トーマス・ブルスィヒ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

トーマス・ブルスィヒThomas Brussig1965年12月19日 - )は、ドイツ作家

1965年、東ベルリンに生まれる。職業学校を卒業後兵役に就き、家具の配送員やホテルの従業員などを経験。1990年ベルリンの壁崩壊ののち、ベルリン西側にある大学で社会学、演劇論を学ぶ。1991年に作家デビュー、1995年の『僕ら英雄たち』で名声を得る。

作品は東ドイツ時代の生活をテーマにした風刺性の強いものである。ペンネームとしてCordt Berneburgerも使う。『僕ら英雄たち』『太陽通り』は映画化もされている。

作品一覧 [編集]

  • 水の色(Wasserfarben、1991年)
  • 僕ら英雄たち(Helden wie wir、1995年)
  • 太陽通り(Am kürzeren Ende der Sonnenallee、1999年)
  • ピッチサイドの男 (Leben bis Männer、2001年)
  • Wie es leuchtet 2004年