ドナルドの博物館見学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ドナルドの博物館見学
Modern Inventions
監督 ジャック・キング
脚本 カール・バークス
製作 ウォルト・ディズニー
出演者 クラレンス・ナッシュ
音楽 オリバー・ウォレス
配給 ユナイテッド・アーティスツ
公開 アメリカ合衆国の旗 1937年5月29日
上映時間 約9分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
前作 ミッキーのアマチュア合戦
次作 ミッキーのハワイ旅行
テンプレートを表示

ドナルドの博物館見学』(ドナルドのはくぶつかんけんがく、原題:Modern Inventions)は、ウォルト・ディズニー・プロダクション(現:ウォルト・ディズニー・カンパニー)が制作したアニメーション短編映画である。

ドナルドの磁石騒動』に続くドナルドダックが主人公の作品だが、本作品もそちらと同じくミッキーマウスの短編映画シリーズに分類される。

あらすじ[編集]

最新のロボットが展示される近代博物館にやってきたドナルド。博物館に入ると早速執事ロボットが出迎え、感心するドナルドだったが、執事の仕事をしようとするロボットに帽子を盗まれてしまう。激怒するドナルドだが、どこからともなく新しい帽子を取り出す。

博物館を回るドナルドは様々なロボットの発明に感心しきり。本人が寝ていても勝手にヒッチハイクしてくれるロボット、物を自動で梱包してくれるマシン、赤ちゃんをあやす子守マシン、お任せで整髪してくれる理容椅子マシンなどなど。興味本位でそんなロボットたちを使ってみるドナルドだったが、ちょっぴり乱暴なロボットたちに大いに振り回されることになる。

スタッフ[編集]

登場キャラクター[編集]

キャラクター 原語版 旧吹き替え版 新吹き替え版
ドナルドダック クラレンス・ナッシュ 関時男 山寺宏一
執事ロボット ビリー・ブレッチャー  ?  ?
子守ロボット  ?  ?  ?
理容椅子ロボット クリフ・エドワード  ?  ?

日本での公開[編集]

収録[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e BCDBでの作品解説ページより。
  2. ^ a b c d IMDBでの作品解説ページより。
[ヘルプ]