トーマス・ヘーレン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Hoeren Portrait 2009.jpg

トーマス・ヘーレン(Thomas Hoeren、1961年8月22日 ディーンスラーケン - )は、ドイツの法律家であり、専門は情報法及びメディア法である。[1]

経歴[編集]

トーマス・ヘーレンは、1980年から1987年までミュンスター(ヴェストファーレン)、テュービンゲンそしてロンドンにて神学及び法学を学んだ。1986年学位取得(神学 Lizenziat)。1987年司法試験第一次試験合格。1989年法学博士ミュンスター大学、学位論文「物品購入としてのソフトウェアの使用許諾(Softwareüberlassung als Sachkauf)」)。1991年司法試験第二次試験合格。教授資格論文は「銀行法及び保険法における自主規制(Selbstregulierung im Banken- und Versicherungsrecht)」(1994年)である。

ヘーレンは、1995年から1997年までデュッセルドルフにあるハインリヒ・ハイネ大学法学部教授を経て、1997年4月からミュンスター大学法学部教授である。ヘーレンは、情報法、遠距離通信法及びメディア法研究所(Instituts für Informations-, Telekommunikations- und Medienrecht、以下「ITM」という。)の民事法の部署を担当している。彼は民事法(実体法及び訴訟法)、ビジネス法、法情報学の指導権限を有している。さらに、ミュンスター大学にあるEuropean Research Center for Information Systemsに研究者として勤めている。

ヘーレンは、1994年から2004年まで欧州委員会(Europäische Kommision/DG XIII)の情報技術法律顧問委員会(Legal Advisory Board on Information Technology)の法律顧問、そして欧州委員会の知的財産タスクフォースグループ(Task Force Group on Intellectual Property)の委員、1996年から2011年までデュッセルドルフ上級地方裁判所裁判官、2012年から2014年までミュンスター大学法学部学部長を務めた。

ヘーレンは、現在ドイツネットワーク情報センター協同組合(Deutsches Network Information Center, DENIC eG)の学術顧問会(Wissenschaftlicher Beirat)、及びザンクトガレン大学情報法研究センターの構成員である。2000年から世界知的所有権機関に、ドメインネームのパネリストとして参加している。2004年から、オックスフォード大学ベリオールカレッジインターネット研究所(Oxford Internet Institute/Balliol College)の構成員(リサーチフェロー)、ドイツユネスコ委員会の通信及び情報専門委員会(Fachausschuss Kommunikation und Information)の委員、大学教員協議会(Hochschulrektorenkonferenz)の作業部会「新しいメディア」(Arbeitsgruppe „Neue Medien“)の構成員、ドイツ産業権保護及び著作権協会(Die Deutsche Vereinigung für gewerblichen Rechtsschutz und Urheberrecht, GRUR)の著作権法及び出版法委員会の委員である。

ヘーレンはカメラマンとしても活動している。2018年8月、アイスランドのレイキャビク、ドイツのベルリン、日本の糸島のキッチュなもの記録した写真集『Kitsch』(青文舎)を刊行した。

ヘーレンは既婚で2人の子がいる。彼はシュタインフルト(Steinfurt)で暮らしている。

日本での滞在及び研究[編集]

1995年から独日法律家協会会員。2001年には新潟大学客員教授、2003年、2005年、2009年、及び2016年には九州大学客員教授を務めた。1999年及び2003年[2][3]に東京にて開催されたSOFTICの会議にパネリストとして参加した。

2016年9月、福岡県糸島市にカメラマンとして滞在した。

表彰[編集]

  • 2006年 技術通信賞受賞
  • 2018年 Daidalos銀貨拝受(Studienstiftung des deutschen Volkes)[4]

雑誌[編集]

  • 1997年まで、『Computer und Recht』、『Zeitschrift Information and Communications Technology Law』及び『EDI Law Review』の共同編集者
  • 1998年から『Multimedia und Recht (MMR)』の共同編集者
  • 2005年5月からスイスの法律家オンライン雑誌『Jusletter』の『Informatik und Recht』の編集者
  • 2007年から『Computer und Recht』の顧問会の構成員
  • 専門教育雑誌『Ad legendum』の編集顧問

脚注[編集]

  1. ^ ミュンスター大学トーマス・ヘーレンウェブサイト 2016年11月18日閲覧[1]
  2. ^ SOFTICシンポジウム2003 2016年11月18日閲覧[2]
  3. ^ 電子契約の成立 2016年11月18日閲覧[3]
  4. ^ ミュンスター大学ITM, Vertrauensdozent Thomas Hoeren erhält Daidalos-Münze 2018年8月10日閲覧[4]

著作[編集]