DOGATCH

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

DOGATCHドガッチ)はテレビ番組情報を中心とした動画配信ポータルサイト広告収入によりサイト運営されており、動画は無料で視聴することができる。

目次

概要

サイト

インターネットテレビサイトという括りにあるものの、GyaoYahoo!動画とはコンセプトが異なり、あくまでターゲットは、テレビ局VODサイトへのナビゲーションである。そのため、映画ドラマの動画を一本まるごと配信するというより、ハイライト動画を配信することで、VODサイトへの誘導を促す役目を果たしている。また、Gガイドによるテレビ番組表の配信や、テレビ番組の特集コンテンツの配信も行っており、テレビ番組視聴もターゲットとしているといえる。その他のコンテンツとしては、テレビ局出資の映画特集、ニュース動画配信等がある。
資本元がキー局5社であり、コンテンツの充実度は高いものの、上記のように、配信される動画はハイライト動画であり、GyaoやYahoo!動画に比べ、動画充実度が高いとは必ずしもいえない。 また、ナビゲーション先となるVODサイト内の、動画の充実度、目的の動画ページへのナビゲートがわからりづらい点も課題といえる。
なお、動画を視聴するには、会員登録が必要である(ニュースなど、会員登録なしで視聴可能な動画もある)。

2008年3月には、サービス名称を「テレビドガッチ」に変更した。[1]

2008年8月には、北京オリンピックの競技をダイジェストで視聴できるgorin.jpをオープンした。

主なナビゲーション先サイト

運営会社

DOGATCHの運営は、プレゼントキャストにより行われている。プレゼントキャストは、民放5局(日本テレビTBSフジテレビテレビ朝日テレビ東京)と大手広告代理店電通博報堂DYメディアパートナーズアサツー ディ・ケイ東急エージェンシー)が共同で設立した会社である。なお、出資率が最も高いのは電通である。

歩み

  • 2006年6月1日 プレオープン、2006年FIFAワールドカップのハイライトシーンなどを無料配信。
  • 2007年12月1日 正式にサイトオープン。テレビ番組表や各局の映画・イベント・VODの紹介を動画を使って配信。

これまでに扱ったコンテンツ

スポーツ

映画

テレビ番組

登場した主な著名人

今日は何の日(10月15日

もっと見る

「ドガッチ」のQ&A