トーホウエンペラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
トーホウエンペラー
品種 サラブレッド
性別
毛色 青毛
生誕 1996年5月11日(22歳)
抹消日 2003年1月11日
ブライアンズタイム
レインボーブルー
母の父 ノーリュート
生国 日本の旗 日本北海道門別町
生産 千葉飯田牧場日高分場
馬主 東豊物産(株)
調教師 千葉四美岩手競馬
競走成績
生涯成績 33戦20勝
内訳
地方30戦20勝
中央3戦0勝
獲得賞金 3億4528万4000円
テンプレートを表示

トーホウエンペラー岩手競馬の元競走馬である。東京大賞典マイルチャンピオンシップ南部杯などダート戦線を中心に活躍し、2001年2002年と2年連続してNARグランプリ年度代表馬およびにサラブレッド系4歳以上最優秀馬に選ばれた。生涯で菅原勲村上忍村松学小林俊彦らが騎乗。

競走馬時代[編集]

幼少期は体質が弱く、競走馬としてのデビューすら危ぶまれた。JRAに競走馬登録されたが不出走のまま、岩手競馬に移籍。ようやくデビューがかなったのは1999年、4歳(旧年齢表記)の大晦日、最下級条件からのスタートであった。しかしこのレースを含め翌2000年にかけて9連勝を飾った。このあと連勝は途切れたものの、年末の大一番である桐花賞で重賞初制覇を飾り、名実共に岩手のトップに躍り出る。

翌2001年、重賞のシアンモア記念を勝利すると、陣営はダート交流重賞路線に歩を進める。交流GI初挑戦となった帝王賞は5着に敗れたが、10月には地元のマイルチャンピオンシップ南部杯アグネスデジタルノボトゥルーゴールドティアラウイングアローら豪華メンバーを相手に2着となる活躍を見せた。11月には新潟の朱鷺大賞典をレコードタイムで優勝し、交流重賞を初制覇した。12月には東京大賞典に出走して、南関東地区以外の地方競馬所属馬として初めて東京大賞典を勝利した。

2002年も交流重賞路線を歩み、名古屋大賞典マイルチャンピオンシップ南部杯に勝利。東京大賞典8着を最後に引退し、2003年1月11日には水沢競馬場で引退式が行われた。

種牡馬時代[編集]

引退後はアロースタッドにて種牡馬として繋養された。初年度は種付け料を無料に設定したこともあり人気が集まり89頭に種付けを行い、2006年のNARファーストシーズンサイアーランキング(勝馬頭数)1位に輝いた。しかし初年度以降は種付け数が20頭以下と激減し、産駒も地方競馬の重賞優勝馬を散発的に出す程度に留まっていたが、トーホウオルビスが中央でオープン勝ちを果たすなど奮闘している。

2006年5月25日に産駒が初勝利をあげている。

2007年11月18日水沢競馬場で行われた地方交流重賞南部駒賞をトーホウノゾミが制し、産駒が重賞初勝利を挙げた。

2014年を最後に供用停止[1]功労馬繋養展示事業の助成を受け、静内フジカワ牧場で余生を送っている。

主な産駒[編集]

競走成績[編集]

年月日 競馬場 競走名 頭数 (人気) 着順 騎手 斤量 距離(馬場) タイム
(上り3F)
着差 勝ち馬/(2着馬)
1999.12.31 水沢 4歳C3 9 (2人) 1着 村上忍 55 ダ1300m(不) 1:25.7 -0.4 (カネサイキ)
2000.01.10 水沢 5歳C3 9 (1人) 1着 村上忍 55 ダ1300m(不) 1:23.4 -0.6 (オワリアート)
0000.04.03 水沢 C2 10 (1人) 1着 村上忍 54 ダ1300m(稍) 1:24.3 -0.2 (サクラオー)
0000.04.10 水沢 C2 9 (1人) 1着 村上忍 54 ダ1300m(良) 1:25.7 -1.1 (セントケンシン)
0000.04.23 水沢 C2 10 (1人) 1着 村上忍 55 ダ1400m(不) 1:29.5 -1.2 (コアレスビギン)
0000.05.04 水沢 C1 10 (1人) 1着 村上忍 54 ダ1400m(重) 1:27.8 -1.0 (ヒカリキング)
0000.05.22 盛岡 十和田湖特別 7 (1人) 1着 村上忍 54 芝1600m(良) 1:39.2 -0.2 (グッドソング)
0000.06.05 盛岡 田沢湖特別 12 (1人) 1着 村上忍 55 ダ1600m(良) 1:39.2 -0.7 (ダイリーガー)
0000.06.24 水沢 B1 10 (1人) 1着 村上忍 54 ダ1600m(良) 1:43.6 -1.7 (デルマリズム)
0000.07.31 盛岡 東京カップけやき賞 11 (1人) 4着 村上忍 55 ダ1800m(良) 1:55.9 -1.5 ウインマーベラス
0000.08.21 盛岡 フレンドリーC 13 (3人) 2着 村上忍 56 ダ1600m(良) 1:40.2 -0.0 メイセイユウシャ
0000.11.13 盛岡 さざんか賞 12 (1人) 1着 村松学 54 ダ1600m(良) 1:39.5 -0.6 (カネサイジョオー)
0000.11.23 水沢 雪椿賞 9 (1人) 1着 村上忍 55 ダ1600m(重) 1:41.6 -0.7 (アンダーパーク)
0000.12.17 水沢 トウケイニセイ記念 重賞 12 (2人) 2着 村上忍 56 ダ1600m(不) 1:40.3 -0.2 ハイフレンドピュア
0000.12.31 水沢 桐花賞 重賞 12 (2人) 1着 村上忍 57 ダ2000m(不) 2:08.7 -0.2 (マジックゲーム)
2001.04.30 水沢 赤松杯 OP 9 (1人) 1着 村上忍 54 ダ1900m(良) 2:04.3 -0.1 (インターフラッグ)
0000.05.13 水沢 シアンモア記念 重賞 8 (1人) 1着 村上忍 56 ダ1600m(良) 1:40.4 -0.6 (バンチャンプ)
0000.06.26 大井 帝王賞 GI 13 (9人) 5着 村上忍 57 ダ2000m(良) 2:05.4(39.3) -1.0 マキバスナイパー
0000.07.20 盛岡 マーキュリーC GIII 13 (2人) 3着 村上忍 56 ダ2000m(良) 2:05.8 -0.5 ミラクルオペラ
0000.09.01 札幌 エルムS GIII 13 (4人) 2着 菅原勲 56 ダ1700m(良) 1:44.1(38.0) -0.7 エンゲルグレーセ
0000.09.16 水沢 青藍賞 重賞 11 (1人) 1着 村上忍 56 ダ1600m(不) 1:40.3 -0.1 (メイセイユウシャ)
0000.10.08 盛岡 マイルCS南部杯 GI 9 (5人) 2着 村上忍 56 ダ1600m(良) 1:37.8 -0.1 アグネスデジタル
0000.11.07 新潟 朱鷺大賞典 GIII 12 (1人) 1着 菅原勲 56 ダ1800m(稍) R1:50.4 -0.1 (エビスヤマト)
0000.12.05 浦和 浦和記念 GII 9 (2人) 2着 菅原勲 56 ダ2000m(稍) 2:06.9(39.3) -0.3 レイズスズラン
0000.12.29 大井 東京大賞典 GI 16 (3人) 1着 菅原勲 57 ダ2000m(良) 2:05.2(38.3) -0.1 リージェントブラフ
2002.02.17 東京 フェブラリーS GI 16 (6人) 5着 菅原勲 57 ダ1600m(良) 1:35.6(36.3) -0.5 アグネスデジタル
0000.03.21 名古屋 名古屋大賞典 GIII 12 (1人) 1着 菅原勲 58 ダ1900m(良) 2:01.9 -0.1 (マイネルブライアン)
0000.06.19 大井 帝王賞 GI 15 (2人) 5着 菅原勲 57 ダ2000m(稍) 2:04.5(38.1) -0.8 カネツフルーヴ
0000.08.15 旭川 ブリーダーズGC GII 14 (1人) 3着 菅原勲 57 ダ2300m(良) 2:32.1 -1.9 アルアラン
0000.09.15 水沢 青藍賞 重賞 9 (1人) 1着 菅原勲 56 ダ1600m(良) 1:42.7 -0.2 (トーヨーデヘア)
0000.10.14 盛岡 マイルCS南部杯 GI 14 (2人) 1着 菅原勲 56 ダ1600m(良) 1:38.7 -0.2 (バンケーティング)
0000.11.23 中山 ジャパンCダート GI 16 (3人) 6着 菅原勲 57 ダ1800m(良) 1:52.7(38.7) -0.5 イーグルカフェ
0000.12.29 大井 東京大賞典 GI 16 (4人) 8着 小林俊彦 56 ダ2000m(良) 2:07.3(39.1) -1.7 ゴールドアリュール

血統表[編集]

トーホウエンペラー血統ヘイルトゥリーズン系/4代内アウトブリード (血統表の出典)

*ブライアンズタイム
Brian's Time
1985 黒鹿毛
父の父
Roberto
1969 鹿毛
Hail to Reason Turn-to
Nothirdchance
Bramalea Nashua
Rarelea
父の母
Kelley's Day
1977 鹿毛
Graustark Ribot
Flower Bowl
Golden Trail Hasty Road
Sunny Vale

レインボーブルー
1988 栃栗毛
* No Lute
1978 黒鹿毛
Luthier Klairon
Flute Enchantee
Prudent Miss Prudent
Miss Glasso
母の母
イーデンブルース
1974 栗毛
* Match Won Match
Edwina
スズブエ * Harroway
キュウシュウ F-No.4-d


脚注[編集]

  1. ^ 2014年供用停止種雄馬一覧 (PDF) ジャパン・スタッドブック・インターナショナル 2015年2月23日