ドゥードゥルアート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ドゥードゥルアートは、『落書き』を意味するDoodle(ドゥードゥル)から産まれた美術用語。

背景[編集]

肯定的にとらわれることの少ないLowbrow(ロウブロウ)と呼ばれるアート文化にドゥードゥルは内包されていた。

自由奔放でエネルギーに満ち溢れた表現方法であったが、一般に受け入れづらく、一部のアートファンから評価されるにとどまっていた。その評価に際し、アーティストたちは、この文化をシンプルにしていき、徹底的にローブロウをシェイプ。残った洗練されたものをDoodle Artと分けて言うようになった。

関連作家[編集]

(以下未翻訳英語ページのみ)