トンブリー駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
トンブリー駅
旧トンブリー駅
旧トンブリー駅
ธนบุรี
Thonburi
(Bangkok Noi)
(0.67km) チャランサニットウォン駅
所在地 タイ王国の旗 タイバンコク都バーンコークノーイ区
所属事業者 タイ国有鉄道
等級 一等駅
所属路線 南本線
キロ程 0.87km(旧トンブリー駅起点)
電報略号 ธบ.
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1903年6月19日
テンプレートを表示

トンブリー駅 (トンブリーえき、タイ語:สถานีรถไฟธนบุรี)は、タイ王国首都バンコク都バーンコークノーイ区にある、タイ国有鉄道南本線鉄道駅である。バンコク・ノーイ駅とも呼ばれる。

概要[編集]

バンコクの王宮地域のチャオプラヤー川対岸に位置する。現在は、フワランポーン駅に次ぐバンコク第2の駅とされている。タイ南部および西部方面のローカル列車が発着する。

歴史[編集]

タイ国有鉄道南本線東北本線北本線に次ぐ3番目の幹線として1899年に着工された。南本線は前記2線とは異なり始めから1,000mm軌間を採用して敷設された[1]。(前記2線は当初は標準軌間である1,435mmで敷設されたがその後1,000mm軌間に改軌された[2]

1903年6月19日に旧トンブリー駅 - ペッチャブリー駅間が開通し、当駅もそれに伴い開業。

南本線のバンコクにおけるターミナルであったが、南本線はマレー鉄道と直通運行が可能な反面、他のタイ国鉄幹線区と接続しない分離線区となっていたことから、他線区との接続のため、1927年に、タリンチャン駅で南本線から分岐し、ラーマ6世橋でチャオプラヤー川を渡って北本線バーンスー駅へ至る連絡線が建設された[3]。連絡線の開通以降、南本線の主要列車の多くは北本線方面へ直通運行されるようになり、当駅発着列車はローカル列車が主体となった。 但し現在でもタイ国鉄では、公式には当駅を南本線の起点としており、南本線の営業キロ程も当駅(旧トンブリー駅)を起点としている。

第二次世界大戦中、バンコク空襲でラーマ6世橋が被爆し、連絡線が不通となっていた期間は一時的にターミナルとして活用されたが、戦後はラーマ6世橋が復旧され、主要列車は再び連絡線経由となっている。バンコク空襲では当駅も被害を受けた。

開業以来、チャオプラヤー川右岸に面した位置に立地していたが、2003年10月4日に西方にあった旧貨物扱施設の位置へ0.87km移転した[4]。旧駅の跡地は再開発用地となっている。

  • 1903年6月19日 【開業】旧トンブリー駅 - ペッチャブリー駅 (150.49km)
  • 2003年10月4日 【移転】旧トンブリー駅より西方へ0.87km移転

駅構造[編集]

単式及び島式1面の複合型ホーム2面2線をもつ地上駅であり、駅舎はホームに面している。

駅周辺[編集]

駅前には大きな市場がある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 柿崎一郎 『王国の鉄路 タイ鉄道の歴史』 (京都大学学術出版会、2010年)p.29
  2. ^ 柿崎一郎 『王国の鉄路 タイ鉄道の歴史』 (京都大学学術出版会、2010年)p.79
  3. ^ 『王国の鉄路 タイ鉄道の歴史』(柿崎一郎著、京都大学学術出版会、2010年)p.79 - 80
  4. ^ 『鉄道ピクトリアル』2000年10月号(No.691)p.79 電気車研究会

参考文献[編集]

  • 柿崎一郎 『王国の鉄路 タイ鉄道の歴史』 (京都大学学術出版会、2010年)ISBN 978-4-87698-848-8
  • 渡邉乙弘 『タイ国鉄4000キロの旅』 (文芸社、2013年)ISBN

関連項目[編集]