トンマーゾ・ロッキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
トンマーゾ・ロッキ Football pictogram.svg
Rocchi Tommaso.jpg
ラツィオ時代(2008年)
名前
ラテン文字 Tommaso Rocchi
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1977-09-19) 1977年9月19日(41歳)
出身地 ヴェネツィア
身長 177cm
体重 71kg
選手情報
ポジション FW (CF)
利き足 右足
ユース
1986-1993 イタリアの旗 ヴェネツィア
1994-1996 イタリアの旗 ユヴェントス
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1995-1998 イタリアの旗 ユヴェントス 0 (0)
1996-1997 イタリアの旗 プロ・パトリア (loan) 27 (6)
1997 イタリアの旗 フェルマーナイタリア語版(loan) 4 (0)
1997-1998 イタリアの旗 サロンノイタリア語版(loan) 28 (10)
1998-2000 イタリアの旗 コモ 62 (20)
2000-2001 イタリアの旗 トレヴィーゾ 37 (8)
2001-2004 イタリアの旗 エンポリ 104 (28)
2004-2012 イタリアの旗 ラツィオ 235 (82)
2013 イタリアの旗 インテル・ミラノ 13 (3)
2013-2014 イタリアの旗 パドヴァ 18 (5)
2014-2015 ハンガリーの旗 ハラダーシュ 17 (3)
2015-2016 ハンガリーの旗 タタバーニャ 0 (0)
1995-2016 通算 545 (165)
代表歴2
1995 イタリアの旗 イタリア U-17 7 (4)
1995-1996 イタリアの旗 イタリア U-18 8 (3)
1998 イタリアの旗 イタリア U-21 1 (1)
2008 イタリアの旗 イタリア オリンピック 2 (1)
2006-2007 イタリアの旗 イタリア 3 (0)
監督歴
2016-2017 イタリアの旗 ラツィオ U-13
2017-2018 イタリアの旗 ラツィオ U-15
2018- イタリアの旗 ラツィオ U-14
1. 国内リーグ戦に限る。
2. 2019年1月17日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

トンマーゾ・ロッキTommaso Rocchi, 1977年9月19日 - )は、イタリアヴェネツィア出身の元同国代表サッカー選手、現サッカー指導者。現役時代のポジションはフォワード

経歴[編集]

2004年から所属したSSラツィオではキャプテンを務め、リーグ戦200試合以上に出場した。2008年2月20日、クラブとの契約を5年延長した[1]。2009年にはクラブのコッパ・イタリア及びスーペルコッパ・イタリアーナ優勝に貢献した[2]

2011-12シーズンミロスラフ・クローゼの加入や負傷の影響により出場機会が減少。2013年1月4日、前日より練習に参加していたインテルナツィオナーレ・ミラノに移籍することが発表された[3]。4月8日のアタランタBC戦で加入後初ゴールとなる先制点を挙げ、セリエA通算100得点を達成した[4]

シーズンが閉幕すると契約満了に伴いインテルを退団しフリーとなる。11月13日、セリエBカルチョ・パドヴァとシーズン終了までの契約を締結した[5]

2014年8月22日、ソンバトヘイ・ハラダーシュへフリートランスファーで加入[6]。ラツィオ時代の同僚であったエミウソン・クリバリと再会した。翌シーズンからは同胞のブルーノ・ジョルダーノ率いるFCタタバーニャで1年間プレーした[7]

指導歴[編集]

2016-17シーズンよりSSラツィオ下部組織で指導者としての経験を積む[8]。2018-19シーズンは同クラブのU-14部門で指揮を執る[9]

代表歴[編集]

2006年8月にイタリア代表デビューを飾る。

2008年には北京オリンピックオーバーエイジ枠で出場。大会途中で腓骨を骨折しながらもグループリーグ第2戦の韓国戦に出場しゴールを決めた。

タイトル[編集]

ユヴェントス
ラツィオ

脚注[編集]

  1. ^ ラツィオ、イタリア代表ロッキと契約延長”. ゲキサカ (2008年2月21日). 2019年1月17日閲覧。
  2. ^ ロッキ:「インテルより優れていた」”. Goal.com (2009年8月9日). 2019年1月17日閲覧。
  3. ^ ロッキのインテル移籍が正式決定”. Goal.com (2013年1月4日). 2019年1月17日閲覧。
  4. ^ 通算100得点のロッキ 「勝利で祝いたかった」”. Goal.com (2013年4月8日). 2019年1月17日閲覧。
  5. ^ 元インテルのロッキ、セリエBで再出発”. Goal.com (2013年11月14日). 2019年1月17日閲覧。
  6. ^ Calciomercato: l'ex Lazio e Inter Rocchi firma per l'Haladas, in Ungheria”. La Gazzetta dello Sport (2014年8月22日). 2019年1月17日閲覧。
  7. ^ Rocchi è del Tatabanya: finisce nella C ungherese allenato da Bruno Giordano”. La Gazzetta dello Sport (2015年9月2日). 2019年1月17日閲覧。
  8. ^ Tommaso Rocchi vince il suo primo derby da allenatore: “Le emozioni sono le stesse, la notte prima non ho chiuso occhio!””. S.S. Lazio (2016年10月26日). 2019年1月17日閲覧。
  9. ^ L’organigramma tecnico per la stagione 2018/19”. S.S. Lazio (2018年7月10日). 2019年1月17日閲覧。