ドゥシャン・ラヨビッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ドゥシャン・ラヨビッチ
Dušan Lajović
Tennis pictogram.svg
Dušan Lajović 5, Aegon Championships, London, UK - Diliff.jpg
ドゥシャン・ラヨビッチ
基本情報
国籍 セルビアの旗 セルビア
出身地 同・ベオグラード
生年月日 (1990-06-30) 1990年6月30日(29歳)
身長 183cm
体重 83kg
利き手
バックハンド 片手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2007年
ツアー通算 2勝
シングルス 1勝
ダブルス 1勝
生涯獲得賞金 4,491,105 アメリカ合衆国ドル
4大大会最高成績・シングルス
全豪 2回戦(2014・16・17)
全仏 4回戦(2014)
全英 2回戦(2014・17)
全米 3回戦(2018)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 2回戦(2017)
全仏 ベスト8(2019)
全英 2回戦(2018)
全米 2回戦(2014・18)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 23位(2019年4月29日)
ダブルス 104位(2015年6月8日)
2019年8月28日現在
テンプレート  プロジェクト テニス

ドゥシャン・ラヨビッチDušan Lajović, セルビア語: Душан Лајовић, 1990年6月30日 - )は、セルビアベオグラード出身の男子プロテニス選手。男子テニス国別対抗戦・デビスカップでの代表経歴を持っている。これまでにATPツアーでシングルス1勝、ダブルス1勝を挙げている。自己最高ランキングはシングルス23位、ダブルス104位。身長183cm。右利き、バックハンド・ストロークは片手打ち。

来歴[編集]

8歳からテニスを始める。2013年のデビスカップ決勝のチェコ戦にヤンコ・ティプサレビッチが怪我のため欠場したため、ノバク・ジョコビッチに次ぐセルビアの2番手として出場した。トマーシュ・ベルディハラデク・ステパネクにストレートで敗れチームも2勝3敗で敗退し優勝を逃した。

4大大会では2014年全豪オープンで予選を勝ち上がり初出場した。2回戦で錦織圭に1-6, 1-6, 6-7(3)で敗れた。 2度目の4大大会出場となった全仏オープンでは4回戦まで勝ち進んだ。4回戦では優勝した第1シードのラファエル・ナダルに1-6, 2-6, 1-6で完敗した。翌年の全仏オープンでも2回戦で、優勝した第8シードのスタン・ワウリンカに3-6, 4-6, 7-5, 3-6で敗れた。

2019年のモンテカルロ・マスターズでは、決勝戦でファビオ・フォニーニに3-6, 4-6で敗れたものの、ダビド・ゴフィンドミニク・ティエムを倒し、自身初のマスターズ決勝進出を果たす飛躍を見せた[1]。7月のクロアチア・オープンでも決勝に進出すると、決勝戦ではアッティラ・バラージュに7-5, 7-5で勝利し、ツアー初優勝を果たした[2]

ATPツアー決勝進出結果[編集]

シングルス: 2回 (1勝1敗)[編集]

大会グレード
グランドスラム (0-0)
ATPワールドツアー・ファイナル (0-0)
ATPワールドツアー・マスターズ1000 (0-1)
ATPワールドツアー・500シリーズ (0-0)
ATPワールドツアー・250シリーズ (1-0)
サーフェス別タイトル
ハード (0-0)
クレー (1-1)
芝 (0-0)
カーペット (0-0)
結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
準優勝 1. 2019年4月21日 モナコの旗 モンテカルロ クレー イタリアの旗 ファビオ・フォニーニ 3-6, 4-6
優勝 1. 2019年7月21日 クロアチアの旗 ウマグ クレー ハンガリーの旗 アッティラ・バラージュ 7-5, 7-5

ダブルス: 2回 (1勝1敗)[編集]

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
準優勝 1. 2014年7月27日 クロアチアの旗 ウマグ クレー クロアチアの旗 フランコ・シュクゴール チェコの旗 フランティシェク・チェルマク
チェコの旗 ルカシュ・ロソル
4–6, 6–7(5)
優勝 1. 2015年5月3日 トルコの旗 イスタンブール クレー モルドバの旗 ラドゥ・アルボット スウェーデンの旗 ロベルト・リンドステット
オーストリアの旗 ユルゲン・メルツァー
6–4, 7–6(2)

4大大会シングルス成績[編集]

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019 通算成績
全豪オープン LQ LQ 2R 1R 2R 2R 1R 1R 3–6
全仏オープン LQ LQ 4R 2R 2R 1R 2R 3R 8–6
ウィンブルドン LQ LQ 2R 1R 1R 2R 1R 1R 2–6
全米オープン LQ LQ 1R LQ 1R 1R 3R 2R 3-5

脚注[編集]

  1. ^ 世界48位ラヨビッチ 自身初の決勝へ。メドベージェフをストレートで破る[ATP1000 モンテカルロ]”. www.thetennisdaily.jp. 2019年7月22日閲覧。
  2. ^ 悲願の初V「記憶に残る」”. news.tennis365.net. 2019年7月22日閲覧。