ドナルド・セラーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ドナルド・セラーニ
VCJCS hosts USO Spring Tour 160312-D-HU462-263.jpg
基本情報
本名 ドナルド・アンソニー・セローニ
(Donald Anthony Cerrone)
通称 カウボーイ (Cowboy)
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日 (1983-03-29) 1983年3月29日(36歳)
出身地 コロラド州デンバー
所属 ジャクソンズMMA
→BMF・ランチ
身長 185cm
体重 70kg
リーチ 185cm
階級 ライト級
ウェルター級
バックボーン キックボクシングムエタイ
テーマ曲 Cowboy (キッド・ロック
総合格闘技戦績
総試合数 50
勝ち 36
KO勝ち 10
一本勝ち 17
判定勝ち 9
敗け 13
無効試合 1
テンプレートを表示
計量時のセラーニ

ドナルド・セラーニDonald Cerrone1983年3月29日 - )は、アメリカ合衆国男性総合格闘家イタリア系アメリカ人コロラド州デンバー出身。BMF・ランチ主宰。UFC世界ライト級ランキング5位[1]ドナルド・セローニとも表記される。

カウボーイ」というニックネームの通り、入場時にはテンガロンハットを被っている。また入場曲もキッド・ロックの「Cowboy」を使用している。

来歴[編集]

エア・アカデミー高校時代にキックボクシングを始め、ムエタイではS1全米ライト級王座を獲得した[2]。総合格闘家になる以前は暴れ牛乗り(ブルライダー)として働いていた。

2006年2月11日、総合格闘技デビュー戦でネイト・モーアと対戦し、三角絞めで一本勝ちを収め初勝利を飾った。

2007年6月9日、CAGE FORCE 03金原泰義と対戦し、三角絞めで一本勝ち。

WEC[編集]

2007年9月5日、WEC初参戦となったWEC 30でケネス・アレクサンダーと対戦し、トライアングルネッククランクで一本勝ちを収めるも、試合後の薬物検査でヒドロクロロチアジドの陽性反応が検出されたため無効試合に変更された[3]

2008年6月1日、復帰戦となったWEC 34のダニー・カスティーリョ戦ではガードからの腕ひしぎ十字固めで一本勝ちを収めた。11月5日、WEC 36では元ライト級王者のロブ・マックローに3-0の判定勝ちを収めた。

2009年1月25日、WEC 38でジェイミー・ヴァーナーの持つ世界ライト級王座に挑戦、5Rに反則攻撃であるグラウンドでの膝蹴りを与えてしまったためヴァーナーが試合続行不可能となった。最終的にその時点までの判定が行われ、1-2の負傷判定負けを喫し王座獲得に失敗した。ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。その後、ヴァーナーが負傷により防衛戦を行えなかったことから、WEC 43の世界ライト級暫定王座決定戦でベン・ヘンダーソンと対戦。絞め技・関節技を積極的に狙うも、テイクダウンとポジショニングで優位に立たれ、0-3の判定負けを喫し王座獲得に失敗。ファイト・オブ・ザ・ナイトとスポーツ・イラストレイテッドのファイト・オブ・ザ・イヤーを受賞した。

2009年12月19日、WEC 45でエド・ラトクリフと対戦し、3ラウンドにチョークスリーパーで一本勝ち。ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2010年4月24日、WEC 48の世界ライト級タイトルマッチでベン・ヘンダーソンと再戦し、ギロチンチョークで一本負けを喫し王座獲得に失敗した[4]

2010年9月30日、WEC 51ジェイミー・ヴァーナーと再戦し、3-0の判定勝ち[5]。ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2010年12月16日、WEC最終興行となったWEC 53クリス・ホロデッキーと対戦し、三角絞めで一本勝ちを収めた[6]

UFC[編集]

2011年[編集]

2011年2月5日、WEC統合によりUFC初参戦となったUFC 126ポール・ケリーと対戦し、チョークスリーパーで一本勝ち[7]。ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2011年10月29日、UFC 137デニス・シヴァーと対戦し、チョークスリーパーで一本勝ち。サブミッション・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2011年12月31日、UFC 141ネイト・ディアスと対戦。足払いで何度もディアスに尻もちをつかせるもパンチを受け続けて0-3の判定負け。ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2012年[編集]

2012年8月11日、地元デンバーで開催されたUFC 150で元同門で友人のメルヴィン・ギラードと対戦。序盤にギラードの左フックを受けてピンチに陥るも左ハイキックを効かせ、右ストレートで逆転KO勝ち。ファイト・オブ・ザ・ナイトとノックアウト・オブ・ザ・ナイトを同時に受賞した。

2013年[編集]

2013年1月26日、UFC on FOX 6アンソニー・ペティスと対戦し、左ミドルキックでTKO負け。

2013年8月28日、UFC Fight Night: Condit vs. Kampmann 2でライト級ランキング10位のハファエル・ドス・アンジョスと対戦し、0-3の判定負け。

2013年11月16日、UFC 167エヴァン・ダナムと対戦し、三角絞めで一本勝ち。サブミッション・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2014年[編集]

2014年1月25日、UFC on FOX 10アドリアーノ・マルチンスと対戦し、右ハイキックでKO勝ち。ノックアウト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2014年4月19日、UFC on FOX 11にライト級ランキング12位のエジソン・バルボーザと対戦し、ジャブでダウンを奪った後にチョークスリーパーを極めて一本勝ち[8]。パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2014年7月16日、UFC Fight Night: Cerrone vs. Millerでライト級ランキング7位のジム・ミラーと対戦し、右ハイキックでKO勝ち。パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2014年9月27日、UFC 178でライト級ランキング14位のエディ・アルバレスと対戦し、3-0の判定勝ち。

2015年[編集]

2015年1月3日、UFC 182でライト級ランキング8位のマイルズ・ジュリーと対戦。1Rは引き込んでオモプラッタからの三角絞めで攻め2,3Rは打撃で優位に立ち3-0の判定勝ち。ジュリーにプロ初黒星をつけた。

2015年1月18日、UFC Fight Night: McGregor vs. Siverでライト級ランキング5位のベン・ヘンダーソンと対戦し、3-0の判定勝ち。ジュリー戦からわずか15日後の連戦となった。

2015年12月19日、UFC on FOX 17の世界ライト級タイトルマッチでハファエル・ドス・アンジョスと再戦し、パウンドでTKO負けを喫し王座獲得に失敗した。

2016年[編集]

2016年2月21日、ウェルター級転向初戦となったUFC Fight Night: Cowboy vs. Cowboyアレックス・オリベイラと対戦し、三角絞めで一本勝ち。パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2016年6月18日、UFC Fight Night 89: MacDonald vs. Thompsonでパトリック・コーテと対戦し、TKO勝ち。パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2016年8月20日、UFC 202でウェルター級ランキング9位のリック・ストーリーと対戦し、左ストレートから右ボディストレート、続いて左ショートフックから最後は右ハイキックに繋ぐ華麗な4連続のコンビネーションを決め、フラつくストーリを金網際に追い詰めパンチの連打と膝蹴りでダウンを奪い、パウンドで追撃してTKO勝ち。パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2016年12月10日、UFC 206でウェルター級ランキング14位のマット・ブラウンと対戦し、ハイキックでKO勝ち。

2017年[編集]

2017年1月28日、UFC on FOX 23でウェルター級ランキング12位のホルヘ・マスヴィダルと対戦。セラーニ有利とされていたがマスヴィダルのパンチに苦戦し、2RTKO負け。ウェルター級転向からの連勝は4でストップした。

2017年7月29日、UFC 214でウェルター級ランキング3位のロビー・ローラーと対戦し、判定負け。自身初の連敗となった。

2017年10月21日、UFC Fight Night: Cowboy vs. Tillダレン・ティルと対戦し、1R終盤にパンチ連打からのパウンドでTKO負け。3連敗となった。

2018年[編集]

2018年2月18日、UFC Fight Night: Cowboy vs. Medeirosでウェルター級ランキング15位のヤンシー・メデイロスと対戦し、右ストレートでダウンを奪い、パウンドで1RTKO勝ち。

2018年6月23日、UFC Fight Night: Cowboy vs. Edwardsでウェルター級ランキング13位のレオン・エドワーズと対戦し、0-3の5R判定負け。

2018年11月10日、UFC Fight Night: Korean Zombie vs. Rodríguezマイク・ペリーと対戦し、腕ひしぎ逆十字固めで1R一本勝ち。パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2019年[編集]

2019年1月19日、ライト級復帰戦となったUFC Fight Night: Cejudo vs. Dillashawでライト級ランキング11位のアレキサンダー・ヘルナンデスと対戦し、右ハイキックでダウンを奪ってから追撃のパウンドでTKO勝ち。ファイト・オブ・ザ・ナイトとパフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを同時受賞した。

2019年5月4日、UFC Fight Night: Iaquinta vs. Cowboyでライト級ランキング4位のアル・アイアキンタと対戦。キレのある打撃で終始アイアキンタを圧倒し、3-0の5R判定勝ち。ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2019年6月8日、UFC 238でライト級ランキング2位のトニー・ファーガソンと対戦。2R終了後のインターバル中に鼻をかんだことが原因で、ダメージを受けていた右目の周辺が腫れ上がってしまったため、ドクターストップでTKO負け[9]。連勝は3でストップしたが、ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2019年9月14日、UFC Fight Night: Cowboy vs. Gaethjeでライト級ランキング5位のジャスティン・ゲイジーと対戦し、右フックでダウンを奪われ、パウンドで1RTKO負け。

ファイトスタイル[編集]

ムエタイのバックボーンと長身を生かし、中間距離では前蹴りやハイなどの蹴り技と、強力なジャブを使い、近距離では膝を使う。先手をとって距離を制するのが彼のスタイルであるが、反面ディアス戦のようにボクシング勝負となったり、ドスアンジョスとの2戦目のように一発をもらって畳みかけられると途端に脆さを見せ立て直せず負けてしまうことがある。 グラウンドも得意で、長い足を生かしたガードポジションからの三角絞めを得意としており、アレックス・オリベイラ戦ではマウントからの三角絞めを用いるなど、スタンドだけでなくグラウンドにおいても魅せる戦いをする。

人物・エピソード[編集]

  • ウェイクボードロッククライミング乗馬狩猟を趣味とし、2013年にロッククライミング中に事故になりかけた事もある[10][11]
  • トレーニングジムやオクタゴンを備えた、トップファイターもトレーニングに訪れる約40エーカー(160,000㎡)の広大な敷地の農場に住んでいる[12][13]
  • バドワイザーとスポンサー契約を結んでおり、それが縁でバドワイザーがスポンサーを務めるNASCARドライバーのケヴィン・ハーヴィックがセラーニのマネジメントを担当している[14]
  • ファイターからは評判が良く、セージ・ノースカットは「僕が負けた時、ドナルド・セラーニとハファエル・ドス・アンジョスのメッセージには励まされた。」と語っている。
  • 2018年、約11年間所属してきたジャクソンズMMAのコーチであるマイク・ウィンケルジョンと対立し、そのままジャクソンズMMAを離脱した。セラー二はウィンケルジョンについて「コーチ業よりもお金のことしか考えていない」とコメントしている[15]
  • UFC最多出場記録「33」を保持しており、これはジム・ミラーと並んで一位タイの記録である。また、UFC最多勝利記録「23」、UFC最多フィニッシュ勝利記録「16」、UFC最多ボーナス獲得記録「18」、UFC最多ノックダウン奪取記録「20」も有する。
  • 2018年、ガールフレンドとの間に男児を一人設けている。

戦績[編集]

総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
50 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
36 10 17 9 0 0 1
13 6 1 6 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× ジャスティン・ゲイジー 1R 4:18 TKO(右フック→パウンド) UFC Fight Night: Cowboy vs. Gaethje 2019年9月14日
× トニー・ファーガソン 2R終了時 TKO(ドクターストップ) UFC 238: Cejudo vs. Moraes 2019年6月8日
アル・アイアキンタ 5分5R終了 判定3-0 UFC Fight Night: Iaquinta vs. Cowboy 2019年5月4日
アレキサンダー・ヘルナンデス 2R 3:43 TKO(右ハイキック→パウンド) UFC Fight Night: Cejudo vs. Dillashaw 2019年1月19日
マイク・ペリー 1R 4:46 腕ひしぎ逆十字固め UFC Fight Night: Korean Zombie vs. Rodríguez 2018年11月10日
× レオン・エドワーズ 5分5R終了 判定0-3 UFC Fight Night: Cowboy vs. Edwards 2018年6月23日
ヤンシー・メデイロス 1R 4:58 TKO(パウンド) UFC Fight Night: Cowboy vs. Medeiros 2018年2月18日
× ダレン・ティル 1R 4:20 TKO(パウンド) UFC Fight Night: Cowboy vs. Till 2017年10月21日
× ロビー・ローラー 5分3R終了 判定0-3 UFC 214: Cormier vs. Jones 2 2017年7月29日
× ホルヘ・マスヴィダル 2R 1:00 TKO(スタンドパンチ連打) UFC on FOX 23: Shevchenko vs. Pena 2017年1月28日
マット・ブラウン 3R 0:34 KO(左ハイキック) UFC 206: Holloway vs. Pettis 2016年12月10日
リック・ストーリー 2R 2:02 TKO(膝蹴り→パウンド) UFC 202: Diaz vs. McGregor 2 2016年8月20日
パトリック・コーテ 3R 2:35 TKO(右フック→パウンド) UFC Fight Night: MacDonald vs. Thompson 2016年6月18日
アレックス・オリベイラ 1R 2:33 三角絞め UFC Fight Night: Cowboy vs. Cowboy 2016年2月21日
× ハファエル・ドス・アンジョス 1R 1:06 TKO(パウンド) UFC on FOX 17: dos Anjos vs. Cowboy 2
【UFC世界ライト級タイトルマッチ】
2015年12月19日
ジョン・マクデッシー 2R 4:44 TKO(左ハイキック) UFC 187: Johnson vs. Cormier 2015年5月23日
ベン・ヘンダーソン 5分3R終了 判定3-0 UFC Fight Night: McGregor vs. Siver 2015年1月18日
マイルズ・ジュリー 5分3R終了 判定3-0 UFC 182: Jones vs. Cormier 2015年1月3日
エディ・アルバレス 5分3R終了 判定3-0 UFC 178: Johnson vs. Cariaso 2014年9月27日
ジム・ミラー 2R 3:31 KO(右ハイキック→パウンド) UFC Fight Night: Cerrone vs. Miller 2014年7月16日
エジソン・バルボーザ 1R 3:15 チョークスリーパー UFC on FOX 11: Werdum vs. Browne 2014年4月19日
アドリアーノ・マルチンス 1R 4:40 KO(右ハイキック) UFC on FOX 10: Henderson vs. Thomson 2014年1月25日
エヴァン・ダナム 2R 3:49 三角絞め UFC 167: St-Pierre vs. Hendricks 2013年11月16日
× ハファエル・ドス・アンジョス 5分3R終了 判定0-3 UFC Fight Night: Condit vs. Kampmann 2 2013年8月28日
KJ・ヌーンズ 5分3R終了 判定3-0 UFC 160: Velasquez vs. Bigfoot 2 2013年5月25日
× アンソニー・ペティス 1R 2:35 TKO(左ミドルキック) UFC on FOX 6: Johnson vs. Dodson 2013年1月26日
メルヴィン・ギラード 1R 1:16 KO(右ストレート) UFC 150: Henderson vs. Edgar 2 2012年8月11日
ジェレミー・スティーブンス 5分3R終了 判定3-0 UFC on Fuel TV 3: Korean Zombie vs. Poirier 2012年5月15日
× ネイト・ディアス 5分3R終了 判定0-3 UFC 141: Lesner vs. Overeem 2011年12月30日
デニス・シヴァー 1R 2:22 チョークスリーパー UFC 137: Penn vs. Diaz 2011年10月29日
チャールズ・オリベイラ 1R 3:01 TKO(パウンド) UFC Live: Hardy vs. Lytle 2011年8月14日
ヴァグネル・ホシャ 5分3R終了 判定3-0 UFC 131: dos Santos vs Carwin 2011年6月11日
ポール・ケリー 2R 3:48 チョークスリーパー UFC 126: Silva vs. Belfort 2011年2月5日
クリス・ホロデッキー 2R 2:43 三角絞め WEC 53: Henderson vs. Pettis 2010年12月16日
ジェイミー・ヴァーナー 5分3R終了 判定3-0 WEC 51: Aldo vs. Gamburyan 2010年9月30日
× ベン・ヘンダーソン 1R 1:57 ギロチンチョーク WEC 48: Aldo vs. Faber
【WEC世界ライト級タイトルマッチ】
2010年4月24日
エド・ラトクリフ 3R 3:47 チョークスリーパー WEC 45: Cerrone vs. Ratcliff 2009年12月19日
× ベン・ヘンダーソン 5分5R終了 判定0-3 WEC 43: Cerrone vs. Henderson
【WEC世界ライト級暫定王座決定戦】
2009年10月10日
ジェームス・クラウス 1R 4:38 チョークスリーパー WEC 41: Brown vs. Faber 2 2009年6月7日
× ジェイミー・ヴァーナー 5R 1:58 負傷判定1-2 WEC 38: Varner vs. Cerrone
【WEC世界ライト級タイトルマッチ】
2009年1月25日
ロブ・マックロー 5分3R終了 判定3-0 WEC 36: Faber vs. Brown 2008年11月5日
ダニー・カスティーリョ 1R 1:30 腕ひしぎ十字固め WEC 34: Faber vs. Pulver 2008年6月1日
ケネス・アレクサンダー 1R 0:56 無効試合(薬物検査失格) WEC 30: McCullough vs. Crunkilton 2007年9月5日
金原泰義 2R 2:46 三角絞め CAGE FORCE 03 2007年6月9日
アンソニー・ヌジョクアニ 1R 4:30 三角絞め Ring of Fire 29: Aftershock 2007年4月28日
ライアン・ロバーツ 1R 1:49 腕ひしぎ十字固め Ring of Fire 28: Evolution 2007年2月16日
ジェシー・ブロック 1R 1:35 三角絞め Ring of Fire 26: Relentless 2006年9月9日
クレイグ・テナント 1R 1:26 腕ひしぎ十字固め Ring of Fire 24: Integrity 2006年6月17日
クルーズ・チャコン 2R 2:25 三角絞め ACF: Genesis 2006年2月24日
ネイト・モーア 1R 1:42 三角絞め Ring of Fire 21: Full Blast 2006年2月11日

キックボクシング[編集]

  • 29戦28勝1分

獲得タイトル[編集]

表彰[編集]

  • ブラジリアン柔術 黒帯
  • ガイドージュツ 黒帯
  • UFC ファイト・オブ・ザ・ナイト(6回)
  • UFC ノックアウト・オブ・ザ・ナイト(3回)
  • UFC サブミッション・オブ・ザ・ナイト(2回)
  • UFC パフォーマンス・オブ・ザ・ナイト(7回)
  • WEC ファイト・オブ・ザ・ナイト(5回)
  • SHERDOG ラウンド・オブ・ザ・イヤー(2008年)
  • SHERDOG ファイト・オブ・ザ・イヤー(2009年)
  • スポーツ・イラストレイテッド ファイト・オブ・ザ・イヤー(2009年)

脚注[編集]

関連項目[編集]