ドック・オブ・ベイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ドック・オブ・ベイ
オーティス・レディングシングル
初出アルバム『ドック・オブ・ベイ
リリース
録音 テネシー州メンフィス、スタックス・スタジオ(1967年11月22日12月7日
ジャンル ソウル
時間
レーベル ヴォルト
作詞・作曲 オーティス・レディングスティーヴ・クロッパー
プロデュース スティーヴ・クロッパー
チャート最高順位
オーティス・レディング シングル 年表
ノック・オン・ウッドドック・オブ・ベイザ・ハッピー・ソング
ミュージックビデオ
「(Sittin' On) The Dock Of The Bay」 - YouTube
テンプレートを表示

ドック・オブ・ベイ」(原題: (Sittin' on) The Dock of the Bay)は、アメリカ合衆国シンガーソングライターオーティス・レディングシングル作詞作曲は、オーティス・レディングとスティーヴ・クロッパー

ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・グレイテスト・ソング500(2010年版)では26位にランクされている[1]

概要[編集]

1967年夏、当時カリフォルニア州サウサリートのボートハウスに滞在していたオーティスは、プロデューサーだったスティーヴと共にこの曲を作詞作曲し、12月6日12月7日メンフィスでこの曲の録音を完了させた。しかしその3日後の12月10日、オーティスの自家用飛行機が、ウィスコンシン州マディソンに向かう途中マノマ湖に墜落、オーティスと、バックバンドバーケイズのメンバー、スタッフ、パイロットの4人が死亡した。

1968年、発売前に、アトランティック・レコードのジェリー・ウェクスラーが楽曲にリミックスを行ったが、結局発売されたバージョンはリミックスをかけないものであった。

ビルボード・チャート1位、この年の年間ランキングでは6位と、オーティス最大のヒット曲。また、ロック時代(1955年7月9日以降)では初めて、アーティストの死後に発表されてチャート1位を獲得したシングルとなった。

その後、映画『トップガン』の日本盤オリジナル・サウンドトラックのボーナストラックとして新たに収録された。

カバー・バージョン[編集]

アーティスト名 レコード・CD
1968年 ゴールデン・カップス 『ザ・ゴールデン・カップス・アルバム第2集』
1968年 ステイプル・シンガーズ 『Soul Folk in Action』
1968年 グレン・キャンベル Wichita Lineman
1968年 ジェリー・バトラー 『The Soul Goes On』
1969年 セルジオ・メンデス&ブラジル'66 シングル
1969年 ニノ・テンポ&エイプリル・スティーヴンズ シングル。「シー・オブ・ラブ」とのメドレー。
1969年 ザ・デルズ シングル
1969年 シェール 3614 Jackson Highway
1978年 マーリット 『Siivet saan』。フィンランド語詞でタイトルは「Istun tässä pöydässä taas」。
1981年 オハイオ・プレイヤーズ 『Tenderness』
2007年 小野リサ 『Soul & Bossa』
2018年 Meiko 『Playing Favorites』

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献 [編集]

  • フレッド・ロビンソン著・守屋須三男監修・加藤秀樹訳『ビルボード年間トップ100ヒッツ 1956-1990』音楽之友社、1994年2月10日、ISBN 4-276-23631-2

関連項目[編集]

先代:
ポール・モーリア
恋はみずいろ
Billboard Hot 100 ナンバーワンシングル
1968年3月16日 - 4月6日(4週)
次代:
ボビー・ゴールズボロ
「ハニー」
先代:
インプレッションズ
ウィアー・ア・ウィナー
Hot Rhythm & Blues Singles ナンバーワンシングル
1968年3月16日 - 3月30日(3週)
次代:
アレサ・フランクリン
「愛する貴方を失くして」