ドイツ・ブンデスリーガ2019-2020

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
サッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)  > ドイツ・ブンデスリーガ2019-2020
2019年, 2020年のスポーツ > 2019年, 2020年のサッカー > ドイツ・ブンデスリーガ2019-2020
ブンデスリーガ
シーズン 2019-2020
試合数 306
2020-2021 →

ドイツ・ブンデスリーガ2019-2020 (2019-2020 Bundesliga)は、第1シーズンが行われて以来、57回目のドイツ・ブンデスリーガである。

2018-2019年シーズンの昇格・降格[編集]

ドイツ・ブンデスリーガ (エアステ・ブンデスリーガ)に昇格
2. ブンデスリーガ (ツヴァイテ・ブンデスリーガ)に降格

2019-2020年シーズンのドイツ・ブンデスリーガのクラブ[編集]

2019-2020年シーズンのドイツ・ブンデスリーガのクラブ数は前年同様の18。

チーム名 創設 監督 地方 ホームタウン スタジアム 収容人数 前年度成績
フライブルク 1904年 ドイツの旗 クリスティアン・シュトライヒ バーデン=ヴュルテンベルク州の紋章バーデン=
ヴュルテンベルク州
フライブルク シュヴァルツヴァルド・シュタディオン 24,000人 (13位)
ホッフェンハイム 1899年 オランダの旗 アルフレッド・スロイデル ジンスハイム ヴィルソル・ライン=ネッカー=アレーナ 30,150人 ( 9位)
アウクスブルク 1907年 スイスの旗 マルティン・シュミット バイエルン自由州の紋章バイエルン州 アウクスブルク WWKアレナ 30,660人 (15位)
バイエルン・ミュンヘン 1900年 クロアチアの旗 ニコ・コヴァチ ミュンヘン アリアンツ・アレーナ 75,000人 ( 1位)優勝
ヘルタ・ベルリン 1892年 クロアチアの旗 アンテ・チョヴィッチ ベルリンの紋章ベルリン ベルリン オリンピアシュタディオン 74,649人 (10位)
ウニオン・ベルリン 1966年 スイスの旗 ウルス・フィッシャー シュタディオン・アン・デア・
アルテン・フェルステライ
22,012人 ※( 3位)
ブレーメン 1899年 ドイツの旗 フローラン・コーフェルト 自由ハンザ都市ブレーメンの紋章ブレーメン州 ブレーメン ヴェーザーシュタディオン 42,100人 (11位)
フランクフルト 1899年 オーストリアの旗 アドルフ・ヒュッター ヘッセン州の紋章ヘッセン州 フランクフルト コンメルツバンク・アレーナ 51,500人 ( 8位)
ヴォルフスブルク 1945年 オーストリアの旗 オリヴァー・グラスナー ニーダーザクセン州の紋章ニーダーザクセン州 ヴォルフスブルク フォルクスワーゲン・アレーナ 30,000人 ( 6位)
ドルトムント 1909年 スイスの旗 リュシアン・ファーヴル ノルトライン=ヴェストファーレン州の紋章ノルトライン=
ヴェストファーレン州
ドルトムント ジグナル・イドゥナ・パルク 81,359人 ( 2位)
ボルシアMG 1900年 ドイツの旗 マルコ・ローゼ メンヒェングラートバッハ シュタディオン・イム・ボルシア・パルク 54,049人 ( 5位)
デュッセルドルフ 1908年 ドイツの旗 フリードヘルム・フンケル デュッセルドルフ エスプリ・アレーナ 54,600人 (10位)
ケルン 1948年 ドイツの旗 アヒム・バイヤーロルツァー ケルン ラインエネルギーシュタディオン 50,000人 ※( 1位)優勝
レバークーゼン 1904年 オランダの旗 ピーター・ボス レーヴァークーゼン バイ・アレーナ 30,210人 ( 4位)
パーダーボルン 1907年 ドイツの旗 シュテフェン・バウムガルト パーダーボルン ベンテラー・アレーナ 15,000人 ※( 2位)
シャルケ 1904年 アメリカ合衆国の旗 デイヴィッド・ワグナー ゲルゼンキルヒェン フェルティンス・アレーナ 62,271人 (14位)
マインツ 1905年 ドイツの旗 サンドロ・シュヴァルツ ラインラント=プファルツ州の紋章ラインラント
=プファルツ州
マインツ オペル・アレーナ 34,000人 (12位)
ライプツィヒ 2009年 ドイツの旗 ユリアン・ナーゲルスマン ザクセン州の紋章ザクセン州 ライプツィヒ レッドブル・アレーナ 42,959人 ( 3位)
2. ブンデスリーガ
  • チーム名・監督・本拠地名については現時点のもの。

メーカー・スポンサー[編集]

チーム名 メーカー シャツ スポンサー
アウクスブルク ナイキ WWK
Siefmund (袖)
ブレーメン アンブロ ヴィーゼンホフ
H-Hotels (袖)
バイエルン・ミュンヘン アディダス ドイツテレコム
カタール航空 (袖)
ドルトムント プーマ エボニック
オペル (袖)
ボルシアMG プーマ ポストバンク
H-Hotels (袖)
デュッセルドルフ ウールシュポルト ヘンケル
東洋ゴム工業 (袖)
フランクフルト ナイキ Indeed
ドイツ取引所 (袖)
フライブルク ヒュンメル Schwarzwaldmilch
Badenova (袖)
ヘルタ・ベルリン ナイキ TEDi
現代自動車 (袖)
ホッフェンハイム ホマ SAP
Prowin (袖)
ケルン ウールシュポルト レーベ
DEVK (袖)
ライプツィヒ ナイキ レッドブル
CG immobilien (袖)
レバークーゼン ヤコ バルメニア
Kieser Training (袖)
マインツ ロット ケマーリング
QQ288 (袖)
パーダーボルン ザラー Sunmaker
Effect Energy Drink (袖)
シャルケ アンブロ ガスプロム
DHL (袖)
ウニオン・ベルリン アディダス Leyenberger
Koch Automobile (袖)
ヴォルフスブルク ナイキ フォルクスワーゲン
UPS (袖)

監督交代[編集]

チーム 前監督 備考 退任日 順位 新監督 就任日
ホッフェンハイム ドイツの旗 ユリアン・ナーゲルスマン ライプツィヒ監督就任 2019年6月30日[1] 開幕前 オランダの旗 アルフレッド・スロイデル 2019年7月1日[2]
ライプツィヒ ドイツの旗 ラルフ・ラングニック ゼネラルマネージャー就任 2019年6月30日[3] ドイツの旗 ユリアン・ナーゲルスマン 2019年7月1日[4]
ヴォルフスブルク ドイツの旗 ブルーノ・ラッバディア 契約満了 2019年6月30日[5] オーストリアの旗 オリヴァー・グラスナー 2019年7月1日[6]
シャルケ オランダの旗 フーブ・ステフェンス (暫定) 暫定監督満了 2019年6月30日[7] アメリカ合衆国の旗 デイヴィッド・ワグナー 2019年7月1日[7]
ボルシアMG ドイツの旗 ディーター・ヘッキング 退任 2019年6月30日[8] ドイツの旗 マルコ・ローゼ 2019年7月1日[9]
ヘルタ・ベルリン ハンガリーの旗 ダールダイ・パール 双方の合意 2019年6月30日[10] クロアチアの旗 アンテ・チョヴィッチ 2019年7月1日[11]
ケルン ドイツの旗 アンドレ・パヴラク (暫定) 暫定監督満了 2019年6月30日[12] ドイツの旗 アヒム・バイヤーロルツァー 2019年7月1日[12]

スケジュール[編集]

2019年8月16日に開幕し、2020年5月16日閉幕の全34節・306試合で行われる[13]

結果[編集]

順位表[編集]

チーム 出場権または降格
1 バイエルン・ミュンヘン 6 4 2 0 19 6 +13 14 UEFAチャンピオンズリーグ 2020-21グループステージに出場
2 ライプツィヒ 6 4 1 1 14 6 +8 13
3 フライブルク 6 4 1 1 13 5 +8 13
4 シャルケ 6 4 1 1 13 6 +7 13
5 ボルシアMG 6 4 1 1 10 5 +5 13 UEFAヨーロッパリーグ 2020-21グループステージに出場
6 レバークーゼン 6 4 1 1 11 7 +4 13 UEFAヨーロッパリーグ 2020-21予選2回戦に出場
7 ヴォルフスブルク 6 3 3 0 9 4 +5 12
8 ドルトムント 6 3 2 1 17 9 +8 11
9 フランクフルト 6 3 1 2 9 8 +1 10
10 ヘルタ・ベルリン 6 2 1 3 9 11 −2 7
11 ブレーメン 6 2 1 3 10 14 −4 7
12 ホッフェンハイム 6 1 2 3 4 10 −6 5
13 アウクスブルク 6 1 2 3 6 13 −7 5
14 デュッセルドルフ 6 1 1 4 9 12 −3 4
15 ウニオン・ベルリン 6 1 1 4 6 11 −5 4
16 ケルン 6 1 0 5 4 15 −11 3 入れ替え戦に出場
17 マインツ 6 1 0 5 5 16 −11 3 2. ブンデスリーガ 2020-2021へ降格
18 パーダーボルン 6 0 1 5 8 17 −9 1

最終更新は2019年9月29日の試合終了時
出典: Kicker
順位の決定基準: 1. 勝点; 2. 得失点差; 3. 得点数.

順位推移表[編集]

第1節-第17節[編集]

チーム (縦)/ 節 (横) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17
バイエルン・ミュンヘン 8 6 2 4 2 1
ライプツィヒ 2 2 1 1 1 2
フライブルク 3 2 6 3 4 3
シャルケ 10 12 9 6 5 4
ボルシアMG 10 7 8 7 6 5
レバークーゼン 5 5 4 8 7 6
ヴォルフスブルク 6 4 3 5 8 7
ドルトムント 1 1 5 2 3 8
フランクフルト 7 10 7 9 9 9
ヘルタ・ベルリン 8 11 17 18 15 10
ブレーメン 15 15 13 10 10 11
ホッフェンハイム 14 9 9 13 11 12
アウクスブルク 17 13 16 14 12 13
デュッセルドルフ 4 8 12 11 13 14
ウニオン・ベルリン 18 14 11 12 14 15
ケルン 13 17 14 15 16 16
マインツ 16 18 18 16 17 17
パーダーボルン 12 15 15 17 18 18

第18節-第34節[編集]

チーム (縦)/ 節 (横) 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34
バイエルン・ミュンヘン
ドルトムント
ライプツィヒ
レバークーゼン
ボルシアMG
ヴォルフスブルク
フランクフルト
ブレーメン
ホッフェンハイム
デュッセルドルフ
ヘルタ・ベルリン
マインツ
フライブルク
シャルケ
アウクスブルク
ケルン
パーダーボルン
ウニオン・ベルリン

最終更新: 2019年9月29日
出典: Kicker

首位、UEFAチャンピオンズリーグ 2020-21 グループステージ
UEFAチャンピオンズリーグ 2020-21 グループステージ
UEFAヨーロッパリーグ 2020-21 グループステージ
UEFAヨーロッパリーグ 2020-21 予選2回戦
入れ替え戦に出場
2. ブンデスリーガに降格

戦績表[編集]

ホーム / アウェー[1] AUG BRE FCB DOR MGL DÜS FRA FRE BSC HOF KÖL RBL LEV MAI PAD S04 UNB WOL
アウクスブルク

2–1

0–3

1–1

ブレーメン

3–2

1–3

0–3

バイエルン・ミュンヘン a

4–0

2–2

6–1

ドルトムント

5–1

2–2

a

4–0

a
ボルシアMG

2–1

1–3

0–0

デュッセルドルフ

1–2

1–3

1–1

フランクフルト

2–2

2–1

1–0

フライブルク

1–1

1–2

3–0

ヘルタ・ベルリン

2–1

0–3

ホッフェンハイム

3–2

0–3

0–3

ケルン

1–3

0–1

0–4

ライプツィヒ

1–1

2–1

1–3

レバークーゼン

0–0

3–2

2–0

マインツ

1–3

2–1

0–1

パーダーボルン

2–3

1–3

1–5

シャルケ

0–3

a

3–0

2–1

ウニオン・ベルリン

1–2

3–1

1–2

0–4

ヴォルフスブルク

1–1

2–1

1–1

最終更新は2019年9月29日の試合終了時
出典: kicker
1左縦列のチームがホーム側。
: 青 = ホームチームが勝ち; 黄 = 引き分け; 赤 = アウェーチームが勝利。

得点ランキング[編集]

2019年9月29日現在[14]
順位 選手 所属 得点
1 ポーランドの旗 ロベルト・レヴァンドフスキ バイエルン・ミュンヘン 10
T2 スペインの旗 パコ・アルカセル ドルトムント 5
ドイツの旗 ティモ・ヴェルナー ライプツィヒ
4 モロッコの旗 アミーヌ・アリ シャルケ 4
ドイツの旗 マルコ・ロイス ドルトムント
T6 スウェーデンの旗 セバスティアン・アンデション ウニオン・ベルリン 3
ドイツの旗 ロウヴェン・ヘニングス デュッセルドルフ
ドイツの旗 フロリアン・ニーダーレヒナー アウクスブルク
日本の旗 大迫勇也 ブレーメン
ポルトガルの旗 ゴンサロ・パシエンシア フランクフルト
フランスの旗 アラサヌ・プレア ボルシアMG
イングランドの旗 ジェイドン・サンチョ ドルトムント
フランスの旗 マルクス・テュラム ボルシアMG
スイスの旗 ルベン・バルガス アウクスブルク
ドイツの旗 ケヴィン・フォラント レバークーゼン
ドイツの旗 ルカ・ヴァルトシュミット フライブルク
オランダの旗 ボウト・ベグホルスト ヴォルフスブルク

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ Nagelsmann startet in seine letzte TSG-Saison” (ドイツ語). TSG 1899 Hoffenheim (2018年6月21日). 2019年5月28日閲覧。
  2. ^ Alfred Schreuder neuer Cheftrainer der TSG” (ドイツ語). TSG 1899 Hoffenheim (2019年4月13日). 2019年5月28日閲覧。
  3. ^ TRAINERFRAGE GEKLART: RALF RANGNICK WIRD NEUER RBL-CHEFTRAINER!” (ドイツ語). RB Leipzig (2018年7月9日). 2019年5月28日閲覧。
  4. ^ RB LEIPZIG VERPFLICHTET JULIAN NAGELSMANN ALS NEUEN CHEFTRAINER AB SOMMER 2019!” (ドイツ語). RB Leipzig (2018年6月21日). 2019年5月28日閲覧。
  5. ^ Abschied im Sommer” (ドイツ語). Vfl Wolfsburg (2019年3月12日). 2019年5月28日閲覧。
  6. ^ Oliver Glasner übernimmt” (ドイツ語). Vfl Wolfsburg (2019年4月23日). 2019年5月28日閲覧。
  7. ^ a b David Wagner wird neuer Chef-Trainer des FC Schalke 04” (ドイツ語). FC Schalke 04 (2019年5月9日). 2019年5月28日閲覧。
  8. ^ Borussia beschließt Trainerwechsel nach Saisonende” (ドイツ語). Borussia Mönchengladbach (2019年4月2日). 2019年5月28日閲覧。
  9. ^ Marco Rose wird zur neuen Saison Borussias Cheftrainer” (ドイツ語). Borussia Mönchengladbach (2019年4月10日). 2019年5月28日閲覧。
  10. ^ Trainerwechsel im Sommer” (ドイツ語). Hertha BSC (2019年4月16日). 2019年5月28日閲覧。
  11. ^ Ante Čović wird neuer Cheftrainer!” (ドイツ語). Hertha BSC (2019年4月16日). 2019年5月28日閲覧。
  12. ^ a b Achim Beierlorzer wird FC-Trainer” (ドイツ語). 1. FC Köln (2019年5月13日). 2019年5月28日閲覧。
  13. ^ Rahmenterminkalender 2019/2020 (PDF)” (ドイツ語). DFL. 2019年5月28日閲覧。
  14. ^ 1. Bundesliga - Torjager” (ドイツ語). kicker. 2019年9月30日閲覧。