ドゥンガ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はプレドルン第二姓(父方の)はヴェーリです。
ドゥンガ Football pictogram.svg
Aecio Neves e Dunga - 17-06-2008 (8368243127) (cropped).jpg
ブラジル代表監督でのドゥンガ (2008年)
名前
本名 カルロス・カエターノ・ブレドルン・ヴェーリ
Carlos Caetano Bledorn Verri
愛称 ドゥンガ、鬼軍曹
ラテン文字 DUNGA
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1963-10-31) 1963年10月31日(57歳)
出身地 イジュイポルトガル語版
身長 177cm
体重 81kg
選手情報
ポジション MF (DH)
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1980-1984 ブラジルの旗 インテルナシオナル 10 (0)
1985 ブラジルの旗 コリンチャンス 13 (1)
1986 ブラジルの旗 サントス 16 (1)
1987 ブラジルの旗 ヴァスコ・ダ・ガマ 17 (1)
1987-1988 イタリアの旗 ピサ 23 (2)
1988-1992 イタリアの旗 フィオレンティーナ 124 (8)
1992-1993 イタリアの旗 ペスカーラ 23 (3)
1993-1995 ドイツの旗 VfBシュトゥットガルト 54 (7)
1995-1998 日本の旗 ジュビロ磐田 99 (16)
1999 ブラジルの旗 インテルナシオナル 20 (3)
通算 377 (42)
代表歴
1982-1998 ブラジルの旗 ブラジル 91 (6)
監督歴
2006-2010  ブラジル
2008  ブラジル U-23
2011-2012 カタールの旗 アル・ラーヤン
2013 ブラジルの旗 インテルナシオナル
2014-2016  ブラジル
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

カルロス・カエターノ・ブレドルン・ヴェーリ (Carlos Caetano Bledorn Verri, 1963年10月31日 - ) 、通称ドゥンガ (Dunga) は、ブラジルリオグランデ・ド・スル州出身の元サッカー選手サッカー指導者。ポジションはミッドフィールダーボランチ)。

ブラジル代表選手として1990年1994年1998年ワールドカップに出場した。2006年7月から2010年7月まで(第1期)と2014年7月から2016年6月まで(第2期)代表監督を務めた。

選手経歴[編集]

ブラジル南部のリオグランデ・ド・スル州でドイツ系およびイタリア系移民の家に生まれた。あだ名の「ドゥンガ」は「白雪姫と七人のこびと」に登場するこびとに由来する。ドゥンガの父親もサッカー選手であった。 プロ選手になるためのセレクションに合格し、インテルナショナルで寮生活を送った。

出身地から近い名門インテルナシオナルでプロデビュー、1987年にピサに移籍、ペスカーラ戦でセリエAでの初ゴールを決める[1]など活躍、僅か1シーズンのみでフィオレンティーナに移籍、1992-93シーズンはペスカーラで活躍した。1988-89シーズンから4シーズンプレーしたフィオレンティーナでは(2017年に)、殿堂入りも果たした[2]

1987年5月19日イングランド戦で代表デビュー[3]1990年のワールドカップでは、ラウンド16のアルゼンチン戦で、後半35分にディエゴ・マラドーナのスルーパスからカ二ーヒャにゴールを許し、敗北、早期敗退の原因としてGKのタファレル、監督のラザロニなどとともにメディアから厳しく批判された[4]。批判は数年にわたって続き、「国民の恥」(ドゥンガ著「勝利の条件」より)とまで言われた。1994 FIFAワールドカップでは全試合でプレー、ライーからキャプテンを引き継ぎ[5]、決勝のイタリア戦ではPK戦でブラジル最後のキッカーとしてPKを成功させるなど[6]、ブラジルを優勝に導き、FIFAが選出した大会ベストイレブンに選ばれた[7]1998 FIFAワールドカップでもキャプテンとして決勝進出に少なからぬ貢献を果たした。

1993-94シーズンからVfBシュトゥットガルトへ移籍しプレー、契約満了が近づきイングランドやブラジルからのオファーを検討していたが[8]、以前から日本の映画が好きで、日本文化に興味を持っていたこと、ジュビロから熱心な誘いを受けたことなどにより[8]、」1995年7月から日本のジュビロ磐田でプレー、9月13日サンフレッチェ広島戦でJリーグ初ゴールを決める[9]。ここで強いリーダーシップでチームを牽引して[10]、1997年には2ndステージで初優勝を果たす。ドゥンガはJリーグチャンピオンシップを欠場したが、磐田は1stステージ優勝の鹿島アントラーズを破り[11][12]、Jリーグ年間優勝を果たし[10]、その功績からJリーグベストイレブンとMVPを受賞した。

1998年の1stステージで優勝。2ndステージは2位、Jリーグチャンピオンシップは、鹿島アントラーズに敗戦した。2年連続のベストイレブンに選出されるなどの活躍を続けていたが[10]、磐田と金銭面で折り合いが付かず退団した。シーズンの最終節、11月14日のガンバ大阪戦ではジュビロでのラストゴールを決め、5-4と勝利した[13]。Jリーグでは通算99試合出場16ゴールの成績を残した[9]。その後は古巣インテルナシオナルで1シーズンプレー後に現役を引退した。

引退後は「市民能力開発のためのドゥンガ財団」の代表として社会福祉活動などに従事するとともに、1999年から2004年にかけてはジュビロ磐田のチームアドバイザーも務めた。

監督経歴[編集]

ブラジル代表(第1期)[編集]

カルロス・アルベルト・パレイラの後任として2006年7月にブラジル代表監督に就任、監督およびコーチ経験の無いままセレソンを率いることになった。

監督就任以降はフレッジロビーニョシシーニョなどの若手選手を積極的に起用した。その一方でベテランのカフーエメルソンゼ・ロベルトロナウドなどは招集しなかった。

パレイラが重用していたアドリアーノカカロナウジーニョからなる通称「カルテット・マジコ」にたいしては「前線にアタッカーを4人並べる危険なことはしない」と否定的である。流れるようなパスワークといった芸術性よりも、規律を遵守した組織的な守備重視の戦術を採用しておりブラジルのメディアからはつまらないサッカーだと批判されていた[14]

南アフリカW杯の南米予選においては前半戦で3試合連続無得点を記録し一時は5位にまで後退したため、スタジアムのファンからブーイングを浴び、試合のたびに「Adeus Dunga(さらばドゥンガ)」の合唱が起こり、メディアからも厳しく批判されたがその後は持ち直し、9月に行われたアウェーのアルゼンチンに3-1で勝利し第1回大会から19回連続となるW杯出場を決めた[15]

しかし、本大会では優勝候補とされながら準々決勝で敗退。この責任を問われ、解任された[16]

アル・ラーヤン[編集]

2011年8月29日カタールスターズリーグに所属するアル・ラーヤンSCの監督に就任した[17]

ブラジル代表(第2期)[編集]

2015年のドゥンガ

地元ブラジル開催であった2014 FIFAワールドカップに於いて4位に終わる惨敗を喫して退任したルイス・フェリペ・スコラーリの後任として再びブラジル代表の指揮を執ることが、2014年7月22日に発表された[18][19]。しかし、2018 FIFAワールドカップ南米予選では中位に苦しみ、さらに2016年のコパ・アメリカ・センテナリオではグループリーグ敗退に終わり、2016年6月14日に解任された。

エピソード[編集]

サントスFC時代には三浦知良とチームメイトであった。三浦は「普段は優しいが試合になるとまるで人間が変わったかの様に厳しかった。」と後に回想した[20]

1994 FIFAワールドカップ開催時、パレイラ代表監督がロマーリオの扱いに困っていたのをみて、ワールドカップの優勝にロマーリオの存在は不可欠だと、宿舎では自ら進んでロマーリオと同部屋となった。これが功を奏して、ロマーリオは大会中5ゴールを決め、優勝の立役者となった[21]

ジュビロ在籍時、子供の学業の影響で家族は名古屋に在住、ドゥンガは単身赴任の形で磐田に在住する形となり[8]、地元に馴染むために祭りなどにも参加していた[8]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯オープン杯 期間通算
1980 インテルナシオナル
1981
1982 セリエA 1 0
1983 4 0
1984 5 0
1985 コリンチャンス 13 1
1986 サントス 16 1
1987 ヴァスコ・ダ・ガマ 17 1
イタリア リーグ戦 イタリア杯オープン杯 期間通算
1987-88 ピサ セリエA 23 2
1988-89 フィオレンティーナ 30 3
1989-90 28 0
1990-91 33 1
1991-92 33 4
1992-93 ペスカーラ 23 3
ドイツ リーグ戦 リーグ杯DFBポカール 期間通算
1993-94 シュトゥットガルト ブンデス1部 27 4
1994-95 26 3
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
1995 磐田 - J 25 1 - 2 0 27 1
1996 20 4 13 0 1 0 34 4
1997 8 26 5 11 1 0 0 37 6
1998 28 6 0 0 0 0 28 6
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯オープン杯 期間通算
1999 インテルナシオナル セリエA 16 1
通算 ブラジル セリエA
イタリア セリエA 170 13
ドイツ ブンデス1部 53 7
日本 J 99 16 24 1 3 0 126 17
総通算

その他の公式戦

個人タイトル[編集]

代表歴[編集]

著書[編集]

  • 「セレソン」、日本放送出版協会、1998年
  • 「PROFESSIONAL勝者の条件―勝ち残る者と敗れ去る者の違いとは」、経済界 、1998年

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Pescara - Pisa sept19, 1987”. www.transfermarktl. 2020年5月15日閲覧。
  2. ^ 2017 Fiorentina Hall of Fame”. violachannel (2017年12月1日). 2020年5月15日閲覧。
  3. ^ サンスパーク カップ1995(日本代表xブラジル代表) 大会公式パンフレット p10-11
  4. ^ 現役ブラジル代表主将にして、磐田に加入したドゥンガ。危機感不足に驚いたJリーグ時代”. footballchannel.jp (2019年8月13日). 2020年4月16日閲覧。
  5. ^ 現役ブラジル代表主将にして、磐田に加入したドゥンガ。危機感不足に驚いたJリーグ時代3”. footballchannel.jp (2019年8月13日). 2020年4月16日閲覧。
  6. ^ “Brazil-Italy Jul17 1994 Match sheet”. www.transfermarkt.co.uk. https://www.transfermarkt.co.uk/spielbericht/index/spielbericht/936193 2020年4月17日閲覧。 
  7. ^ ドゥンガが語る日本への思い。”. sportiva.shueisha (2020年5月15日). 2020年5月15日閲覧。
  8. ^ a b c d Sports Graphic Number 2019 3.14号 973号 p54-55
  9. ^ a b ドゥンガ”. data.j-league. 2020年4月16日閲覧。
  10. ^ a b c Jリーグ歴代最強外国籍選手ベストイレブン。レジェンドたちに割って入る現役選手は”. news.livedoor.com. 2020年4月16日閲覧。
  11. ^ 97サントリーチャンピオンシップ 第1節第1日”. data.j-league. 2020年4月16日閲覧。
  12. ^ 97サントリーチャンピオンシップ 第2節第1日”. data.j-league. 2020年4月16日閲覧。
  13. ^ 1998Jリーグ 2ndステージ 第17節第1日”. data.j-league. 2020年4月16日閲覧。
  14. ^ ブラジルが19大会連続W杯 / W杯予選
  15. ^ http://hochi.yomiuri.co.jp/soccer/world/news/20090906-OHT1T00260.htm
  16. ^ ドゥンガ監督を解任=サッカー・ブラジル代表
  17. ^ Dunga takes over Al Rayyan reins Archived 2012年12月14日, at the Wayback Machine.
  18. ^ Dunga é o novo técnico da Seleção Brasileira Confederação Brasileira de Futebol(ブラジルサッカー連盟)22/07/2014
  19. ^ ドゥンガ氏ブラジル監督復帰「とても幸せ」 日刊スポーツ 2014年7月23日閲覧
  20. ^ 三浦知良インタビュー「デビュー戦でドゥンガにこっぴどく叱られた」”. www.soccer-king.jp. 2020年4月9日閲覧。
  21. ^ 直談判してロマーリオと同室に”. number.bunshun.jp. 2020年4月16日閲覧。