トール (レーザー兵器)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

トール(Thor)はイスラエルラファエル社が開発した車両搭載型のレーザー兵器である。

空冷レーザー・ユニットから700ワットのレーザーを照射することで、IED(即製爆発装置)、路肩爆弾、不発弾を爆発させずに、爆燃させることでIEDを無力化出来る。2005年のユーロサトリで紹介された。同軸に12.7mm M2機関銃が装備されており、信管ブービートラップを物理的に破壊することも出来る。銃架部分は同じくラファエル社で開発されたRWS(リモコン式機銃ステーション)であるサムソン RCWSと同じ物が使用されている。台座も含めた火器ステーション全体の重量は850kgになる。

使用波長は不明であるが、可燃物を燃やす程度の出力のレーザーであるため、多くの通常兵器と同じく殺傷能力を持つと推測される。

出典[編集]

  • 黒部明著 『戦車の新しい防護技術』 「軍事研究 2007年12月号別冊 世界のハイパワー戦車&新技術」 2007年12月1日発行 p.68

関連項目[編集]