ドコモ東北ビル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ドコモ東北ビル
NTT DoCoMo Tohoku Building from south-southwest 2010-06-01.jpg
宮城県庁舎付近から見た南側外観(2010年6月)
DoCoMo Tohoku building.jpg
勝山公園付近から見た北側外観(2007年8月)
施設情報
所在地 宮城県仙台市青葉区上杉1丁目1番2号
座標 北緯38度16分11.9秒
東経140度52分26.4秒
状態 完成
建設期間 2001年平成13年)10月24日 ~ 2004年平成16年)4月21日
用途 オフィス
地上高
最頂部 150.0m
屋上 108.0m
各種諸元
階数 地上21階・地下2階
延床面積 30,616
関連企業
設計 NTTファシリティーズ
施工 鹿島建設大成建設フジタ、第一ヒューテック、安藤建設
所有者 NTTドコモ東北支社
テンプレートを表示
仙台城から見た宮城県庁舎とドコモ東北ビル(2009年7月)

ドコモ東北ビル(ドコモとうほくビル)は、仙台市都心部にあるNTTドコモ東北支社ビル。「NTT docomo東北ビル」とも呼ばれる。

概要[編集]

NHK前交差点(愛宕上杉通と北一番丁との十字路)の北西角地の仙台北税務署旧庁舎跡地に、2004年平成16年)3月に竣工[1]。地上21階・地下2階で、高さは150m。100mを超える建造物に適用される仙台市の環境アセスメント条例[2]が初めて適用された超高層ビルである。

ビル内のほとんどは関係者以外入れないが、1階エントランスの「ドコモ市民ギャラリー」は市民に開放されている[3]。また、定禅寺ストリートジャズフェスティバル in 仙台仙台クラシックフェスティバルの際には、一般人が入場可能なステージが設置されてライブが行われる。ビル以外の敷地内は開放されていて、樹木やベンチが設置されている。建築物上部には、通信用の鉄塔をガラス張りにして覆ったアンテナタワーがあり、ユニークな外観となっている。

愛宕上杉通が同ビル付近で屈曲しているため、同通を仙台駅方面から進むと銀杏坂の真正面に見える。同様に、県道仙台泉線(旧国道4号)と愛宕上杉通が屈曲して接続しているため、同線を泉中央副都心方面から進むと、台原段丘を下る辺りで真正面に見える。このため、同ビルは都心部のランドマークでもある。

なお、宮城野区榴岡に所在する、ドコモ東北仙台ビル(ドコモサービス東北の本社が所在。かつては、ビル1Fにはドコモ東北・仙台サービスセンターが所在。同センターを運営していたドコモエンジニアリング東北の本社旧所在地でもある)とは別物である。

大規模災害の発生などで宮城県庁舎に被害を受けた場合、臨時の県災害対策本部などの代替施設として指定されている。[4]

周辺施設[編集]

アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]