ドゥアンチャイ・ピチット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ドゥアンチャイ・ピチット
ດວງໃຈ ພິຈິດ
Douangchay Phichit
Douangchay Phichith.jpg
生年月日 1946年4月5日
出生地 フランス領インドシナアッタプー県
没年月日 2014年5月17日
死没地 ラオスの旗 ラオスシエンクワーン県
出身校 ベトナム軍事アカデミー
ソ連軍事アカデミー
所属政党 ラオス人民革命党

ラオスの旗 第4代国防大臣
内閣 ブンニャン・ウォーラチット内閣
ブアソーン・ブッパーヴァン内閣
トーンシン・タムマヴォン内閣
在任期間 2001年 - 2014年5月17日
国家主席 カムタイ・シーパンドーン
チュンマリー・サイニャソーン

ラオスの旗 副首相
内閣 ブアソーン・ブッパーヴァン内閣
トーンシン・タムマヴォン内閣
在任期間 2006年 - 2014年5月17日
国家主席 チュンマリー・サイニャソーン
テンプレートを表示

ドゥアンチャイ・ピチットラーオ語: ດວງໃຈ ພິຈິດ / Douangchay Phichit, 1946年4月5日 - 2014年5月17日)はラオス軍人政治家ラオス人民軍副総参謀長、国防大臣、副首相を歴任。ラオス人民革命党政治局員。最終階級は中将。

経歴[編集]

ドゥアンチャイは1946年、ラオス南部のアッタプー県サイセーター郡に生まれた[1][2]。ベトナムの軍事アカデミーに派遣され、内戦末期にラオス人民解放軍に参加[1]。人民民主共和国の建国後も軍に留まり、1982年にはソビエト連邦の軍事アカデミーでも訓練を受けた[1]

国防省参謀本部部長、国防副大臣を歴任[3]。1991年3月の第5回人民革命党大会において党中央委員に選出され、党内序列第53位となる[4]。翌1992年には副総参謀長に任命[1]

1996年3月の第6回党大会においては、人民軍准将の階級で党中央委員に再選出され、序列22位へ昇格した[5]

2001年3月の第7回党大会においては、人民軍少将の階級で党中央委員および党政治局員に選出され、序列第10位に昇格[6]。同年3月27日、第4期第7回国会において新たにブンニャン・ウォーラチット内閣が成立すると、チュンマリー・サイニャソーン中将に代わって国防大臣に就任した[1][7]。チュンマリーとドゥアンチャイはサイセーター郡の同郷であり、チュンマリーが引退後も影響力を行使するための人事であったと見られる[2]

2006年3月の第8回党大会において党政治局員に再選出され第9位となり[8]、大会後は中将に昇格した[1]。同年6月の第6期第1回国会においてブアソーン・ブッパーヴァン副首相が首相に昇格すると、それに伴い副首相の兼務となった[1][9]

2014年5月17日、ドゥアンチャイはジャール平原における対王党派軍戦勝55周年式典に出席するため、首都ヴィエンチャンから空路でシエンクワーン県ポンサワンに向かった[10]。しかし、搭乗したアントノフAN-74TK-300が同県西部に墜落[10][11] [12]。この事故ではドゥアンチャイや他の党・政府要人を含む15名が死亡し、2名が生存した[13]

後任には、5月末にセンヌアン・サイニャラート副大臣が国防大臣代行に任ぜられ、7月の国会で国防大臣として正式承認された[14]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g Stuart-Fox(2008), p.83.
  2. ^ a b 山田(2015年)、306ページ。
  3. ^ NEW CENTRAL COMMITTEE LINEUP, 2006 March 31
  4. ^ 山田(2002年)、128ページ・表4。
  5. ^ 山田(2002年)、131ページ・表5。
  6. ^ 山田(2002年)、123ページ表1、139ページ・表6。
  7. ^ 山田(2002年)、143ページ・表7。
  8. ^ 山田(2007年)、261ページ。
  9. ^ 山田(2007年)、261ページ。
  10. ^ a b 【ラオス】軍用機墜落で副首相ら閣僚含む14名が死亡」『GLOBAL NEWS ASIA』 2014年5月18日
  11. ^ Lizzie Dearden (2014年5月17日). “Laos plane crash: Defence minister Douangchay Phichit and government officials presumed dead”. INDEPENDENT. http://www.independent.co.uk/news/world/asia/laos-defence-minister-and-government-officials-killed-in-plane-crash-9389396.html 2015年11月4日閲覧。 
  12. ^ 搭載機はAN-74TK-300Dとも伝えられている。“Lao defence minister killed in plane crash”. Bangkok Post. (2014年5月17日). http://www.bangkokpost.com/lite/topstories/410264/lao-defence-minister-killed-in-plane-crash 2015年11月4日閲覧。 
  13. ^ 山田(2015年)、304ページ。
  14. ^ 山田(2015年)、307ページ。

参考文献[編集]

  • 山田紀彦「ラオス人民革命党第7回大会 ― 残された課題 ― 」石田暁恵編 『2001年党大会後のヴィエトナム・ラオス - 新たな課題への挑戦』 アジア経済研究所、2002年3月。
  • 山田紀彦「貧困問題解決への強い意志を示した新指導部 - 2006年のラオス」『アジア動向年報2007』 アジア経済研究所、2007年。
  • 山田紀彦「燻る政治・経済の不安と党大会への準備 - 2014年のラオス」『アジア動向年報2015』 アジア経済研究所、2015年。
  • カム・ヴォーラペット 『現代ラオスの政治と経済』 めこん、2010年。
  • Stuart-Fox, Martin (2008). “DOUANGCHAY PHICHIT (Duangchai Phichit) (1946- )”. Historical Dictionary of Laos (Third ed.). Scarecrow Press. pp. 83. ISBN 9780810856240. 

関連項目[編集]

  • トンパン・セーンアポーン英語版 - 党中央委員、党書記局書記、公安大臣。同じ機で墜落死。
  • スカン・マハーラート英語版 - 党中央委員、党書記局書記、首都ヴィエンチャン市長。同じ機で墜落死。
  • チュアン・ソンブンカン英語版 - 党中央委員、党書記局書記、党中央委員会宣伝・訓練委員会委員長。同じ機で墜落死。


先代:
チュンマリー・サイニャソーン
ラオス人民民主共和国国防相
2001年 - 2014年
次代:
センヌアン・サイニャラート