ドキドキホットライン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

ドキドキホットラインは、東北放送製作のラジオ放送深夜のローカル番組

特徴[編集]

  • ドキドキホットラインの放送時間・曜日は改編期に変更される場合が多かった。

それは、東北放送の自社制作番組であったためスポンサー枠にとらわれることなく放送された為 どうしてもオールナイトニッポン前座的位置であったり、日曜深夜の放送終了前に放送されることが多かった。 それにもかかわらず、10代前半のリスナーが多く、リスナーミーティングと称しTBCホールに集合し公開録音を行うこともあった。

放送内容[編集]

パーソナリティは当時宮城学院女子大学の学生であった伊勢みずほ(のちに新潟放送アナウンサー。現在は新潟県を中心としてローカルタレント・フリーアナウンサー)を起用し、リスナーからの投稿に依るものが多かった。

内容的に某掲示板の書き込み内容に近い要素(萌えメイド制服フェチ)・アニオタロリコン)があった。 内容としては以下のとおり。

  • 先輩彼女欲しいっすね~(唯一「電車男」的ファクターを持たないまじめな恋愛相談コーナー)
  • リーディングストーリー
  • うちのムーにゃん
  • メイドさん・巫女さん・婦警さん
  • チャイドルの持ってるお金はちっちゃい$

主な番組に関わる事象[編集]