トンギョンイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

トンギョンイ동경이, Dong-gyeong)は、韓国原産の犬種。無尾または短尾である。東京犬(トンギョンゲ、동경개)、テンギョン(댕견)とも言われる。東京犬という呼び方の「東京」は慶州市の古名に由来しており、日本の東京都とは関係ない。

17世紀に記された慶州地域の地誌『東京雑記韓国語版』や、18世紀の『増補文献備考韓国語版』といった文献から、慶州地域で広く飼育されてきた犬種として知られる。新羅古墳からは犬をかたどった土偶が発掘されるなど、歴史的・文化的な価値は高い。現代、慶州で飼育されている「慶州犬トンギョンイ(경주개 동경이)」は、短尾または無尾である特徴が文献記録と一致している。遺伝子検査の結果からは、 토종개に属することが明らかとなった[1]

2012年11月6日に、「慶州犬トンギョンイ(경주개 동경이)」として韓国の天然記念物第540号に指定された。

特徴[編集]

日本犬に似ているが、無尾または短尾である。

脚注[編集]

  1. ^ ‘경주개 동경이’ 천연기념물 지정”. 문화재청 (2012年11月6日). 2012年11月6日閲覧。[リンク切れ]