ドゥシャン・ルジック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ドゥシャン・ルジック
Dushan Ruzic
基本情報
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
出身地 ノーザンテリトリー準州ダーウィン
生年月日 (1982-01-05) 1982年1月5日(35歳)
身長
体重
6' 6" =約198.1 cm
248 lb =約112.5 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
派遣歴
国際大会
代表チーム オーストラリアの旗 オーストラリア
WBC 2009年2013年2017年

ドゥシャン・ルジックDushan Ruzic1982年1月5日 - )は、オーストラリア連邦ノーザンテリトリー準州ダーウィン出身のプロ野球選手投手)。右投右打。

「日豪親善 野球日本代表最終強化試合」の際は、デュシャン・ルジッチと表記された[1]

経歴[編集]

MLB傘下時代[編集]

2005年から2007年までMLBの傘下でプレーしていた[要出典]

2007年オフの11月に「日豪親善 野球日本代表最終強化試合」のオーストラリア代表に選出された[1]

オランダ球界時代[編集]

2008年フーフトクラッセDOORネプチューンズに入団した[要出典]

2009年もネプチューンズでプレーした[要出典]

2010年限りで退団した[要出典]

リミニ時代[編集]

2011年イタリアンベースボールリーグリミニ・ベースボールクラブでプレーした[要出典]。同年限りで退団した[要出典]

オランダ球界復帰[編集]

2012年は古巣のDOORネプチューンズに復帰した[要出典]。同年限りで退団した[要出典]

ネプチューンズ退団後[編集]

2013年3月に開催された第3回WBCのオーストラリア代表に選出された[2]

2016年6月6日に第28回ハーレムベースボールウィークのオーストラリア代表に選出された[3]

2017年2月9日に第4回WBC本戦のオーストラリア代表に選出された[4]

選手としての特徴[編集]

詳細情報[編集]

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 日豪親善 野球日本代表最終強化試合 オーストラリア代表チーム[リンク切れ] 日本野球機構オフィシャルサイト 2015年6月7日閲覧
  2. ^ 2013 Tournament Roster[リンク切れ] WBC公式サイト (英語) 2015年6月7日閲覧
  3. ^ Team Australia squad announced for Honkbal Baseball Australia Southern Thunder (英語) (2016年6月6日) 2016年7月17日閲覧
  4. ^ Australia’s roster finalised for WBC Baseball Australia Southern Thunder (英語) (2017年2月9日) 2017年2月13日閲覧

関連項目[編集]