トントンあったと にいがたの昔ばなし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

トントンあったと にいがたの昔ばなし(トントンあったと にいがたのむかしばなし)は2003年10月より2007年2月まで、新潟県内で放映されたテレビアニメ。製作・著作は新潟放送

概要[編集]

  • 現在まで4シリーズが放映されている。新潟県内に伝わる昔話伝説アニメーションで紹介していく。アニメも通常のアニメあり、版画あり、3Dありとバラエティーに富んでいる。
第1シリーズは2003年10月4日から12月27日まで、日曜日の11時から15分間放映。全13回で13話。
第2シリーズは2004年10月2日から12月25日まで、日曜日の11時から30分間放映。第2シリーズから1回の放映で2話ずつ紹介されるようになったが、全13回で26話の内、新作は18話で、残り8話は第1シリーズの再放映。
第3シリーズは2005年12月3日から2006年2月25日まで、土曜日の17時30分から30分間放映。全13回ですべて新作の26話が放映された。
第4シリーズは2006年12月3日から2007年2月25日まで、日曜日の16時30分から30分間放映。全13回で26話が放映された。これまでのシリーズに比べ、新潟県内に伝わる伝説が多く紹介されている。

スタッフ[編集]

  • 音楽:笠松美樹
  • 撮影監督:館信一郎(第1シリーズ)、栗本真由美
  • 編集:古川雅士
  • 音響監督:藤山房伸
  • 構成:並木さとし
  • 監督:小華和ためお
  • 制作:加藤真理子
  • プロデューサー:南加乃子、金正廣
  • 製作・著作:新潟放送(BSN)
  • 演出:上田あけみ、小華和ためお、柏木郷子、辻伸一、林一哉、前田康成、松崎一、三善和彦、若林常夫、館信一郎
  • 作画:柏木郷子、鈴木欽一郎、辻伸一、林一哉、林桂子、深町明良、前田康成、松崎一、三善和彦、若林常夫
  • 絵師:しもゆきこ
  • 美術:青木稔、門屋達郎、田中静恵、前田康成、三善和彦、渡辺由美、安藤ひろみ

声の出演[編集]

主題歌[編集]

オープニング[編集]

  • 越後の里歌
作詞:東郷幸枝 作曲・歌:笠松美樹

エンディング[編集]

  • お山でドンヒャララ
作詞:東郷幸枝 作曲・歌:笠松美樹

作品リスト[編集]

第1シリーズ[編集]

佐渡の白椿(見附
三枚のお札(小千谷
米山さん(柏崎
ねずみのすもう(長岡
大根と人参と牛蒡(水原
聞き耳ずきん(長岡)
天狗の鼻扇(
へっぴり嫁(佐渡
和尚さまと小僧さん(長岡)
炭焼き長者(長岡)
しっぺい太郎(長岡)
きつねとかわうそ(長岡)
大年の客(刈羽

第2シリーズ[編集]

軽業どんと医者どんと神主どん(松之山
ねずみ経(上越
松山鏡(新津
山伏と狐(長岡)
栃尾の馬市(長岡)
豆の木御門(柏崎)
稲刈り仁王(柏崎)
宝ゲタ(山古志
風の神と子ども(山古志)
片羽千里(佐渡)
古やのもり(長岡)
粟福米福(栃尾
せみや長者(守門
かながめのばけもの(守門)
見るなの花座敷(栃尾)
ムジナとマムシの恩返し(佐渡)
雪太郎(
初夢(朝日

第3シリーズ[編集]

頭すりムジナ
ばばかわ
ねずみむかし
鮭の大助小助
鳥のみじさ
恩返しの旅
びんぼう神
漁師とおろく
おけさの歌(佐渡)
天福地福
にじのよめ(村上
塩ひきうす
一わのわら
銀山平の雪女(湯ノ谷
絵すがた女房
何が一番嫌いだ
馬の卵
さば売りどん
地蔵じょうど
福は内、鬼も内
若がえり酒
ばっりょばっりょ
お三狐
大里峠
かえるの嫁さ
坊が池

第4シリーズ[編集]

春の風
サルの生きぎも
五郎狐
山こえ物語
金のふんをひるミミズ
機巻天女
狐と狸の化かしあい
赤猫・黒猫・三毛猫
燃える風
金北山の神様と鬼
高瀬屋の櫂
かっぱの証文
生き地蔵
女の福運
あじさいの花
山のさいふ海のさいふ
宝馬鍬
食器の小判
カジカ石
たよ様と狐どん
竜の剣堀
西山日光寺の猫ばなし
伊久里の藤
猿と雉
おとわ池

   

備考[編集]

  • 新潟放送からDVDが発売されている。
  • スポンサー東京電力柏崎刈羽原子力発電所である。
  • 厚生労働省社会保障審議会推薦児童福祉文化財、新潟県推奨優良放送に選定された。
  • 平成18年日本民間放送連盟賞 特別表彰部門(青少年向け番組)優秀賞受賞。