ドナルド・ワッツ・デービス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ドナルド・ワッツ・デービス
生誕 1924年6月7日[1]
ウェールズの旗 ウェールズ、ミッドグラモーガン州、トレオルヒ[1][2]
死没 2000年5月28日、75歳[3]
イングランドの旗 イングランド[4]
国籍 イギリスの旗 イギリス
研究分野 計算機科学
研究機関 イギリス国立物理学研究所
出身校 インペリアル・カレッジ・ロンドン
主な業績 パケット通信
プロジェクト:人物伝

ドナルド・ワッツ・デービス英語: Donald Watts Davies、CBE[1]FRS[1][5]1924年6月7日 - 2000年5月28日[3])は、ウェールズ出身[2]計算機科学者で、パケット交換コンピュータネットワークの発明者の一人であり、「パケット交換 (packet switching)」という用語の名付け親である[6]

生涯[編集]

デービスはウェールズのトレオルヒ英語版で生まれた[1][2]。父は炭鉱の事務員だった[1]がデービスの生まれた数カ月後に亡くなった[1][2]。デービスは母に連れられてポーツマスに移りそこで学校教育を受けた(ポーツマスは母の故郷である)[1]

1943年、インペリアル・カレッジ・ロンドンで物理学の理学士号を取得すると、クラウス・フックスの助手として[1]バーミンガム大学チューブ・アロイズ計画(イギリスの核兵器開発計画)に参加した[7]。その後インペリアル・カレッジ・ロンドンに戻って数学を学び、1947年に first-class honour を得た[4]

1955年、ダイアン・バートンと結婚し、息子を2人と娘を1人もうけた[2]

1947年、アラン・チューリングAutomatic Computing Engine (ACE) というコンピュータを設計していたイギリス国立物理学研究所 (NPL) で働きはじめる。デービスはチューリングの1936年の重要な論文 On Computable Numbers の中の間違いを指摘し、チューリングをいらだたせたと言われている。それがおそらく世界初のプログラミングのバグであるが、そのプログラミングとはチューリング機械という理論上の計算機についてのものだった。ACEプロジェクトは野心的すぎたため破綻し、チューリングがNPLを離れることになった[7]。デービスがプロジェクトを引き継ぎ、目標を低くした Pilot ACE を完成し、1950年5月に稼働させた。この設計に基づいて English Electric Computers が製造したDEUCE英語版というコンピュータが一般に販売され、1950年代で最も多く売れたコンピュータとなった[7]

その後の一時期は、交通シミュレーション機械翻訳といったコンピュータの応用を研究。1960年代初めには政府の技術部門でイギリスのコンピュータ産業の活性化に尽力した。

1966年NPLに戻ると、コンピュータ部門を再編してその責任者となった。ある時マサチューセッツ工科大学 (MIT) を訪問して、データ通信に興味を持つようになった。MITでは新開発したタイムシェアリングシステム端末ごとに電話回線をひかなければならず、そのコストが大きな問題となっていた[7]。1968年8月5日、エディンバラで開催された会議で初めてパケット交換のアイデアを発表した[8]

1970年、NPLで使用するパケット交換網 Mark I の構築を支援。1973年には Mark II に更新し、1986年まで運用した。これがイギリスやヨーロッパの他の研究に影響を与えている[9]。アメリカのARPAローレンス・ロバーツがそれに気づき、ARPANETの構築を行い、それがインターネットへと発展することになった[7]

1979年、管理職を辞して研究に戻る。このころは特にコンピュータセキュリティに関心を持っていた。1984年にNPLを退職し、銀行業界のセキュリティ・コンサルタントとなった[7]

1975年、英国コンピュータ協会の特別フェローとなる。1983年、大英帝国勲章コマンダー(CBE)を授与され[10]、1987年には王立協会フェローに選ばれた[11]

著作[編集]

  • Communication Networks for Computers, Wiley, 1973. - D. Barber との共著
  • Computer Networks and Their Protocols, Wiley, 1979. - W. Price, D. Barber, C. Solomonides との共著
  • Security for Computer Networks, Wiley, 1984. - W. Priceとの共著

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i The History of Computing Project - Donald Davies Biography
  2. ^ a b c d e Obituary, The Guardian, (2 June 2000), http://www.guardian.co.uk/news/2000/jun/02/guardianobituaries2 2012年2月15日閲覧。 
  3. ^ a b Data Pioneer Donald Davies Dies AP/ISOC 31 May 2000
  4. ^ a b Donald W. Davies, 75, Dies; Helped Refine Data Networks - The New York Times By BARNABY J. FEDERJUNE 4, 2000
  5. ^ Needham, R. M. (2002). “Donald Watts Davies, C.B.E. 7 June 1924 - 28 May 2000”. Biographical Memoirs of Fellows of the Royal Society 48: 87. doi:10.1098/rsbm.2002.0006.  編集
  6. ^ Donald Watts Davies”. Internet Guide (2010年). 2012年2月15日閲覧。
  7. ^ a b c d e f Martin Cambell-Kelly. Pioneer Profiles: Donald Davies. Computer Resurrection, 44, Autumn 2008. ISSN 0958-7403
  8. ^ Luke Collins, "Network pioneer remembered", Engineering & Technology, IET, 6 September 2008
  9. ^ Packet Switching
  10. ^ The London Gazette: (Supplement) no. 49212. pp. 7–8. 1982年12月30日2012年5月30日閲覧。
  11. ^ Davies; Donald Watts (1924 - 2000)” (英語). Past Fellows. The Royal Society. 2012年5月30日閲覧。

関連項目[編集]