend Report: 'Twilight,' Bond Dominate Fruitful Thanksgiving
  21. ^ Weekend Report: Holdovers Hang On, 'Killing' 'Soft' in Seventh
  22. ^ Finke, Nikki (2012年11月18日). “‘Breaking Dawn 2′ Foreign’s $199.6M Sets Twilight Saga Overseas Opening Record”. Deadline Hollywood. http://www.deadline.com/2012/11/breaking-dawn-2-smashing-records-overseas-as-twilight-saga-takes-last-box-office-bite/ 2012年11月18日閲覧。 
  23. ^ Subers, Ray (2012年11月18日). “Around-the-World Roundup: 'Breaking Dawn' Earns Massive $199.6 Million Overseas”. Box Office Mojo. http://boxofficemojo.com/news/?id=3571&p=.htm 2012年11月18日閲覧。 
  24. ^ Segers, Frank (2012年11月18日). “Foreign Box Office: Twilight's 'Breaking Dawn – Part 2' Launching the Biggest Foreign Opening of 2012”. The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/news/foreign-box-office-twilights-breaking-391798 2012年11月18日閲覧。 
  25. ^ “'Breaking Dawn – Part 2' Reaches $199.6 Million Overseas; $340.9 Million Worldwide”. boxoffice.com. (2012年11月18日). http://www.boxoffice.com/latest-news/2012-11-17-international-breaking-dawn-part-2-boasts-388-million 2012年11月18日閲覧。 
  26. ^ The Twilight Saga: Breaking Dawn Part 2 (2012) @ Rotten Tomatoes
  27. ^ The Twilight Saga: Breaking Dawn – Part 2”. Metacritic. 2012年11月23日閲覧。
  28. ^ The Twilight Saga: Breaking Dawn – Part 2”. The Hollywood Reporter. 2012年11月30日閲覧。
  29. ^ Movie Review The Twilight Saga: Breaking Dawn – Part 2 (2012)”. Entertainment Weekly. 2012年11月30日閲覧。
  30. ^ Infusing the Bloodline With a Problem Child”. The New York Times. 2012年11月30日閲覧。
  31. ^ “The 33rd Annual RAZZIE® Awards In Hollywood, Everything “New” is Old Again — Big Budget B.O. Bombs, Sandler and TWILIGHT #5 Make 2012 RAZZIE® List”. ゴールデンラズベリー財団. http://www.razzies.com/history/33rdNoms.asp 2013年1月10日閲覧。