ドナウの旅人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

ドナウの旅人』(ドナウのたびびと)は、宮本輝の代表的長編小説である。ドナウ川に沿って西ドイツからルーマニアまでの3,000kmを旅する母と年下の愛人、娘とドイツ人の恋人の2組の男女の心境の変化と成長を、旅の途中で出会う異国の人々、風景とともに描く。

作品の経緯[編集]

あらすじ[編集]

麻沙子の母・絹子は「ドナウを旅したい」という手紙を娘に残し、夫を捨てて家を出る。絹子は17歳年下の愛人・長瀬道雄とともに西ドイツに向かっていた。麻沙子も母を追って西ドイツに向かい、かつてのドイツ人の恋人シギィと再会する。母と長瀬、そして母を見つけた麻沙子とシギィの4人は、ドナウ川を下る旅に出る。

テレビドラマ[編集]

1989年10月1日10月2日の2夜連続にわたって、テレビ朝日開局30周年記念ドラマスペシャルとして放送された。

ほか

関連項目[編集]