ドクター小石の事件カルテ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ドクター小石の事件カルテ
ジャンル テレビドラマ
原作 由良三郎
川田弥一郎
脚本 田辺満
演出 長尾啓司
出演者 橋爪功
西尾まり
安達祐実
伊藤昌一
製作
プロデューサー 赤司学文
石川好弘
制作 フジテレビ
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
第1作 - 第2作
(金曜エンタテイメント)
オープニング 主題歌を参照
エンディング 主題歌を参照
放送期間 2004年10月22日 - 2006年8月4日
放送時間 変遷を参照
回数 2
第3作 - 第6作
(金曜プレステージ)
オープニング 番組オープニングCGを参照
エンディング 番組主題歌を参照
放送期間 2006年12月1日 - 2009年11月6日
放送時間 放送時間の変遷を参照
回数 4
金曜プレステージ

ドクター小石の事件カルテ』(ドクターこいしのじけんカルテ)は、2004年から2009年までフジテレビ系で放送されたテレビドラマシリーズ。全6回。主演は橋爪功

放送枠は「金曜エンタテイメント」(第1作・第2作)、「金曜プレステージ」(第3作 - 第6作)。

毎回、主人公である医師小石三郎が温泉の診療所に派遣され、遭遇した事件を解決するというストーリーになっている。

キャスト[編集]

主人公と看護師[編集]

小石三郎
演 - 橋爪功
翔栄医科大学付属病院の内科医。勤務地は、町立赤石温泉診療所(第1作) → 中之条町立 四万へき地診療所(第4作) → 日光市立 湯西川診療所(第5作)
新山さゆり
演 - 西尾まり(第1作 - 第5作)
看護師。
藍田美鈴
演 - 安達祐実(第6作)
看護師。

その他[編集]

寺島登
演 - 伊藤昌一
翔栄医科大学の教授。小石三郎の友人。

ゲスト[編集]

第1作「血痕」(2004年)
第2作「検死」(2006年)
第3作「毒薬」(2006年)
第4作「劇薬」(2008年)
第5作「毒炎」(2009年)
  • 武士沢剛(今市北警察署 刑事) - 金田明夫
  • 横谷勇市(旅館「花笑」従業員) - 佐々木勝彦
  • 奥山隆輔(鈴子の夫・10年前死亡) - 藤田宗久
  • 森沢杏子(旅館「華の湯」仲居) - 有沢比呂子
  • 赤木(今市北警察署 刑事・武士沢の部下) - 佐野泰臣
  • 桐子(与平の娘) - 福井裕子
  • 松井初枝(息子が2階のベランダから落ちた母) - 麻生侑里
  • 夏美(旅館「華の湯」仲居) - 中村高華[3]
  • 井口(スナックバー「ロン」マスター) - 吉満涼太
  • 日光医療センター 医師 - 渡部雄作渡辺寛二
  • 与平(旅館「華の湯」元主人) - 守屋俊志
  • 奥山大輔(康輔と倫子の息子) - 神宮政宏(幼少期:中村世渚[4]
  • 琵琶 - 櫻井亜木子
  • 奥山康輔(日光国立公園 湯西川温泉「平家の里」職員) - 梨本謙次郎
  • 奥山倫子(旅館「華の湯」若女将・康輔の妻) - 伊藤かずえ
  • 奥山鈴子(旅館「華の湯」女将・康輔の母) - 星由里子
第6作「異物」(2009年)

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

  • 第6作は2009年9月18日に放送される予定であったが変更となった。
    • ※9月13日に達成されたイチローの9年連続200本安打を記念し、『古畑任三郎ファイナル「フェアな殺人者」』が再放送されることとなったため。
話数 放送日 サブタイトル ロケ地
1 2004年10月22日 血痕 山梨県赤石温泉
2 2006年08月04日 検死 福島県西山温泉
3 12月01日 毒薬 山形県小野川温泉
4 2008年02月22日 劇薬 群馬県四万温泉
5 2009年04月17日 毒炎 栃木県湯西川温泉
6 11月06日 異物 山梨県下部温泉

脚注[編集]

  1. ^ プロフィール - ケイエムシネマ企画(アーカイブ)
  2. ^ プロフィール - GTZ
  3. ^ 緊急お知らせ - 中村高華 オフィシャルブログ 2009年4月17日
  4. ^ プロフィール - セントラル(アーカイブ)
  5. ^ プロフィール - On7 -オンナナ-