ドクターディーノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
ドクターディーノ
Doctor Dino 20071209.JPG
ドクターディーノ(2007年香港ヴァーズ)
現役期間 2004年 - 2009年
英字表記 Doctor Dino
香港表記 迪諾醫生
品種 サラブレッド
性別
毛色 栗毛
生誕 2002年3月16日(10歳)
死没 (現役種牡馬)
Muhtathir
Logica
母の父 Priolo
生国 フランスの旗 フランス
生産 エキュリー・ペルダー
馬主 ディーノ・ナニ
調教師 リチャード・ギブソンシャンティイ
競走成績
生涯成績 30戦9勝(総合)
21戦6勝(フランス)
1戦0勝(シンガポール)
2戦1勝(アメリカ)
1戦0勝(イギリス)
2戦2勝(香港)
2戦0勝 (UAE)
1戦0勝(カナダ)
獲得賞金 276万8628ユーロ(総合)
テンプレートを表示

ドクターディーノ(またはドクトルディノDoctor Dino)は、フランスで生産された元競走馬である。

競走馬時代には、2007年マンノウォーステークス香港ヴァーズを制すなど各国の競走で走った経歴を持つ。主戦騎手オリビエ・ペリエが務め、14戦で7勝(うち重賞競走5勝)した。

目次

経歴

戦績

2歳時の2004年に競走馬デビュー以降は自国のフランスで走り、重賞競走などで好走していたが重賞競走の勝ち鞍は5歳時の2006年に制したプロヴァンス大賞 (G3) のみだった。

6歳となった2007年は、この年初戦のガネー賞で3着となり、以降は海外遠征を繰り返し、遠征初戦の5月にシンガポール航空国際カップに出走し、勝ったシャドウゲイト、2着のコスモバルクに続く3着に入った。その後はアメリカ合衆国に渡り、8月のアーリントンミリオンで3着となり、9月にはオリビエ・ペリエ騎乗でマンノウォーステークスを制しG1競走初勝利を挙げた。以降ペリエが主戦騎手として騎乗し、イギリスチャンピオンステークスで3着、12月には香港に渡って第14回香港ヴァーズを制してG1競走2勝目を挙げた。

7歳となった2008年は、ドバイに遠征してドバイシーマクラシックで3着となった後は自国で走り、6月にシャンティ大賞 (G2) を制して重賞競走4勝目を挙げた。その後サンクルー大賞で3着、ドーヴィル大賞 (G2) で2着となった後は再び海外遠征を行い、カナダに渡って10月にカナディアン国際ステークスランフランコ・デットーリが初騎乗して出走したが5着、12月には2年連続で香港ヴァーズに出走し、鞍上がペリエに戻って同競走2連覇を達成した。

8歳となった2009年は、前年と同じくドバイに遠征してドバイシーマクラシックに出走したが8着だった。レース後、の損傷により競走馬を引退することとなり[1]、予備登録を行い選出馬となっていた天皇賞(春)への出走は辞退した[2]。その後、フランスHaras du Mesnil牧場にて種牡馬入りすることになった。

主な勝ち鞍

  • 2006年 (4歳)
    • アンドレ・バボワン賞 (G3)
  • 2007年 (5歳)
  • 2008年 (6歳)
    • シャンティ大賞 (G2)
    • 香港ヴァーズ (G1)

血統表

ドクターディーノ(Doctor Dino / 迪諾醫生)血統 シャーペンアップ系/Northern Dancer5×4=9.38%・Nearctic5×5=6.25%)

Muhtathir
1995 栗毛
Elmaamul
1987 栗毛
Diesis Sharpen Up
Doubly Sure
Modena Roberto
Mofida
Majmu
1988 鹿毛
Al Nasr Lyphard
Caretta
Affirmative Fable Affirmed
Fairway Fable

Logica
1994 鹿毛
Priolo
1987 鹿毛
Sovereign Dancer Northern Dancer
Bold Princess
Primevere Irish River
Spring is Sprung
Salagangai
1982 栗毛
Sallust Pall Mall
Bandarilla
Malagangai *ノノアルコ
La Route Millard F-No.1-n

脚注

今日は何の日(10月18日

もっと見る