トーステン・J・パットベッグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

トーステン・J・パットベッグ(Thorsten J. Pattberg, 1977年 - )はドイツ哲学者の一人、2012年北京大学で博士学位取得した比較文化研究者と評論家であり、また、東西二分法の著者である。

背景[編集]

パットベッグは、英国のエジンバラ大学と中国復旦大学と北京大学で、言語学とアジア研究及びサンスクリット語を学んだ。北京大学では師事季羨林教授(き せんりん)と杜維明教授(と いめい)。東京大学ハーバード大学の訪問研究員。

研究[編集]

パットベッグの研究分野は、文化帝国主義と言語学である。 彼は特定の中国語の主要用語(例えば「圣人 shengren」)は翻訳できないと考えている。 代わりに、より多くの中国語(及びその他の東アジア各言語の主要用語が西洋の辞書に入り、ローンワードなるべきです。

著書[編集]

  • The East-West Dichotomy: The Conceptual Contrast Between Eastern and Western Cultures. Beijing: Foreign Language Press. 2013. ISBN 9787119085821.
  • Shengren: Beyond Philosophy and Above Religion. New York: LoD Press. 2011. ISBN 978-0984209118.
  • Lingualism: A New Frontier in Culture Studies. Asia Pacific World. Tokyo: Berghahn. Vol. 4, No. 1, pp. 32-35. 2013

論文[編集]