ドイツ改革党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ドイツ改革党(ドイツ語: Deutsche Reformpartei,DRP) は、1880年から1910年代にかけてドイツ帝国で活動した極右政党。反ユダヤ主義をベースにしていた。

初期のドイツ改革党 1880-1891[編集]

1880年、 ザクセン出身の反ユダヤ主義者Alexander Pinkertが、ドイツの再生とユダヤ人の駆逐を目的としてドイツ改革党を創立し、1891年まで活動を続けた[1]

ただし、これはAlexander Pinkertが1879年に創設したドイツ改革協会(Deutscher Reformverein)のことを指している可能性がある(de:Deutscher Reformverein (Antisemitismus))。

反ユダヤ人民党[編集]

1890年に、ドイツ改革党員だったオットー・ベッケル(Otto Böckel)とオスヴァルト・ジンマーマン(Oswald Zimmermann)が「Antisemitische Volkspartei (AVP、反ユダヤ人民党、反ユダヤ国民党)」として再結成した[2]エアフルトを拠点とした[3]。Wilhelm Pickenbachによる Deutscher Antisemitenbund(ドイツ反ユダヤブント)も反ユダヤ人民党の一部を構成した[4]。党の目的は「ユダヤ人の解放」にあるとした[5]

1890年ドイツ連邦選挙で反ユダヤ人民党はドイツ帝国議会における4議席を獲得した[6]

1892年、ドイツ保守党(Deutschkonservative Partei)がティヴォリ綱領で反自由主義・反社会主義・反ユダヤ主義を掲げた[7]

1893年の選挙ではドイツ改革党の選挙協力もあり[8]、反ユダヤ人民党の議席は11議席となった[6]。こうしてドイツ帝国帝国議会選挙でゾンネンベルク(Max Liebermann von Sonnenberg)のドイツ社会党(Deutschsoziale Partei,DSRP)などと合計して反ユダヤ諸党の議席数が5席から16席となった[7]。ドイツ社会党らは院内会派としてドイツ改革党(Deutsche Reformpartei)を結成し、代表にジンマーマン(Oswald Zimmermann)が就任した。背景には農業関税の引き下げにあるとされる[7]

1893年5月、ドイツユダヤ人最大組織のユダヤ教徒ドイツ国民中央連盟(Central-Verein deutscher Staatsbürger jüdischen Glaubens)が結成[9]

ドイツ社会改革党 (DSRP)[編集]

1894年、ドイツ改革党(DRP)は、ドイツ社会党と合併し、ドイツ社会改革党(Deutschsoziale Reformpartei,DSRP)となった[2][10]。ドイツ社会改革党は最大の反ユダヤ主義政党となり、「ユダヤ人問題は20世紀最大の問題となるであろう、そしてそれはユダヤ人の完全な分離と、最終的にはその絶滅によって解決される」と党の方針に明記した[11]

合併はZimmermannが主導し、Böckelとの対立も生んだ[8]。Böckelは1903年に議席を失い、引退した[12]

ドイツ改革党 1900-1910[編集]

1900年にZimmermannがドイツ改革党(DRP)の名称を再利用し始め、1910年まで帝国議会での議席を維持した[13]。同党はドイツ革命でドイツ帝国が崩壊するまで維持した。

脚注[編集]

  1. ^ Matthew Lange, 2007, pp. 126-127
  2. ^ a b Richard S. Levy, Antisemitism: A Historical Encyclopedia of Prejudice and Persecution, ABC-CLIO, 2005, p. 22
  3. ^ Christian Davis, Colonialism, Antisemitism, and Germans of Jewish Descent in Imperial Germany, University of Michigan Press, 2012, p. 26
  4. ^ Matthew Lange, 2007, p. 151
  5. ^ Michael C. Thomsett, The German Opposition to Hitler: The Resistance, the Underground, and Assassination Plots, 1938-1945, McFarland, 1997, p. 9
  6. ^ a b Davis, Colonialism, Antisemitism, and Germans of Jewish Descent in Imperial Germany, p. 33
  7. ^ a b c ドイツ史 3,p.9-10.
  8. ^ a b Robert Melson, Revolution and Genocide: On the Origins of the Armenian Genocide and the Holocaust, University of Chicago Press, 1996, p. 118
  9. ^ #モッセ1996,p.171.
  10. ^ Lange,, p. 183
  11. ^ #下村 1972,p.103-106.
  12. ^ Dan S. White, The Splintered Party: National Liberalism in Hessen and the Reich, 1867-1918, 1976, p. 146
  13. ^ Walther Killy (ed.), Dictionary of German Biography: Thibaut - Zycha, Volume 10, Walter de Gruyter, 2006, p. 705

参考文献[編集]

  • Matthew Lange, Antisemitic Elements in the Critique of Capitalism in German Culture, 1850-1933, Peter Lang AG, Internationaler Verlag der Wissenschaften, 2007, ISBN 978-3039110407
  • 成瀬治山田欣吾木村靖二 『ドイツ史〈2〉1648年~1890年』 山川出版社〈世界歴史大系〉、1996年。ISBN 978-4634461307。
  • 『ドイツ史 3』 木村靖二成瀬治山田欣吾編、山川出版社〈世界歴史大系〉、1997年7月。
  • ジョージ・モッセ; 三宅昭良訳 『ユダヤ人の<ドイツ>』 講談社〈選書メチエ〉、1996年。 [原著1985年]
  • 下村由一「ドイツにおける近代反セム主義成立の諸前提(1)」、『駒澤大學外国語部紀要』第1巻第98号、1972年3月、 98-117頁、 NAID 120005493194

関連項目[編集]