トーマス嶋田

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
トーマス嶋田
Thomas Shimada
Tennis pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ペンシルベニア州フィラデルフィア
居住地 サウスカロライナ州ヒルトンヘッド
生年月日 (1975-02-10) 1975年2月10日(44歳)
身長 178cm
体重 77kg
利き手
バックハンド シングルハンド
ツアー経歴
デビュー年 1993年
引退年 2005年
ツアー通算 3勝
シングルス 0勝
ダブルス 3勝
生涯通算成績 88勝130敗
シングルス 0勝5敗
ダブルス 88勝125敗
生涯獲得賞金 $433,946
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 2回戦(2000・01)
全仏 2回戦(2000)
全英 2回戦(2000・01)
全米 2回戦(2001)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 477位(1997年11月3日)
ダブルス 40位(2001年9月24日)
テンプレート  プロジェクト テニス

トーマス嶋田 重太郎( - しまだ しげたろう、1975年2月10日 - )は、日本の男子テニス選手。両親が事業経営の関係で渡米していた際にアメリカ合衆国ペンシルベニア州フィラデルフィアで生まれた。ATPツアーでダブルス通算3勝を挙げた。

来歴[編集]

6歳の時よりテニスを始め、アメリカの12歳以下シングルスのランキングで1位となる。

1993年よりプロに転向し、1994年にはデビスカップ日本代表に選ばれた。1995年には右肩を手術する。手術から復帰したのちはダブルスを専門として活動するようになる。

2000年シドニー五輪には岩渕聡とともに出場しているが、1回戦でスロバキアドミニク・フルバティ/カロル・クチェラ組に敗退している。2001年にはバイロン・ブラックとのペアで出場したハイネケンオープン上海で、ロビー・コーニッグ/ジョン=ラフニー・デ・ヤーガー組を破って、ツアー初優勝を果たした。

全日本テニス選手権では男子ダブルスで3回(1996年、1999年、2003年)、混合ダブルスで3回(2001年、2003年、2004年)優勝している。

2005年5月の島津全日本室内テニス選手権大会を最後に、右ひじの故障やモチベーションなどを理由に引退した。

ATPツアー決勝進出結果[編集]

ダブルス: 6回 (3勝3敗)[編集]

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
準優勝 1. 2000年11月13日 ロシアの旗 サンクトペテルブルク ハード
(室内)
南アフリカ共和国の旗 マイルズ・ウェイクフィールド カナダの旗 ダニエル・ネスター
ジンバブエの旗 ケビン・ウリエット
6-7(5), 5-7
準優勝 2. 2001年3月12日 アメリカ合衆国の旗 デルレイビーチ ハード 南アフリカ共和国の旗 マイルズ・ウェイクフィールド アメリカ合衆国の旗 ジャン=マイケル・ギャンビル
アメリカ合衆国の旗 アンディ・ロディック
3–6, 4–6
優勝 1. 2001年9月17日 中華人民共和国の旗 上海 ハード ジンバブエの旗 バイロン・ブラック 南アフリカ共和国の旗 ジョン=ラフニー・デ・ヤーガー
南アフリカ共和国の旗 ロビー・コーニッグ
6–2, 3–6, 7–5
優勝 2. 2002年7月28日 オーストリアの旗 キッツビュール クレー 南アフリカ共和国の旗 ロビー・コーニッグ アルゼンチンの旗 ルーカス・アーノルド・カー
スペインの旗 アレックス・コレチャ
7–6, 6–4
準優勝 3. 2003年7月27日 クロアチアの旗 ウマグ クレー オーストラリアの旗 トッド・ペリー スペインの旗 アレックス・ロペス・モロン
スペインの旗 ラファエル・ナダル
1–6, 3–6
優勝 3. 2003年9月8日 ブラジルの旗 コスタ・ド・サイペ ハード オーストラリアの旗 トッド・ペリー アメリカ合衆国の旗 スコット・ハンフリーズ
バハマの旗 マーク・マークレイン
6–2, 6–4