トーマス・インモース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

トーマス・インモース(Thomas Immoos、1918年9月15日 - 2001年10月20日)は、スイス人で、日本で活動した宗教哲学者、日本研究者。

スイスシュヴィーツに生まれる。1945年シェーネック神学大学卒。神学を通して日本文化に興味を持ち、1950年ロンドン大学中国文学科卒。1951年来日、1952年岩手大学講師、1958年上智大学文学部助教授。1961年チューリッヒ大学宗教哲学博士。上智大に復帰し、1964年教授、1979年同大学東洋宗教研究所所長、1984年特遇教授、1989年名誉教授[1]

専門は神道、日本古典劇で、カトリック司祭、ユング心理学者でもあり、ジャーナリストとしてスイス、ドイツなどの新聞、雑誌に日本文化に関する記事を書いた。主な著書に、「Japanese Theater」(1975年)、「Schattentheater Asiens」(1979年)などがある[2]

日本語著作[編集]

  • 『現代カトリック作家』中央出版社 1964
  • 『変わらざる民族 演劇・東と西』尾崎賢治編訳 南窓社 1972
  • 『元型との出会い ユングとドイツ文学の深層』尾崎賢治訳 春秋社 1985
  • 『深い泉の国「日本」 異文化との出会い』加藤恭子共著 春秋社 1985 のち中公文庫
  • 『ヨーロッパ心の旅 異文化への道しるべ』加藤恭子共著 原書房 1995

論文[編集]

脚注[編集]