ウォルシュ兄弟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
神戸外国人居留地2番にあったウォルシュ商会。1872年。
左から2軒目の建物がウォルシュ商会。

ウォルシュ兄弟(ウォルシュきょうだい)は、幕末から明治にかけて日本で活躍したアメリカ合衆国出身の実業家兄弟。外国人居留地で経営したウォルシュ商会(Walsh and Company、のちにWalsh, Hall and Company)は、日本で初めて成功したアメリカ企業のひとつ。兄はトーマス・ウォルシュ(Thomas Walsh、1827年 - 1900年[1])、弟はジョン・ウォルシュ(John Glia Walsh、1829年7月27日 - 1897年8月16日[2])。ジョンはアメリカ合衆国初代長崎駐在領事も兼務した。長兄のリチャードと、弟のロバートも事業を補佐した。

経歴[編集]

ニューヨーク州ヨンカーズアイルランド移民の子として生まれる[3]。兄弟はアジアで実業家として成功することを夢見、上海で貿易業を営んだ[4][5]1854年長崎居留地が設けられると兄弟4人で1855年ごろに長崎に移住し、貿易業を営んだ[3]。1859年から1965年まで[3][6]ジョンはアメリカ合衆国初代長崎駐在領事も務めた[7][8][9]。ただし、無給だったようである[3]。1862年ごろにジョンは日本人女性のヤマグチ・リンと結婚し、娘アイコ(1864-1910)をもうけた[3]

横浜港が開港した1859年に、樟脳、金、絹、茶を扱う商社として、トーマスとジョンがジョージ・ホールとともにウォルシュ・ホール商会を設立[10]。ジョージ・ホールはハーバード大学医学大学院出身の医師[11]横浜居留地にもいち早く進出した(商館が居留地1番地にあったため、「亜米一(あめいち)」と呼ばれた)[12]1862年にジョージ・ホールが帰国することになり、その後任にフランシス・ホールを経営陣に加えた。なお2人のホールは知人であるが、親族ではない[13]三菱の創業者、岩崎弥太郎と懇意になり多くの仕事を手掛けるほか、のちに三井物産の創業者となる益田孝を1年ほど雇っていた[10]高田商会の前身であるベア商会のマルチン・ベア(原田熊雄の祖父)も同時期に働いていた[14]

1868年に神戸外国人居留地が設置されると同居留地でも営業を開始[15]。なお、神戸外国人居留地に商館を構えた直後、兄弟は1871年から1872年にかけて神戸へ移住した[16]。長兄リチャードの妻とその兄も1874年ごろから神戸で暮らした[3]

ウォルシュ商会は日本へは武器や軍艦を売り、日本からは生糸や食品を輸出したほか、兄弟は神戸で木綿のボロを製紙原料として欧米に輸出する事業を手がけ、収益を挙げた。当時木綿は藍染めされていたため、色素を抜くために石灰を混ぜて固めた状態で輸出していたが、石灰が木綿に含まれる水分と化学反応を起こして発熱し、輸送中に発火する事故が多発していた。そこで兄弟は木綿をパルプ状にして輸出する手法を考案した。製紙業を本格化させるため、1875年に二人の弟のロバートをアメリカに研修に出し[3]、翌1876年には神戸外国人居留地近くの三宮1丁目に元イギリス公使のラザフォード・オルコックとの共同出資により製紙工場(神戸製紙所)を建設し、アメリカから製紙機械を輸入して紙の製造を始めた[17]

神戸製紙所は輸入製品の不当廉売に苦しみ、経営に行き詰まりを見せたが長崎時代に親交のあった岩崎弥太郎から資金援助を得て[18]操業を続けた[19][20]。兄弟は次第に事業の軸足を製紙業に移すようになったが1897年8月にジョンが神戸で急死(神戸市立外国人墓地に墓がある[2][21])。弟の死にショックを受けたトーマスは事業への情熱を失い、製紙所を岩崎久弥に譲渡した。神戸製紙所は現在三菱製紙として存続している[22][23][24]。トーマスは事業譲渡後に日本を去り、スイスへ移住した[25][26]

商館[編集]

神戸外国人居留地2番地にあったウォルシュ・ホール商会の建物は開港当初の神戸外国人居留地における典型的な建築物(2階建てで2階にベランダがあり、オーダーが設置されている)の一つとして知られている[27][28]。商館はメリケン波止場前(現海岸ビルの西隣)にあったが[3]、のちに香港上海銀行に売却された。

参考文献[編集]

  • 神木哲男・崎山昌広(編・著) 『神戸居留地の3/4世紀 ハイカラな街のルーツ』 神戸新聞総合出版センター、1993年。ISBN 4-87521-476-6。
  • 谷口利一 『使徒たちよ眠れ 神戸外国人墓地物語』 神戸新聞出版センター、1986年。ISBN 4-87521-447-2。
  • 『兵庫県人物事典 中巻』 のじぎく文庫(編)、のじぎく文庫、1967年。
  • 三菱人物伝第6回 ウォルシュ兄弟」、『マンスリーみつびし』2004年10月号、三菱広報委員会。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ The Diaries of Sir Ernest Satow, British Minister in TokyoErnest Mason Satow, Ian C. Ruxton - 2010
  2. ^ a b John Glia WalshFind A Grave
  3. ^ a b c d e f g h Opening a Window to the West: The Foreign Concession at Kobe, Japan, 1868-1899Peter Ennals, University of Toronto Press, Dec 31, 2013
  4. ^ 谷口1986、77頁。
  5. ^ 兵庫県人物事典 中巻、13頁。
  6. ^ The Jews of China Jonathan Goldstein - 1998
  7. ^ 谷口1986、77-78頁。
  8. ^ 兵庫県人物事典 中巻、13頁。
  9. ^ 三菱人物伝
  10. ^ a b c "Japan's Early Experience of Contract Management in the Treaty Ports" p122Yuki Allyson Honjo, Routledge, Dec 19, 2013
  11. ^ "Japan's Early Experience of Contract Management in the Treaty Ports"p35Yuki Allyson Honjo, Routledge, Dec 19, 2013
  12. ^ 谷口1986、79頁。
  13. ^ John HallAncestry
  14. ^ 明治・大正期の代表的機械商社高田商会(上) 白鴎大学論集 9(2)、51-108頁、1995年3月 白鴎大学
  15. ^ 神木・崎山1993、149頁。
  16. ^ 兵庫県人物事典 中巻、13頁。
  17. ^ 神木・崎山1993、149-150頁。
  18. ^ 実際に融資したのは岩崎弥太郎
  19. ^ 谷口1986、83-84頁。
  20. ^ 三菱人物伝
  21. ^ 神戸市再度山修法ケ原外人墓地来日西洋人研究ホームページ
  22. ^ 谷口1986、84-85頁。
  23. ^ 神木・崎山1993、151頁。
  24. ^ 三菱人物伝
  25. ^ 谷口1986、85頁。
  26. ^ 兵庫県人物事典 中巻、13頁。
  27. ^ 神木・崎山1993、108-109頁。
  28. ^ 兵庫県人物事典 中巻、13頁。