トンプソンルーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
トンプソンルーク Rugby union pictogram.svg
Luke Thompson 190920a.jpg
ラグビーワールドカップ2019
(2019年9月20日撮影)
基本情報
生年月日 (1981-04-16) 1981年4月16日(38歳)
出身地 ニュージーランドの旗クライストチャーチ
身長 1.96 m (6 ft 5 in)
体重 110 kg (17 st 5 lb)
学校 セントビーズ高校
大学 リンカーン大学
愛称 TOMO(トモ)
ラグビーユニオン経歴
ポジション ロック
アマチュア経歴
チーム 出場 (得点)
セントビーズ高校
リンカーン大学
()
シニア経歴
チーム 出場 (得点)
2004-2006
2006-
三洋電機
近鉄
()
州代表
チーム 出場 (得点)
カンダベリー ()
スーパーラグビー
チーム 出場 (得点)
2019- サンウルブズ 8 (0)
更新日:  2019年5月25日
国代表
チーム 出場 (得点)
2007-  日本 70 (45)
更新日:  2019年10月13日
■テンプレート

トンプソン ルークLuke Thompson1981年4月16日 - )は、2019年現在トップチャレンジリーグ近鉄ライナーズに所属するラグビー選手。旧登録名「ルーク・トンプソン」。2010年に帰化した。

プロフィール[編集]

経歴[編集]

セントビーズ高校、リンカーン大学出身。

ラグビー王国ニュージーランド出身選手でありながら、幼年期はサッカーを行っており、ラグビーを始めたのは13歳からとラグビー選手としてはキャリアの遅い選手である。すぐに14歳以下カンタベリー州代表に選ばれて以降、エイジレベルの各代表に選出されている[2]。高校4年生までバスケットボールをやっていた[3]

NPCのカンタベリーに所属を経て日本へ。2004年にはトップリーグ三洋電機ワイルドナイツ2006年度からは近鉄ライナーズに所属。2008年シーズンから2010年まで近鉄ライナーズのキャプテンを務めた。80年を誇る近鉄ライナーズの歴史の中で初の外国人キャプテンである。

日本代表としてラグビーワールドカップ2007ラグビーワールドカップ2011ラグビーワールドカップ2015ラグビーワールドカップ2019に4連続出場した。

2010年7月日本国籍取得[4]

2015年ラグビーワールドカップ2015の日本代表に選ばれる[5]。自身にとって最後のチャンスと位置付けて挑んだ大会で代表チームの躍進に大きく貢献し、ベースボール・マガジン社が発行する『ラグビーマガジン』12月号において、『読者が選ぶワールドカップMVP』に断トツの票数で選出された。最後の試合となったアメリカ戦終了後のインタビューで、代表引退を表明していたが、2017年6月に再び代表に選出。

2019年2月にはサンウルブズの2019年スコッドに追加招集された[6]。また同年8月、ラグビーワールドカップ2019の日本代表に選出された[7]。日本チーム最年長のトンプソンは、9月に開幕したW杯本大会開幕戦のロシア戦で4大会連続の試合出場を達成し、W杯史上3番目(日本代表1位)に年長の試合出場選手となった。また、チーム4試合目のスコットランド戦で自身通算13試合目のW杯試合出場となり、W杯の日本代表選手最多出場試合数記録を更新した[8]

人物[編集]

  • 父はラグビー選手でカンタベリー州代表、弟は競馬の騎手(馬車を引く競技)、妹はネットボールのニュージーランド代表というスポーツ一家である[2]
  • 2019年度、東大阪小売商業団体連合会の東大阪のお買い物促進ポスターに起用される[9]

出典[編集]

関連項目[編集]